乱気とは?(六星占術の運命周期)

乱気とは?(六星占術の運命周期)

六星占術の運命周期「乱気」(中殺界)について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1乱気(らんき)とは?
  2. 2乱気の過ごし方
  3. 3六星占術の運命周期

※六星占術は、細木数子先生によって考案・提唱された占いです。商標登録は細木数子先生にあります。この記事は六星占術を紹介する内容で、読者を占うものではありません。六星占術で運勢を占いたい方は、細木数子先生のサイトや書籍をご覧ください。

乱気(らんき)とは?

「乱気」は運命周期の6番目に位置し、中殺界の時期です。

これまでの運気が一転し、運気低迷となります。身内や親しい人の不幸も起こりやすくなっており、メンタル面でダメージを受けるとされる時期です。小殺界の健弱が身体面で不調となりやすい時期だったのに対し、中殺界の乱気では精神面で不調となりやすい時期となっています。

焦燥感に駆られるときも多くなりますが、感情のままに行動を起こすと事態は悪化しそうです。

乱気の過ごし方

乱気の時期は、現状維持に努めましょう。

行動すればするほど空回りとなり、事態は好転するどころか悪化します。通常しないようなミスもしてしないがちです。そのため、新しい物事は避けることが推奨されます。結婚や転職、引っ越しは次の「再会」のステージまで見送るようにします。

トラブルが起こってメンタル不調に陥りやすいため、自分も周りも感情で振り回さないように気をつけることが大切です。焦りやイライラを抑え、「今はこういう時期」と気持ちを落ち着かせると必要以上に運気は下がりません。

六星占術の運命周期

六星占術の12の運気
六星占術の運命周期はこの順番に巡ります
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

運命周期の順番 運気の名称
種子
緑生
立花
健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財成
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

六星占術のイメージ
六星占術
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

六星占術の性格と年運
基本性格 2020年 2021年の運気
土星人マイナス 大殺界・減退 種子
土星人プラス 種子 緑生
金星人マイナス 緑生 立花
金星人プラス 立花 健弱
火星人マイナス 小殺界・健弱 達成
火星人プラス 達成 乱気
天王星人マイナス 中殺界・乱気 再会
天王星人プラス 再会 財成
木星人マイナス 財成 安定
木星人プラス 安定 陰影
水星人マイナス 大殺界・陰影 停止
水星人プラス 安定 減退

関連記事

アクセスランキング

記事はありません。