オープンマインドの意味とは?オープンになるための方法とその特徴とは?

オープンマインドの意味とは?オープンになるための方法とその特徴とは?

ビジネスのシーンでよく耳にする「オープンマインド」の意味は文字通り「心を開いている」です。この記事では、オープンマインドになるための方法と、なった時にはどのような変化が生まれるのかを解説していきます。ぜひ、あなたの思考と比べながら読んでみてください。

コンテンツ [表示]

  1. 1オープンマインドとは?
  2. 1.1オープンマインドの意味
  3. 1.2オープンマインドの類語
  4. 2オープンマインドな人の特徴とは?【考え方・心理】
  5. 2.1人の意見を否定しない
  6. 2.2あらゆるものに興味を示す好奇心旺盛な性格
  7. 3オープンマインドになるメリットは?
  8. 3.1「ビジネス」におけるオープンマインド
  9. 3.2「恋愛」におけるオープンマインド
  10. 4オープンマインドになれない人の5つの特徴
  11. 4.1否定されるのを嫌がる
  12. 4.2礼儀が無い
  13. 4.3他人からよく見られたい
  14. 4.4人の領域を考えずに踏み込む
  15. 4.5過去にトラウマを持つ
  16. 5オープンマインドな人になるための方法
  17. 5.1何事も前向きに捉える
  18. 5.2話をするときは自己PRを心がける
  19. 5.3オープンマインドを学べる講習や研修に参加する
  20. 6オープンマインドな人になるためのコツはある?
  21. 6.1心がオープンになる考え方

オープンマインドとは?

オープンマインドとは?

オープンマインドとは、人が持つ物事の判断基準や考え方の軸となるもので、人生をより豊かに歩んでいる人ほどこの思考を持っている傾向があります。今何かに悩み、立ち止まっているのであれば、ぜひ、この記事を読み「オープンマインドの思考」を真似してみてください。そうすることで、目の前の道がきっと拓けていきます。

オープンマインドの意味

オープンマインドの意味

オープンマインドの意味は、言葉のまま「心を開いている」状態であることです。例えば、何かの目標を達成しようとしている時。自分にはこうしたいというやり方がすでにあったにも拘らず、意見してくる人がいたとします。あなたはその言葉を、素直に受け止められますか?

ここで、オープンマインドを持っている人と、持っていない人の違いが生まれます。もし、オープンマインドを持っている人であれば、その意見を素直に受け止め、目標にとってより効率の良いやり方をもう一度模索し直すでしょう。

この前向きで素直な心こそ、まさしくオープンマインドな考え方です。何かを判断するときや、実行するときに自分の意見だけを重視するのではなく、周りの意見も真摯に受け止め、より良くしていこうと出来る人はオープンマインドの持ち主といえます。

オープンマインドの類語

オープンマインドの類語

オープンマインドと聞くと、一見ポジティブな言葉に聞こえますよね。もちろん、その類語となる言葉も、「明朗」「快活な」「外交的性格」「包容力のある」「粋な」といったように良い意味の言葉が連なります。

しかし、中には「調子がいい」「たいこ持ち」「おっちょこちょい」などの類語も存在しているのです。一般的にはオープンマインドというと、前者のような良いイメージを持つのですが、捉え方を間違えたまま行動を起こしてしまうと、後者のようなイメージを持たれてしまう可能性も十分にあります。

決して、誰にでも良い顔をするという意味ではなく、自主性を尊重しながらも、相手の意見を聞き入れるという考え方こそが、オープンマインドの本来の意味です。

オープンマインドな人の特徴とは?【考え方・心理】

オープンマインドな人の特徴とは?【考え方・心理】

オープンマインドな人の特徴とは、具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか?その考え方や心理を詳しく解説していきます。

人の意見を否定しない

人の意見を否定しない

オープンマインドな人は、人の意見を頭から否定することはまずありません。常に前向きな思考を持っているため、その意見からマイナスになる可能性がある点を、あえて聞き出そうとはしないのです。それを実行することで、どのような良い点が生まれるのか、結果はどう変わるのかをじっくりヒアリングし、より良い答えを導き出せるようにと議論します。

このような会話は、やりたくても中々簡単に出来ることではありません。優れたコミュニケーション能力と質問力を併せ持つ必要があります。

あらゆるものに興味を示す好奇心旺盛な性格

あらゆるものに興味を示す好奇心旺盛な性格

オープンマインドな人は、その前向きな性格から様々なものに興味を持ち、積極的にチャレンジするアクティブなタイプが多いと聞きます。興味の数がどんなに多くても、やり始めたことは一つたりとも手を抜くことはせず、自分なりの楽しみ方を見つけ、全力でやり遂げるパワーを持っている人です。

このように、自分にストレスをかけず、人生を無意識に楽しむことができているので、心筋梗塞や高血圧などのストレスから来る病気になる可能性が低いことも証明されています。

オープンマインドになるメリットは?

オープンマインドになるメリットは?

この章では、「ビジネス」と「恋愛」というシーンに着目して、オープンマインドがどのような役割と良い意味を持つのかをご紹介します。オープンマインドになることで人生が幸せに満ち溢れたものになる理由が、きっと納得できるはずです。

「ビジネス」におけるオープンマインド

「ビジネス」におけるオープンマインド

ビジネスにおけるオープンマインドは、特にマネジメントをする管理職には必須条件といっていいほど大切な心構えです。まず、部下は上長に対して少なからず遠慮や威圧感を感じているのが当たり前ですよね。そこを解きほぐすようにどんな年次の部下にも進んでコミュニケーションを取りに行くことで、信頼関係が築かれていき、良い人間関係は形成されていきます。

部下に「仕事をやらされている」と感じさせるのではなく、「同じ目標に向かって仕事をしている」と思わせるのも、管理職の大切な仕事の1つといえます。

「恋愛」におけるオープンマインド

「恋愛」におけるオープンマインド

恋愛はしているけどいつまで経っても結婚できない。付き合っても長続きしない。そんな人の特徴として、1つ共通しているものがあります。それは「相手を信用していないこと」です。何かにつけて相手のことを疑ってしまったり、ちょっとしたことですぐに喧嘩が勃発したりするのは、「相手は自分のことを好きじゃないかもしれない」「自分の気持ちを分かってくれていない」と懐疑心を抱いているからです。

こうなってしまうと相手に自分のことを押し付けてしまいがちになり、事態はより悪くなる一方です。お互いの気持ちを理解し合えるようにと相手の言葉にも耳を傾け、歩み寄ろうとする意識が、恋愛においてのオープンマインドな状態といえます。

オープンマインドの意味やメリットのまとめ

  • オープンマインドは「心を開いている」状態のことを指す
  • ビジネスシーンにおいてはオープンマインドで接することで信頼関係が生まれる
  • 恋愛においてはオープンマインドな状態で接することでお互いに歩み寄ろうする意識が生まれる
友だち追加

関連記事

アクセスランキング