【2021年】木星人マイナス(-)の運勢は?六星占術で年運を解説

【2021年】木星人マイナス(-)の運勢は?六星占術で年運を解説

2021年、六星占術の木星人マイナスの運勢について解説していきます。2021年は木星人マイナスにとって「安定」の年です。前年の「財成」の年に成果を上げられた人は、流れのままで好調期を維持できます。翌年からは大殺界に入るため、無理せず欲張らずが肝心です。

コンテンツ [表示]

  1. 1【2021年】木星人マイナスの運勢は?
  2. 1.12021年の年運
  3. 1.2木星人マイナスの性格や相性
  4. 1.3霊合星人の木星人マイナスの2021年
  5. 2【2021年】木星人マイナス(-)の仕事運
  6. 3【2021年】木星人マイナス(-)の転職
  7. 4【2021年】木星人マイナス(-)の恋愛運
  8. 5【2021年】木星人マイナス(-)の結婚運
  9. 6【2021年】木星人マイナス(-)の引っ越し
  10. 7【2021年】木星人マイナス(-)の金運
  11. 8【2021年】木星人マイナス(-)のラッキーカラー
  12. 9【2021年】木星人マイナス(-)の運勢まとめ

2021年の木星人マイナスの運勢を総合的に解説します。

記事の冒頭で木星人マイナスの性格や六星占術の運命周期に触れますが、詳しく知りたい方はそれぞれ関連リンクを読んでください。

この記事では主に、2021年の木星人マイナスの恋愛や結婚運、仕事や引っ越しのタイミングなどを解説します。

【2021年】木星人マイナスの運勢は?

木星人マイナスの2021年の運勢
木星人マイナスの2021年の運勢は「安定」

木星人マイナスの2021年(令和3年)の運勢は安定で、前年に続き幸運が続きます。

財成では積極的な行動が、幸運を引き寄せることにつながったはずです。その流れが、無理せず維持できるのが安定の年だといっていいでしょう。

仕事は新たな挑戦よりも、目の前の役割を徹底することを大切にした方が順調さを増していきます。基盤があるうえで仕事に取り組めば余裕が生まれるはずです。心身をリフレッシュするために、趣味を充実させるといいでしょう。

安定の年は、強運ではなく好運です。
穏やかに過ごすことで、物事は自然に流れていきます。

2021年の年運

六星占術によると、2021年の木星人マイナスの年運は安定です。

12年周期の9番目に位置する安定は、これまでの成果の良い影響を存分に受けられる年となります。再会から財成までの反省をするのにも、適した年だといえるでしょう。過去を振り返っても前向きにとらえることができ、次に向かっての経験として身につけられます。

ただし、2022年からは大殺界へ入るということは忘れないでおきましょう。来るべき冬の時代に向け、環境を整え支度をする時期が安定の年です。

安定とは?(六星占術の運命周期)のイメージ
安定とは?(六星占術の運命周期)
六星占術の運命周期「安定」について解説します。

木星人マイナスの年運
西暦 六星占術の運命周期
2019年 再会
2020年 財成
2021年 安定
2022年 陰影・大殺界
2023年 停止・大殺界

【六星占術】木星人マイナス(−)の2019年の運勢のイメージ
【六星占術】木星人マイナス(−)の2019年の運勢
六星占術、木星人マイナスの2019年の運勢を解説しています。
【2020年】木星人マイナス(-)の年運・月運を六星占術で徹底解説!のイメージ
【2020年】木星人マイナス(-)の年運・月運を六星占術で徹底解説!
2020年の木星人マイナスの運勢は「財成」です。最も金運が強くなる時期で、自然と行動にお金がついてきます。この記事では、「財成」の過ごし方や注意点を、2020年の木星人マイナスの恋愛運や金運、仕事運、月運と共にご紹介します。

木星人マイナスの性格や相性

木星人マイナスの基本的な性格についても少し触れておきましょう。

木星人マイナスは、激しい主張をすることなく目立つ存在ではないでしょう。華やかさよりも落ち着いた印象をもたれることが多いはずです。

言葉数は少ないですが、気遣いのできる繊細さも持ち合わせています。私利私欲では動かず、ボランティア精神の強い人が多いでしょう。

ただし、実際持っているパワーは大きく、冒険的な行動をとる場合があります。その大胆さは周りを驚かせますが、しっかり準備を整えての行動だけに、木星人マイナスの人にとっては違和感のないものなのです。

