「コンセンサス」とは?その意味や使い方について解説します

「コンセンサス」とは?その意味や使い方について解説します

「コンセンサス」とは「多数人からの同意や合意を得ること」を意味しています。コンセンサスには間違った使い方や似たような言葉「アグリーメント」が存在します。「アグリーメント」との違いや、コンセンサスの使い方をいくつかご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1コンセンサスの意味とは?
  2. 1.1コンセンサスは「根回し」のニュアンスもある
  3. 1.2コンセンサスと似たような言葉「アグリーメント」
  4. 2コンセンサスの由来
  5. 3コンセンサスの使い方や用例
  6. 3.1ビジネスシーンで使われる場合
  7. 3.2ビジネスシーン以外で使われる場合
  8. 4コンセンサスは「多数人」の合意とるときに使う言葉

コンセンサスの意味とは?

コンセンサスの意味とは?
フリー写真素材ぱくたそ

コンセンサスとは「多数人からの同意や合意を受けること」という意味の言葉です。

プロジェクトチームや相手の取引先などの多数の人から同意や合意を得る際に使用され、会議の場面で使われることが多い単語です。

コンセンサスは多数人の同意や合意を意味しいているため個人に対して使用するのは誤用です。

コンセンサスは「根回し」のニュアンスもある

コンセンサスは「根回し」のニュアンスもある
Photo bybertholdbrodersen

あらかじめ同意や合意を取って置くことを指す「根回し」として使われるパターンも存在します。時と場合によっては根回しが裏工作といったネガティブな意味にもなりますが、ビジネスシーンでは会議や交渉を円滑に進めるための前準備として相手方の同意を取っておくことは重要ですので、根回しできる人はスマートに見られます。

コンセンサスとの違いは、コンセンサスはあくまで複数人が対象で、根回しは個々の人が対象という点です。根回しの先にコンセンサスが成り立つ、という関係になります。

コンセンサスの間違った使い方

プロゲーマー君

プロゲーマー君

ちょっと!佐藤さんにコンセンサス取ってくれた?

例文のようなに個人に対して使うのは誤用ですが、この使い方は浸透しているため、相手に伝わらないと言うことはありません。ですが、間違った使い方のため、ビジネスシーンで恥をかかないようにコンセンサスの正しい使い方を頭に入れておきましょう。

コンセンサスと似たような言葉「アグリーメント」

コンセンサスと似たような言葉「アグリーメント」
Photo byRobinHiggins

アグリーメントとは「1つの方針や意見に同意や賛成する」という意味の言葉です。

また、省略された形の「アグリー」として使用される場合が多く「私はその考えにアグリーです」と使われます。

コンセンサスの由来

コンセンサスの由来
Photo byStockSnap

コンセンサスの由来は英語の「consensus」です。語源はラテン語の「consensus(お互い同様に感じる)」です。

コンセンサスの使い方や用例

コンセンサスの使い方や用例
フリー写真素材ぱくたそ

コンセンサスの使い方を用例を用いていくつかご紹介します。

ビジネスシーンで使われる場合

ビジネスシーンで使われる場合
Photo byFree-Photos

会社での会議や取引先との間で使われるコンセンサスの例文をご紹介します。

社内コンセンサス

社内コンセンサスとは社内で同意や合意を取る際に使われる言葉です。

マイルド君

マイルド君

向こうのグループから無事コンセンサスを得ることが出来たよ。

プロゲーマー君

プロゲーマー君

ようやくプロジェクトを進められますね!

例文のように複数の人が集まったチームなどから同意や合意を取れた際に使用されます。また、会議などを円滑に進める際に先にチームの同意や合意を得る際には「根回し」の意味が強くなります。

社会的コンセンサス

社会的コンセンサスとは「社会的な幅広い人々の同意や合意」を意味しています。

ボブ

ボブ

現代の日本では非正規雇用の待遇改善実現という名目で、同一労働同一賃金が徐々に社会的コンセンサスとなっている事実がある。

チャーリー

チャーリー

かなり深刻な問題だね。

この例文は非正規雇用の待遇改善という名目で同一労働同一賃金が社会的に複数の同意や合意を受けている事実についての文章です。社会的コンセンサスは社会的に同意や合意が得られている物事に対して使われ、実際に合意が得られていなくても黙認されている物事にも使用されます。

ビジネスシーン以外で使われる場合

ビジネスシーン以外で使われる場合
Photo byrawpixel

ビジネスシーン以外でもコンセンサスは使用されます。

ビジネスシーン以外で使われるコンセンサス

  • 医学的コンセンサス
  • コンセンサス予想
  • コンセンサス形式
  • コンセンサスゲーム

医学的コンセンサス

チャーリー

チャーリー

医学に興味がある人は医学的コンセンサスに注目しなさい。

医学的コンセンサスとは「専門家たちが知識と根拠に基づいて、同意を公表する」という意味の言葉です。

また、医学団体や政府機関が招集した専門家による独立委員会が発表しており、定期的に見直し、再評価する必要があるものと位置付けられています。

コンセンサス予想

マイルド君

マイルド君

投資家になるならコンセンサス予想は要チェックだよ。

コンセンサス予想とは「複数の証券アナリストが株式市場で予測した会社の業績を平均化した数字」を意味しています。

一般的に専門家による予想に過ぎませんが、予想同士を組み合わせて行く事により、予想精度が高まることが証明されています。

コンセンサス形式

ボブ

ボブ

今日のミーティングはコンセンサス方式で行います。

コンセンサス形式とは「議案の可否を決定する方式で、反対者がいなければ議案が採決される形式」を意味しています。

1人1人に反対ではないことを確認して決議が成立します。反対者が1人でもいる場合はさらに議論が進められ、最終的に全会一致で1つの答えを出す方式です。

コンセンサスゲーム

プロゲーマー君

プロゲーマー君

わが社では毎年最初にコンセンサスゲームをするのが決まりなんだ。

コンセンサスゲームとは「企業などの研修で取り入れられているグループ内の合意形成を行うゲーム」を意味しています。

グループ全員の合意によって意思決定し答えを導き出すゲームです。

コンセンサスは「多数人」の合意とるときに使う言葉

コンセンサスは「多数人」の合意とるときに使う言葉
Photo bygeralt

コンセンサスは多数の人の同意や合意を得ることを指す単語です。個人に対して使用するには誤用となりますが、誤用が幅広く浸透しているため相手に意味が伝わらないことは決してありません。

しかし、ビジネスシーンなどフォーマルな場面では正しい使い方を心がけましょう。

コンセンサスまとめ

  • コンセンサスの意味は「多数人からの同意や合意を受けること」
  • 英語の「consensus」が語源。
  • 個人に対してコンセンサスを使うのは誤用
「リテラシー」とは?その意味について用例付きで解説します | セレスティア358
「リテラシー」とはビジネスシーンで「知識」、「理解」、「応用力」という意味で使われる言葉です。しかし、本来の意味は「読み書き能力」です。リテラシーの意味や由来、語源と共に例文をいくつかご紹介します。リテラシーの意味を知って役立てましょう。
「リスケ」の意味とは?使用する際に注意が必要な言葉の由来を例文付きで紹介します | セレスティア358
リスケは英語の「リスケジュール」を縮めた言葉で、ビジネス用語として使われています。金融用語として別の意味で使われる場合もあります。今回はビジネス用語、金融用語としての「リスケ」の意味や使い方、使用する際の注意点について、例文も交えてご紹介します。
「ビジネスマナー」の記事一覧 | セレスティア358
セレスティア358は占いやスピリチュアル情報をお届けし、あなたをHappyへと導くメディアです!

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング