減退とは?(六星占術の運命周期)

減退とは?(六星占術の運命周期)

六星占術の運命周期「減退」(大殺界の終わり)について解説します。

宇宙の法則と男性心理をマスターする秘訣セミナー

コンテンツ [表示]

  1. 1減退(げんたい)とは?
  2. 2減退の過ごし方
  3. 3六星占術の運命周期

※六星占術は、細木数子先生によって考案・提唱された占いです。商標登録は細木数子先生にあります。この記事は六星占術を紹介する内容で、読者を占うものではありません。六星占術で運勢を占いたい方は、細木数子先生のサイトや書籍をご覧ください。

減退(げんたい)とは?

「減退」は運命周期の12番目に位置し、大殺界の最後の時期にあたります。

「停止」で落ち込んでいた運気が、少しずつ上昇していく時期で気持ちもやっと明るくなってきます。しかし気を緩めないことが大切です。この時期は心の病にかかりやすいとされ、治療も長引く可能性が高いです。そのため、予防を意識して気を尖らせないようにしましょう。新しいことはまだ始めないほうが無難です。

また、人との縁が切れやすくなっている時期でもあります。


大殺界についてはこちらの記事をご覧ください。

減退の過ごし方

運気が上向きになってきたからといって、これまでの大殺界の時期に我慢していたことを行動化しないことが大切です。はやる気持ちを抑えて、新しい物事の開始も次に訪れる「種子」まで今しばらくじっと待ちましょう。

人との縁が切れやすく心の病気にかかりやすい時期といわれますので、今ある関係の維持に努めることが求められます。焦りと油断には注意し、また自己中心的な言動も控えるように意識します。

この時期に得た思いがけない金銭は、思い切って使うと運気が上がって次の「種子」にぴったりの前準備になります。

六星占術の運命周期

六星占術の12の運気
六星占術の運命周期はこの順番に巡ります
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

運命周期の順番 運気の名称
種子
緑生
立花
健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財成
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

六星占術のイメージ
六星占術
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

六星占術の性格と年運
基本性格 2020年 2021年の運気
土星人マイナス 大殺界・減退 種子
土星人プラス 種子 緑生
金星人マイナス 緑生 立花
金星人プラス 立花 健弱
火星人マイナス 小殺界・健弱 達成
火星人プラス 達成 乱気
天王星人マイナス 中殺界・乱気 再会
天王星人プラス 再会 財成
木星人マイナス 財成 安定
木星人プラス 安定 陰影
水星人マイナス 大殺界・陰影 停止
水星人プラス 安定 減退

関連記事

アクセスランキング