適職としては、IT関係やエンジニアが挙げられます。粘りもあり、ルール通りに進めるのが上手ですから公務員なども適職として挙げられるでしょう。

木星人マイナス(-)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】のイメージ
木星人マイナス(-)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】
木星人マイナスの性格は地道にコツコツと努力をして、大きな才能を開花させる大器晩成タイプと言えます。気立てが良く家族や周囲の人をを大切にする特徴があります。

自分が木星人マイナスか調べる方法

自分や気になる相手が木星人マイナスかどうかを調べるには生年月日が必要です。

こちらの自動計算機から調べましょう。

2021年の月運

2021年の月運はこちら

 

【2021年】木星人マイナスの月運
1月 安定
2月 陰影・大殺界
3月 停止・大殺界
4月 減退・大殺界
5月 種子
6月 緑生
7月 立花
8月 健弱・小殺界
9月 達成
10月 乱気・中殺界
11月 再会
12月 財成

2021年の日運

2021年の日運は準備中です。

霊合星人の木星人マイナスの2021年

木星人マイナスで、なおかつ卯年生まれの人は霊合星人となります。

木星人マイナスの霊合星人は、金星人マイナスの性質も重なると理解しましょう。
当然、金星人マイナスの年運や月運などの運気の流れにも影響を受けます。

霊合星人とは?2つの運命を背負う特別な星の調べ方や干支についてのイメージ
霊合星人とは?2つの運命を背負う特別な星の調べ方や干支について
霊合星人とは六星占術において特別な性質を持ち合わせる人のことを指します。霊合星人は12の運命周期における大殺界(停止)の年に生まれ、2つの運命星の性質を持っています。例えば土星人の霊合星人であれば、正反対の天王星人の性質も持ち合わせています。

【2021年】木星人マイナス(-)の仕事運

木星人マイナスの2021年の仕事運を見ていきましょう。

2021年木星人マイナスの人は安定の年を迎えます。安定の年は、これまでの成果を堪能する時期です。種子で始まった行動の結果がこの年に出て、ゆとりも生まれてくるでしょう。

心は穏やかで、とくに適職についている人は「この仕事を選んでよかった」と思える年です。これまで通りに仕事を進めていくだけで、良い流れが生まれやすく、生活は運気を示す言葉通りに安定していくでしょう。

ただし、あくまでもこれまでの成果を味わう時期で、新たな挑戦には向いていません。もともと変化を好まない木星人マイナスではありますが、たとえ適職だと思うような企業などから誘いがあっても乗らない方がいいでしょう。

【2021年】木星人マイナス(-)の転職

木星人マイナスの2021年の転職運も見ていきましょう。

2021年、木星人マイナスが迎える安定の年は、振り返りに適しています。うまくいったことはもちろん、失敗も安定の年であれば冷静に見られるため、経験としてプラスにできるでしょう。

海でいえば凪の状態です。風もなく波も小さな穏やかな年といえます。そこで転職活動をすれば、波を起こしてしまうことになるでしょう。

好運期ですから、大きなトラブルに年内は発展する可能性は低めですが、翌年陰影から始まる大殺界に影響する恐れがあります。安定の年に蒔いた種は、大殺界でトラブルを生む危険な果実になりやすいのです。転職はその種を蒔くことと同じですから、避けた方がいいでしょう。

【2021年】木星人マイナス(-)の恋愛運

木星人マイナスの2021年の恋愛運は、平穏な幸せが感じられる年です。

2021年木星人マイナスが迎える安定は、これまでの結果が出る年になります。恋人のいる人は刺激こそないものの、相手を信頼し2人の絆が深まる年となるでしょう。

シングルの人にとっては、新たな出会いを探すよりも、これまで長く付き合ってきた友人の中から恋人を選ぶと良さそうです。刺激より癒される、落ち着く相手を選べば恋愛運は良い方向へ流れていくでしょう。

次のページ

【2021年】木星人マイナス(-)の結婚運

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング