>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

きさらぎ駅の真相とは?存在しない駅の都市伝説まとめ

きさらぎ駅の真相とは?存在しない駅の都市伝説まとめ

2chの書き込みから始まった都市伝説『きさらぎ駅』。いつもの電車に乗ったはずが、辿り着いたのはこの世に存在しないきさらぎ駅でした。きさらぎ駅は誰のために、何のためにあったのか、行き方や場所など多くの謎を様々な角度から考察しています。

存在しない駅「きさらぎ駅」の都市伝説をしっていますか?

きさらぎ駅イメージ

存在しない駅「きさらぎ駅」の都市伝説をしっていますか?

きさらぎ駅」という都市伝説をご存知ですか?「きさらぎ駅」とは、いつも通りの電車に乗ったはずが、着いたのはこの世に存在しない駅、「きさらぎ駅」だったという体験をした女性が2ch(現在5ch)に書き込んだお話です。
誰もが最初は信じなかった「きさらぎ駅」がなぜ都市伝説となり広まったのか、真相に迫ります。

「はすみ」という女性がたどり着いた存在しない駅の話(あらすじ)

夜中の線路のイメージ

「はすみ」という女性がたどり着いた存在しない駅の話(あらすじ)

2004年1月8日に「はすみ」さんという女性から乗っている電車に違和感があると掲示板サイト「2ch」へ書き込み相談がありました。

  • いつもなら10分程で最寄り駅に着くが、20分以上も走り続けていること。
  • 見知らぬトンネルを通ったこと。
  • 車掌室を見に行き、ノックしても反応がないこと。
次第に電車はスピードを落とし到着、ホームに降りたはすみさんから「きさらぎ駅」という知らない名前の駅に着いてしまったと書き込がされます。はすみさんから「きさらぎ駅とはどこにある駅か」と尋ねられますが、誰もが検索しても「きさらぎ駅」は検索結果にヒットしませんでした。
そこではすみさん宛てに「タクシーを拾って帰ったほうが良い」、「線路を歩いて帰りましょう」といった書き込みが行われます。
はすみさんからは「気が付きませんでした、(線路を)歩きながら両親からの電話を待ちます」と書き込みが返ってきます。

そして、線路上を引き返し始めたはすみさんから、さまざまな怪奇現象に遭遇した書き込みが続きます。
  • はすみさんの父親からはすみさんの携帯に電話がかかってきて110番するように助言を受けたので電話するもイタズラと思われ警察に電話を切られてしまったこと。
  • 遠くから太鼓と鈴のような音がすること。
  • 「線路の上を歩いちゃ駄目だよ」と後ろから声を掛けられ、振り返ると片足だけのおじさんが立っており、その後おじさんは消えてしまったこと。

1時間半ほど歩くとトンネルに行き当たるはすみさん。「伊佐貫」と書かれたトンネルがあり、「通り抜けたらまたメッセージをする」と書き込まれます。
「無事にトンネルを抜け出た」と書き込みされますが、時刻は午前3時を回っているのに「人が立っており、親切にも最寄り駅まで送ってくれることになった、今いる場所を聞いたらあり得ない事だと思うのですが、比奈だと言うのです」と書き込みが続きます。
はすみさんからの書き込みに「車から降りたほうが良い」との助言があり、はすみさんも「どんどん山の方に向かって行きます。全然話してくれなくなりました。」と不安を訴える書き込みに変わります。「親に連絡するように」とすすめる書き込みに、はすみさんからは次のような内容の返答が書き込まれました。
  • バッテリー残量が足りないこと。
  • 訳のわからない独り言や呟きを運転手が始めており様子が変なので、隙を見て逃げようとしていること。
  • いざという時の為にバッテリーを残しておきたいのでこれを最後の書き込みにすること。
そして、はすみさんから再び2chへ書き込まれることはなく、消息不明となったのです。これが「きさらぎ駅」のあらすじです。

 

きさらぎ駅の情報まとめ

森の中イメージ

きさらぎ駅の情報まとめ

この世には存在しない駅とされながらも絶妙なリアリティから迷い込んでみたいと思っている方もいらっしゃると思います。そこで、きさらぎ駅への行き方・場所、伊佐貫トンネルの謎、そしてはすみさんの後日譚(7年後の話)などきさらぎ駅の真相を掘り下げてまとめました。

きさらぎ駅の行き方・場所

行き方イメージ

きさらぎ駅の行き方・場所

前提として、きさらぎ駅は存在しない駅である事、もとの世界へ戻ってこられる保証はない事を明言しておきます。
行き方は明らかになっていませんが、以下の条件が揃った時、きさらぎ駅へ行ける可能性が高いとされています。

  • はすみさんと同じ23時台の新浜松駅発の電車へ乗車すること。
  • 見知らぬトンネルをくぐること。

謎の『伊佐貫トンネル』

伊佐貫トンネルイメージ

謎の『伊佐貫トンネル』

はすみさんの投稿を見ると、きさらぎ駅を出て1時間半ほど歩いた場所に「伊佐貫(いさぬき)トンネル」があります。はすみさんと同じように線路歩いて引き返すと謎の伊佐貫トンネルに辿り着けることになります。
伊佐貫とは日本神話に登場する神「イザナギ」と名前が似ている事から何かしらの関係があると言われています。イザナギが現世と黄泉の国の間(黄泉比良坂)に大きな岩を置いて塞いでしまうまではお互いの世界を自由に行き来できたという言い伝えから、謎の伊佐貫トンネルの内部は黄泉の国もしくは異世界への入り口であったのではないでしょうか。

7年後に生還

足元イメージ

7年後に生還

はすみさんは7年後、再び驚きの生還体験を2chではなく、怖い話を集めたサイトへ投稿しています。
様子のおかしくなった運転手は暗い森の中で車を止めます。光が見えた時、右の方から別の男の人が歩いてきて、その瞬間辺りが光り車体に衝撃が走ります。運転手は消え、現れた男の人は慌てた様子で「ここに居てはいけない!運転手は消したから今のうちに逃げるんだ!光の方へ歩け」と言うので、光の中を泣きながら駆け抜けるといつもの最寄り駅に立って生還していました。最寄り駅に着いたときの日付は2004年から7年後の2011年4月だったという内容です。

セレスティアの無料タロット占い

記事を評価する

評価 4.9 / 5(合計8人評価)

関連記事