大殺界とは何?六星占術における12の運気について解説します

大殺界とは何?六星占術における12の運気について解説します

六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

六星占術における運命周期

巷でよく耳にする「大殺界」という言葉、これは六星占術において何をやってもうまくいかない時期を指す言葉ですが、実は六星占術には12の運気が順番に巡っているのです。

六星占術には運命周期という考え方があり、年運では大殺界(停止)は12年に一回、月運では12カ月に一回、同じように巡ってきます。

つまり誰にでも大殺界は巡ってくるものなのです。

この記事では、大殺界も含めた六星占術の12の運命周期についてわかりやすく解説します。

12の運命周期

運命周期の順番 運気の名称
種子
緑生
立花
健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財成
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

六星占術の12の運命周期の図
12の運命周期はこの図のように、
  1. 種子
  2. 緑生
  3. 立花
  4. 健弱
  5. 達成
  6. 乱気
  7. 再会
  8. 財成
  9. 安定
  10. 陰影
  11. 停止
  12. 減退 
のサイクルから成り立ちます。

さっそく12の運命周期について見ていきましょう。

種子

「種子(しゅし)」は始まりの運気で、12年、12カ月の運命周期の始まりに位置します。

種子の運気にあるときは、新しい物事を始めることが推奨されます。

引っ越しや結婚をすることはもちろん、この時期に事業を始めれば、大きな成功を修めることが期待できます。

のイメージ
種子とは?(六星占術の運命周期)
六星占術の運命周期「種子」について解説します。

緑生

「緑生(りょくせい)」は運命周期の2番目に位置し、成長を表す時期です。

大地に蒔かれた種が芽吹くように、運気が上昇していく時期となっており、この時期に出会った異性との恋愛は本物とされています。

財運・仕事運・恋愛運は上向きですが、まだ成長途中の時期のためにひ弱であり、些細なことで挫折したり落とし穴にはまったりしやすいので、慎重な行動が望まれます。

緑生とは?(六星占術の運命周期) | セレスティア358
六星占術の運命周期「緑生」について解説します。

立花

「立花(りっか)」は運命周期の3番目に位置し、今後の方向性が定められる重要な時期です。

種子から続けてきたことが見事に花開き、この時期に成し遂げたことは生涯支えとなります。特に経済的なことで成功を収めた場合、この先も財運に恵まれると期待できるでしょう。

ただし、この時期に月運の殺界が重なると、月運のほうの殺界の働きを強めてしまいます。逆に年運が殺界で月運が立花でも、年運の殺界の働きを強めるので注意が必要です。

のイメージ
立花とは?(六星占術の運命周期)
六星占術の運命周期「立花」について解説します。

健弱(小殺界)

「健弱(けんじゃく)」は運命周期の4番目に位置し、「小殺界」と呼ばれる時期です。

これまでの疲れが溜まっており、健康面に不安が出てきやすいです。無理は禁物で、特に恋愛面と経済面では冷静さを失わないように落ち着いて行動することが望まれます。

立花までの運気の肉体的な疲れをとる、一休みの時期と捉えましょう。

のイメージ
健弱とは?(六星占術の運命周期)
六星占術の運命周期「健弱」(小殺界)について解説します。
  • 幸福を掴むために必要なのは、ちょっとしたコツとタイミング。
    大変な努力や苦労をしなくても人は幸せになれるのです。
    特別なチカラを持つ者だけが知っているコツとタイミング
    そして幸せを掴む方法を、あなたにしっかりとお伝えいたします。
    20万人が体験した奇跡の占い

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計6人評価)

関連記事

アクセスランキング