「コンフィデンシャル」の意味とは?ビジネスシーンで目にする言葉の語源や使い方を紹介

「コンフィデンシャル」の意味とは?ビジネスシーンで目にする言葉の語源や使い方を紹介

「コンフィデンシャル」とは「機密の、信頼のおける」という意味の言葉です。ビジネスシーンにおいて重要なキーワードで、職場のミーティングでも耳にする機会があるでしょう。ここでは「コンフィデンシャル」の意味や使い方などを詳しく解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1「コンフィデンシャル」の意味とは?
  2. 2「コンフィデンシャル」の語源
  3. 3「コンフィデンシャル」の使い方・用例
  4. 4「コンフィデンシャル」と「シークレット」の違い
  5. 5まとめ

「コンフィデンシャル」の意味とは?

Photo bygeralt

「コンフィデンシャル」とは「機密」や「内密」という意味で、ビジネスシーンにおいて度々登場する言葉です

会議で「Confidenthal」のマークが表紙に印刷された書類を渡されたり、取引先の人に「コンフィデンシャルな情報です」と言われたりした際には機密事項となり、情報の取り扱いには細心の注意をしなければいけません。

特に海外の企業と取引する際には「コンフィデンシャル」をよく使いますので、正しく理解をしてしっかりと覚えておきましょう。

課長さん

課長さん

そういえば、かなり前に「コンフィデンシャル」の題名が付いた有名な映画があったな…

「コンフィデンシャル」の語源

Photo byDariuszSankowski

「コンフィデンシャル」の語源は英語の動詞『comfide』からきていて、『comfide』を形容詞にすると『comfidenthal』になります。

『comfide』とは、「信用する」「信頼している」などの意味があり、ラテン語の『com(完全な)』と『fide(信頼する)』の二つの言葉から生まれたものです。少し古い英語の辞書には「信用する」の他に「(人に)秘密を打ち明ける」ともあります。

「コンフィデンシャル」を直訳すると「心から信頼している」になり、「信頼しているに人にのみ打ち明けられる」と言う意味となります。そのことから、機密事項や内密にしたいときに用いられるようなり、ビジネスの場においても頻繁に使われるようになりました。

 

情熱系社員

情熱系社員

マル秘情報と言うことですね!

「コンフィデンシャル」の使い方・用例

Photo byFree-Photos

次に「コンフィデンシャル」の会社での使い方を見ていきましょう。
 

  • 機密事項が書いてある資料にマークとして使う
重要事項や社外に知られたくない情報などの資料の、表紙やトップに赤字で「confidential」と書かれています。このマークを「コンフィデンシャルマーク」と言い、ビジネスの場では度々目にします。

このマークを付けることで、資料の中に書いてある情報の取り扱いの注意を促すことができます。「strictly confidential」は「極秘」と言う意味になりますので、こちらも覚えておくと良いでしょう。
 
  • 信頼できる部下を紹介するときに使う
「コンフィデンシャル」には「信頼する」の意味合いもあります。例えば英語で信頼する秘書と紹介する時には、「confidenthal secrerary」と紹介します。英語のビジネスレターでは、「親展」として「confidential」を使うこともあります。

課長さん

課長さん

「コンフィデンシャル」は、「関係者限り」と言う意味として使う時もあるんだよ。

「コンフィデンシャル」と「シークレット」の違い

Photo byRamdlon

「コンフィデンシャル」と「シークレット」は同じような意味ではありますが、ニュアンスが若干違ってきます。
 

  シークレット コンフィデンシャル
表記 secret confidential
意味 秘密、不思議、内緒 機密、内密、信頼
使うシーン 隠しておきたいこと、公にしたくないことに対してカジュアル場面で広く使う ビジネスやフォーマルなどの場、政府などの公的機関などかしこまった場で使う

情熱系社員

情熱系社員

さらに、もっと機密にしておきたい時には、「Top secret」を使うといいわね!

まとめ

「コンフィデンシャル」とは「機密』」や「内密」を意味する言葉で、ビジネスシーンではよく使われます。「confidential」と記載があれば、気を引き締める必要があります。

ビジネス用語は知っておくとコミュニケーションが円滑になりますので、気になった言葉はそのままにせずどんどん調べて知識を蓄えましょう。きっと今日からあなたも「できる人」認定です。

課長さん

課長さん

「コンフィデンシャル」の意味はわかったかな?
最後まで読んでいただきありがとうございました。

稟議とは?ビジネスシーンでよく耳にする言葉の意味や使い方をわかりやすく説明のイメージ
稟議とは?ビジネスシーンでよく耳にする言葉の意味や使い方をわかりやすく説明
「稟議」とは、会社などにおいて、会議を開くほどの事案ではないことに対し、関係者に回覧して承認を得ることを指すビジネス用語です。主にオフィスで使用する備品を購入する時などに使われる「稟議」の正しい意味や使い方について、わかりやすくご紹介します。
「キャリブレーション」とは?言葉の語源や業界ごとの使われ方を紹介【医療・IT・金融など】のイメージ
「キャリブレーション」とは?言葉の語源や業界ごとの使われ方を紹介【医療・IT・金融など】
「キャリブレーション」は英語のcalibrationという言葉が語源で、元々の意味は「計器の目盛りを正しく調整すること」「規格に合うように電子回路を調整すること」です。業界により異なるニュアンスで使われている「キャリブレーション」の意味や使い方を解説します。
ビジネスマナーのイメージ
ビジネスマナー
社会人なら知っておきたいビジネスマナーについて解説しています。

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング