【2020年】金星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!

【2020年】金星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!

2020年の金星人プラスの運勢は「立花」です。これまでの努力や新しい挑戦に成果が実る一年となるでしょう。ただし、月によっては良くない流れもありますので注意が必要です。この記事では、2020年における金星人プラスの運勢を月運と共にご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 12020年の金星人プラスの運勢は【立花】
  2. 2全体運
  3. 3恋愛運
  4. 4金運
  5. 5仕事運
  6. 62020年の金星人プラスの月運
  7. 6.11月 健弱(小殺界)
  8. 6.22月 達成
  9. 6.33月 乱気(中殺界)
  10. 6.44月 再会
  11. 6.55月 財成
  12. 6.66月 安定
  13. 6.77月 陰影(大殺界)
  14. 6.88月 停止(大殺界)
  15. 6.99月 減退(大殺界)
  16. 6.1010月 種子
  17. 6.1111月 緑生
  18. 6.1212月 立花
  19. 7まとめ
  20. 7.12020年の恋愛で何とか成功を掴みたい方へ
  21. 7.2金星人プラスの性質や相性はこちら
  22. 7.312の運命周期についてはこちら
  23. 7.4六星占術の運命星ごとの2020年の運勢表
六星占術の性格の図
金星人は華やかで行動的

2020年の金星人プラスの運勢は【立花】

2020年の金星人プラスの運勢は「立花」です。

好運気の時期を迎え、積み重ねてきた努力が花開くでしょう。それだけでなく、新しいことにも成果を得られる可能性があります。積極的な行動を心がけることで充実した一年となりそうです。

ただし、今後の人生を左右する重要な時期でもありますので、地に足をつけた判断を忘れてはいけません。

全体運

2020年は、金星人プラスの人にとって、成果が実りやすい一年です。

取り組み続けてきた物事の成果が表れたり、地道な努力が評価を獲得したりと、華々しい結果に恵まれるでしょう。これまでの積み重ねだけでなく、新しい世界にも良い流れがあります。

全体的に運気の流れが良いので、やりたいことには積極的にチャレンジしてみましょう。初めてのことでも、良い結果を得られる可能性が高いです。また人間関係にも恵まれ、良い出会いが期待できます。あらゆる場面において、人との出会いも大切にしましょう。

恋愛運

2020年の金星人プラスは、恋愛運も好調です。理想的で楽しい恋愛をすることができるでしょう。

現在パートナーがいるのであれば、結婚まで話が進む可能性もあります。あなたの気持ちを素直に伝えてみましょう。

片思いをしている人は、あなたからの告白で成就が見込めます。もし上手く進まないのであれば、より良い出会いが待っているということですので、成長できるチャンスと捉え、前向きに行動しましょう。

特に相手がいない人に関しては、運命の出会いがあるかもしれません。出会いの場を大切に、積極的な姿勢を持ちましょう。前向きな態度があなたの魅力を引き出します。

金運

2020年の金星人プラスは、金運についても安定しています。

大きく損害を被ったり、衝動的に消費したりする心配もありません。ケチケチしすぎず、趣味や勉強に投資すると良いでしょう。

趣味を充実させることで気持ち的にも充足感が増し、全体的な運気を上げることに繋がります。自分への投資は後々に大きく返ってくることが期待できますので、渋らずに行動を起こしましょう。

また、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも成果がありそうです。クジ運も高まっていますので、懸賞などに応募してみるのも良いでしょう。ただし、月ごとの運気には注意が必要です。

仕事運

2020年の金星人プラスは仕事運も良く、順調に物事が運ぶでしょう。これまでの努力が、成果としてあなたの元に返ってきます。

あなたの力が存分に発揮されるときですので、積極的な姿勢を心がけましょう。先の不安に悩むよりも、自分の夢や可能性を信じて行動を起こすのが吉です。あなた自身の前向きなチャレンジ精神が、より良い結果を掴み取ります。

年の後半には不調な時期もありますが、努力を続けることで切り拓くことができそうです。強く前向きな意志を持って、仕事や勉強へ向き合うようにしましょう。

2020年の金星人プラスの月運

2020年の金星人プラスについて、月ごとの運気をご紹介します。

2020年の金星人+の月運 運気の名称
1月 健弱(小殺界)
2月 達成
3月 乱気(中殺界)
4月 再会
5月 財成
6月 安定
7月 陰影(大殺界)
8月 停止(大殺界)
9月 減退(大殺界
10月 種子
11月 緑生
12月 立花

1月 健弱(小殺界)

2020年1月の金星人プラスの運勢は健弱(小殺界)で、健康面が不安定になりそうです。

体調が崩れやすいときですので、休養をきちんと取るようにしましょう。

全体的な運気も停滞気味ですので、新しいことにチャレンジするには向いていません。金星人プラスにとって2020年は立花として挑戦の年ですが、1月に関しては避けた方が無難です。2月の達成に向けて、1月は英気を養う時期と認識しましょう。

2月 達成

2020年の2月は金星人プラスにとって運勢は、全体的に好運気の流れがある達成です。

仕事や恋愛など、あらゆる物事が順調に運ぶでしょう。文字通り目標を達成しやすいタイミングですので、積極的に行動を起こすのが吉です。

また大きな決断を下す場合にも、この2月をおすすめします。大きな買い物や新しい試みをするには良いタイミングでしょう。新たな挑戦においては想像以上の成果を獲得できる見込みがあります。運気に頼りきりになるのではなく、運気を味方にして決断することが大切です。

3月 乱気(中殺界)

2020年の3月は金星人プラスにとって運勢は急激に運気が下がる乱気(中殺界)です。特に対人運が悪く、人間関係のトラブルに注意が必要です。

マイナスな感情が暴走しないように意識して、コミュニケーションを取りましょう。精神面が不安定になりやすい時期ですので、感情的な行動は事態を悪化させることにもなりかねません。うかつな言動にはくれぐれも注意しましょう。

またこの時期は、新しいことへの挑戦や決断にも向きません。現状維持を目標にしましょう。

4月 再会

金星人プラスの2020年の4月の運勢は再会で、運気が再び上昇する月です。

これまでに解決しなかった問題が収束し、失敗から成功を生み出すことになりそうです。前向きな姿勢が大きな成果をもたらします。

2020年の金星人プラスは4月に入ると、6月頃まで好運気の流れが続きます。仕事ではステップアップの機会に恵まれ、恋愛では素敵な出会いや進展があるでしょう。金銭面に関しては、貯金に関する勉強から成果を得ることに繋がりそうです。強気の姿勢で積極的に挑んでいきましょう。

5月 財成

2020年の5月の金星人プラスの運勢は財成で、お金を稼ぐチャンスに恵まれそうです。

文字通り金銭的な成功を収めやすく、収入や貯蓄が潤います。行動するほど運気を取り込みやすいので、積極的な姿勢が吉です。多少の失敗はあるものとして気にせず、前を向いて物事をリードしていきましょう。

ただし、あまりにお金稼ぎにのめり込んでしまうと人間関係にヒビが入りそうです。周りの人への日ごろの感謝としてささやかなプレゼントをするなど、恋愛運や対人運とのバランスを取りましょう。

6月 安定

2020年の6月の金星人プラス運勢は安定で、運気の高まりが緩やかになり、穏やかな状態が続くでしょう。

5月からの上り調子も、一度ここで区切りを付けた方が良さそうです。

「安定」を迎えた6月はあまり行動的にならず、目の前のことを第一にこなすよう心がけましょう。誠実な姿勢があなた自身の成長に繋がり、7月からの低迷期を耐え抜く力となります。

7月 陰影(大殺界)

金星人プラスにとって2002年の7月は大殺界の始まりである陰影に入るため運気が低迷し、特に対人運が思わしくありません。

人間関係のトラブルが発生するなど、周囲の人間を信頼できなくなる状態に陥りそうです。

7月の間は、慎重な行動を心がけましょう。もし人間不信になりかけても、心を閉ざしてはいけません。視野を広げてみると、あなたの味方は必ずいます。そのことを念頭に置いて、大きな決断はせずに、耐え忍びましょう。

8月 停止(大殺界)

2020年の8月の金星人プラスの運勢は大殺界のど真ん中・停止で、八方塞がりな月となりそうです。

何事においても上手くいかず、何とかしようと行動すると、かえって事態を悪くしてしまう可能性があります。

現状維持を心がけ、無理に好転させようとするのは控えましょう。停止の時期は、どう足掻いても前には進めません。今ある状況まで失うことのないように、目の前にある問題と真摯に向き合う姿勢が大切です。

9月 減退(大殺界)

2020年の9月の金星人プラスの運勢は「減退(大殺界)」で、引き続き低迷期となります。

軽はずみな行動は慎み、大事な決断や挑戦は先延ばしにしましょう。大殺界最後の月ではありますが、運気が上向きになるにはまだ早く、慎重な行動が求められます。

また精神が不安定になりやすく、人間関係に亀裂が入る恐れもありそうです。事態の改善を焦らず、今は現状維持に留めましょう。

10月 種子

金星人プラスにとって2020年の10月は種子の月運で、ようやく運気が回復します。

ややこしい問題も、次第に解決へと向かっていくでしょう。ただし、くれぐれも焦りは禁物です。ひとつの節目として、慎重な行動が求められます。

また、種子の時期は、将来へ向けた準備期間とするのが良いでしょう。物事をスタートさせるにしても、本腰を入れた行動よりも丁寧な準備として始めるのが無難です。

11月 緑生

2020年の11月は金星人プラスにとって自信を取り戻す月運・緑生です。

心身に余裕が生まれることで視野も広がり、これまで見えなかった課題にも対処できるようになるでしょう。情報もうまく収集できそうです。

あらゆる面でチャンスが舞い込みやすく、挑戦をするには適した時期と言えます。また出会いの運気も良く、信頼できる人間関係を築くことができそうです。交流の多いところには積極的に参加してみましょう。

12月 立花

2020年の12月の金星人プラス運勢は立花で、努力が実を結ぶ時期となりそうです。

これまでの成果が目に見えて表れ、充実した日々を送ることができるでしょう。特に恋愛運が好調で、運命の出会いにも期待できます。

今後の未来を思い描きながら、あなたにとって最善の行動を取りましょう。新しいことへの挑戦や決断にも適した月です。あなたの人生にとって大きな意味を持つものを手に入れることができるでしょう。

まとめ

2020年の金星人プラスの運勢は、立花です。これまでの努力や新しい挑戦など、あなたの行動が成果を実らせる一年となるでしょう。特に月運の良い2月、4月、5月、6月は決断や挑戦に適しています。

反対に運気が低迷する1月、3月、7月、8月、9月は行動を控えましょう。特に立花は殺界の月運と重なると、殺界の働きを強めてしまう性質があるため、慎重さが大切です。

月運を考慮しつつ、2020年は挑戦の年として積極的に行動しましょう。

2020年の恋愛で何とか成功を掴みたい方へ

2020年の金星人プラスの運気は立花で好調ですが、7月からの3カ月は注意が必要です。特に立花の場合、殺界の月運と重なると、殺界の魔力を強めてしまう特徴があります。

恋愛運自体は好調ですが、その分うまくいかない時には負の感情に支配されがちになります。
何とか好きな人とすれ違わず円滑に結ばれたいと思うなら、本格的な占い師の先生に相談してみましょう。

六星占術は周期的な運の変化を自らの生活に取り入れる学問。今のあなたにとって、より精度の高いアドバイスは、現役で、普段から多くの人を鑑定している先生にしてもらうのが一番賢い手段です。

メール占い~ちょっとした悩みごとのメール相談
電話占い~本気で何かを相談したいときに電話で相談

六星占術による金星人の運命〈2020(令和2)年版〉

参考価格: 641円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon641円
楽天

金星人プラスの性質や相性はこちら

金星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】のイメージ
金星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】
金星人プラスは明るく華やかなで、自由を好む性格です。情報感度が高く美的センスに恵まれているので、人前に出たり、情報を発信する仕事が向いているでしょう。

12の運命周期についてはこちら

運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

六星占術の運命星ごとの2020年の運勢表

 
 

六星占術の2020年の運勢
運命星 2020年の運気
土星人プラス 種子
土星人マイナス 大殺界・減退
金星人プラス 立花
金星人マイナス 緑生
火星人プラス 達成
火星人マイナス 小殺界・健弱
水星人プラス 大殺界・停止
水星人マイナス 大殺界・陰影
木星人プラス 安定
木星人マイナス 財成
天王星人プラス 再会
天王星人マイナス 中殺界・乱気
 
 
 

六星占術のまとめページのイメージ
六星占術のまとめページ
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング