裏ピースの意味とは?海外ではNG行為とされる理由を紹介

裏ピースの意味とは?海外ではNG行為とされる理由を紹介

裏ピースは、日本では写真やプリクラなどで行う問題のない行為として認識されています。しかし、海外では挑発や侮辱など危険な行為の一つで、他にも海外で行うと危険なハンドサインが多数あります。裏ピースについてまた海外で行ってはいけないハンドサインについてご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1裏ピースって何?
  2. 1.1日本では写真を撮る時によくされるポーズ
  3. 1.2海外では危険なハンドサインの国も
  4. 2裏ピースの歴史
  5. 2.1裏ピースの日本での歴史
  6. 2.2裏ピースの海外での歴史
  7. 3海外で裏ピースが危険なハンドサインである理由
  8. 3.1元をたどるとイギリスとフランスの争いからと言われている
  9. 3.2海外では侮辱を意味することも
  10. 4日本で裏ピースが流行った理由
  11. 4.1元々はプリクラの写りを良くするためだった?
  12. 4.2テレビの影響も
  13. 5海外で文化的に危険とされている他のハンドサイン
  14. 5.1ヨーロッパで危険とされるハンドサイン
  15. 5.2アメリカで危険とされるハンドサイン
  16. 5.3中東、アジア、その他で危険とされるハンドサイン
  17. 6ハンドサインには文化によってそれぞれ異なる意味があることがあるので要注意

海外で文化的に危険とされている他のハンドサイン

フリー写真素材ぱくたそ

日本では問題にならなくても外国では危険なハンドサインがあるので、海外旅行や移住する場合などはしっかりと理解しておくことは大事です。

ヨーロッパで危険とされるハンドサイン

ヨーロッパで危険とされるハンドサイン
Photo byRobinHiggins

南ヨーロッパに位置するギリシャでは、昔犯罪者に対し物を2本の指で投げつけていました。そのことからギリシャでは、ピースサインは屈辱のサインとして伝わっています。

またフランスでは、人差し指と親指で作る円の形の日本でいう「OK」のサインをゼロという意味で受け取るため、「役に立たない」と揶揄されたと感じるようです。

アメリカで危険とされるハンドサイン

アメリカで危険とされるハンドサイン
フリー写真素材ぱくたそ

アメリカでは、親指だけを立ててにぎった手を下に向ける俗にいうブーイングサインを、屈辱の仕草と捉えます。イギリスや日本でも同じ意味を持ちます。

中東、アジア、その他で危険とされるハンドサイン

中東、アジア、その他で危険とされるハンドサイン
Photo bygeralt

ベトナムでは、中指と人差し指の2本を立ててクロスさせると、性的に侮辱されたと感じるようです。また、中東の一部の国では、親指だけを立てた握りこぶしを性的な侮辱と受け取ります。

小指だけを立てた握りこぶしは、日本では彼女を意味するハンドサインですが、中国では無能を意味するハンドサインです。

ハンドサインには文化によってそれぞれ異なる意味があることがあるので要注意

Photo byEngin_Akyurt

裏ピースだけでなく海外では危険とされる主なハンドサインをご紹介してきましたが、海外で知らずに使ってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

外国人との接点が多くなり国際化が身近に浸透してきた今日、ハンドサインや習慣など外国の国柄や文化に気をつけることは国際感覚を身につける上で大変重要なことと言えるでしょう。

裏拍手の意味とは?手の甲を打ち合わせる死者の拍手について解説のイメージ
裏拍手の意味とは?手の甲を打ち合わせる死者の拍手について解説
私たちが相手を祝福したり敬意を表したりする際に行う拍手を、手の甲を打ち合わせる形でやるのは裏拍手と呼ばれます。裏拍手は人を呪う意味のあるものです。この裏拍手は意味が恐ろしいだけではなく、アーティストでも幽霊にされた話があり、不気味がられています。
日本の迷信・昔からの言い伝え一覧51選ご紹介!【有名/面白い/怖い】のイメージ
日本の迷信・昔からの言い伝え一覧51選ご紹介!【有名/面白い/怖い】
日本の迷信・昔からの言い伝えについて、51個ご紹介します。現代まで伝わる日本の迷信もありますので、馴染み深いなと感じていただけるでしょう。また、新たな発見となる迷信や、昔からの言い伝えとの出会いも期待してみてくださいね。
きさらぎ駅の真相とは?存在しない駅の都市伝説まとめのイメージ
きさらぎ駅の真相とは?存在しない駅の都市伝説まとめ
2chの書き込みから始まった都市伝説『きさらぎ駅』。いつもの電車に乗ったはずが、辿り着いたのはこの世に存在しないきさらぎ駅でした。きさらぎ駅とは一体どんな駅なのか、行き方や場所など多くの謎を様々な角度から考察しています。

関連記事

アクセスランキング