【2021年】金星人マイナス(-)の運勢は?六星占術で年運を解説

【2021年】金星人マイナス(-)の運勢は?六星占術で年運を解説

2021年、六星占術の金星人マイナスの運勢について解説していきます。2021年は金星人マイナスにとって「立花」の年です。この2年で蒔いた種に花が咲き、それを摘むときが来たといってもいいでしょう。人生の目標が定まり、行動にも勢いが出てくる年です。

コンテンツ [表示]

  1. 1【2021年】金星人マイナスの運勢は?
  2. 1.12021年の年運
  3. 1.2金星人マイナスの性格や相性
  4. 1.3霊合星人の金星人マイナスの2021年
  5. 2【2021年】金星人マイナス(-)の仕事運
  6. 3【2021年】金星人マイナス(-)の転職
  7. 4【2021年】金星人マイナス(-)の恋愛運
  8. 5【2021年】金星人マイナス(-)の結婚運
  9. 6【2021年】金星人マイナス(-)の引っ越し
  10. 7【2021年】金星人マイナス(-)の金運
  11. 8【2021年】金星人マイナス(-)のラッキーカラー
  12. 9【2021年】金星人マイナス(-)の運勢まとめ

2021年の金星人マイナスの運勢を総合的に解説します。

記事の冒頭で金星人マイナスの性格や六星占術の運命周期に触れますが、詳しく知りたい方はそれぞれ関連リンクを読んでください。

この記事では主に、2021年の金星人マイナスの恋愛や結婚運、仕事や引っ越しのタイミングなどを解説します。

【2021年】金星人マイナスの運勢は?

金星人マイナスの2021年の運勢
金星人マイナスの2021年の運勢は「立花」です。

金星人マイナスの2021年(令和3年)の運勢は、季節でいえば春、将来に明るい展望を抱ける年になるでしょう。

人生の基盤を作るのに適している年です。
結婚や仕事での独立など、この年にうまく進められれば良い波に乗って行けます。

手に入れたものが身につきやすい年ですから、家など大きな買い物をするのもいいでしょう。
月運の小殺界や大殺界を避ければ、前向きな心で行動できる年です。

2021年の年運

六星占術によると、2021年の金星人マイナスの年運は立花です。

立花は12年のサイクルの3番目の年であり、種子で蒔いた種が緑生で芽をだし、花が咲くというひとつのけじめがつく年になります。金星人マイナスの人にとって、立花の年に決断したこと、手に入れたものは一生ものになるでしょう。それだけ重要な年だということを意識し、来年に持ち越さないで決断することが大切です。

立花とは?(六星占術の運命周期)のイメージ
立花とは?(六星占術の運命周期)
六星占術の運命周期「立花」について解説します。

金星人マイナスの年運
西暦 六星占術の運命周期
2019年 種子
2020年 緑生
2021年 立花
2022年 小殺界・健弱
2023年 達成

【六星占術】金星人マイナス(-)の2019年の運勢のイメージ
【六星占術】金星人マイナス(-)の2019年の運勢
金星人マイナス(-)の2019年の運勢について解説しています。
【2020年】金星人マイナス(-)の年運・月運を六星占術で徹底解説!のイメージ
【2020年】金星人マイナス(-)の年運・月運を六星占術で徹底解説!
2020年の金星人マイナスの運勢は「緑生」です。これまで継続してきたことが、実を結び飛躍する年になります。この記事では、「緑生」の過ごし方や注意点を、2020年の金星人マイナスの恋愛運、金運、仕事運、月運と共にご紹介します。

金星人マイナスの性格や相性

金星人マイナスの基本的な性格についても軽く解説しておきましょう。

金星人マイナスは、華やかさ自由奔放な行動力が魅力な人気者です。

周囲を引っ張っていくリーダーシップもあり、人前でも臆すことなく発言できます。また人が集まる場所では、つねに注目を集めるパフォーマーでもあるでしょう。

仕事でいえば、華やかな世界、芸能、マスコミやイベント業などが適職になります。

金星人マイナス(-)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】のイメージ
金星人マイナス(-)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】
金星人マイナスはバイタリティーがあり行動的で華やかなのが特徴です。芸能人やスポーツ選手に多いタイプで人目を集め、注目されやすい性質の持ち主です。

自分が金星人マイナスか調べる方法

自分や気になる相手が金星人マイナスかどうかを調べるには生年月日が必要です。

こちらの自動計算機から調べましょう。

2021年の月運

年運と同様に、2021年の月運も12の周期で運気がアップダウンします。

2021年の月運はこちら

 

【2021年】金星人マイナスの月運
1月 立花
2月 健弱(小殺界)
3月 達成
4月 乱気(中殺界)
5月 再会
6月 財成
7月 安定
8月 陰影(大殺界)
9月 停止(大殺界)
10月 減退(大殺界
11月 種子
12月 緑生

2021年の日運

2021年の日運は準備中です

霊合星人の金星人マイナスの2021年

金星人マイナスで、なおかつ酉年生まれの人は、霊合星人になります。

金星人マイナスの霊合星人は、木星人マイナスの性質も重なってもっています。

そのため、金星人マイナスの霊合星人の人は、木星人の2021年の年運からも影響を受けると理解しておきましょう。

霊合星人とは?2つの運命を背負う特別な星の調べ方や干支についてのイメージ
霊合星人とは?2つの運命を背負う特別な星の調べ方や干支について
霊合星人とは六星占術において特別な性質を持ち合わせる人のことを指します。霊合星人は12の運命周期における大殺界(停止)の年に生まれ、2つの運命星の性質を持っています。例えば土星人の霊合星人であれば、正反対の天王星人の性質も持ち合わせています。

【2021年】金星人マイナス(-)の仕事運

金星人マイナスの2021年の仕事運を見ていきましょう。

過去2年間に始めたこと、いろいろな経験が形になって表れるときです。立花は季節でいえば春、自然とエネルギーが満ちて、それに合わせてチャンスも数多く舞い込むでしょう。

六星占術では、「立花の年に手に入れたものは身につく」といいます。
立花の年の仕事の成果は、そのまま一生涯続くものとなりやすいのです。

もし、妥協し我慢をして自分の可能性を潰してしまうと、適職につく可能性を失くしてしまうことになります。
立花の年に始めたことは、継続性があるためマイナスに働くことも覚えておきましょう。

【2021年】金星人マイナス(-)の転職

金星人マイナスの転職についても見ていきましょう。

仕事運が好調な立花の年は、転職にも最適です。
たとえ異業種であっても、夢として描いていたものがあるなら挑戦してみましょう。
それが適職である可能性が高めです。
未経験であれば最初は苦労するかもしれませんが、すぐに結果を出すことができ認められるでしょう。

希望が叶いやすいうえ、一生続けられる仕事になる可能性が大です。
もし適職や希望の職業のイメージがわかないのであれば、収入で選ぶのもいいでしょう。
金運にも恵まれていますから、適職、収入どちらで選んでも収入はアップしていくはずです。

大胆に目標を高く設定し、転職に挑んでみましょう。

【2021年】金星人マイナス(-)の恋愛運

金星人マイナスの2021年の恋愛運は、情熱的で熱いものになるでしょう。

新たな出会いに恵まれやすく、またこの年から付き合いが始まれば恋人同士として長く交際できる可能性が高めです。
もし失恋しても、すぐに違う相手との出会いが用意されていますから、妥協をせずにアプローチをしていきましょう。

次のページ

【2021年】金星人マイナス(-)の結婚運

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング