>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

タロットカードを購入したい方向けにおすすめランキングをご紹介!

タロットカードを購入したい方向けにおすすめランキングをご紹介!

ジワジワと人気が出ているタロットカード。その人気の理由は、普段意識することのない深層心理を映し出すからなのです。タロットカードの購入を考えている方は必見!ご自分に合ったカードが見つかるおすすめの選び方、おすすめのデザインなど、人気ランキング形式でご紹介します。

厨二ちゃん

厨二ちゃん

タロットカードに興味があるけど、何から始めたらいいのか迷った時、まずはカードを手に入れてみませんか?タロットカードの選び方を詳しく解説していきます!

タロットカードの選び方

現代的なタッチのマルセイユ版タロットカード

タロットカードの選び方

タロットカードは世界各国で愛されている占いカードですが、様々なデザインがあります。その数は何と700種類以上です。こんなにもたくさんの種類があると、何を購入すればよいか迷われてしまう方も多いでしょう。
タロットカードの系統は「ウェイト版」と「マルセイユ版」という2つの種類に分けることができます。そして、「大アルカナ」の22枚のみを扱う方法と「小アルカナ」を合わせた78枚のフルデッキで扱う方法がありますが、この記事ではタロットカードの選び方についてご紹介していきます。

タロットカード初心者か経験者か

CGっぽいタッチの現代的なデザインのタロットカード

タロットカード初心者か経験者か

タロットカードと聞くと大体の人が「占い」という認識があり、知名度も高いものです。
中には、タロットカードのイメージに「怖い」といった印象を持っている方も多いようですが、それはタロットに描かれている「絵柄」がそうさせるのです。
古くから親しまれているタロットカードの絵柄は確かに怖いものもありますが、今はたくさんの作家さんが好みのタッチやデザインで描いているものもあり、美しいものや癒されるもの、クールでかっこいいものがたくさん存在します。
しかし、それらのカードを扱うには、ある程度タロットカードの意味を知っている必要があります。タロットカードの絵柄には実に多くの情報やメッセージが込められており、一枚展開(ワンオラクル)だけでも大体の状況や心理が把握できてしまうほどです。
まずは王道のタロットカードデッキを一つは手元に置いておくことをおすすめします。

タロットカードの種類/マルセイユ版かウェイト版(ライダー版)か

ウェイト版タロットカード

タロットカードの種類/マルセイユ版かウェイト版(ライダー版)か

長い歴史を持つマルセイユ版タロットカードと王道のウェイト版(ライダー版)タロットカードですが、まずはこの2種類から始めて行くと、タロットの奥深い意味に触れることができ、リィーディングも早く上達します。
そしてこの2種類のうち、初心者の方にはマルセイユ版よりもウェイト版をオススメします。マルセイユ版は絵柄が少なく、ウェイト版の方が、日常を表す絵柄が随所に施されているため、解説書がなくても絵柄で意味を読み取ることができます。

女神さま

女神さま

初心者の方におすすめです!

Original

日本語解説小冊子付 ライダースタンダード アーサー・エドワード版

タロットカードの種類/小アルカナの有無

大アルカナ「運命の輪」のカードウェイト版

タロットカードの種類/小アルカナの有無

タロットカードには「大アルカナ」と呼ばれる22枚と「小アルカナ」と呼ばれる56枚があります。この2つを合わせて78枚ありますが、これを「フルデッキ」と言います。
「大アルカナ」は宇宙の理を表し、一枚の意味が大きく広いものになる傾向があり、「小アルカナ」はささやかな日常を表していますので、小さく狭いイメージの意味になりやすいのです。どちらが優れているかという話ではなく、私たちが生きていく上ではどちらの意味も大切で価値のあるものになります。

とはいえ、78枚全てのカードの意味を把握することは大変です。
大アルカナの22枚のみでもしっかりと占っていくことが可能ですので、初めから78枚全てのカードの意味を覚える必要はないといえます。お買い求めの際に、フルデッキで購入し大アルカナのみを使うことも可能ですし、値段が安い大アルカナのみを購入することもできます。
ただし、小アルカナのみは取り扱いがないのでご注意ください。

サイズで選ぶ

カードを手に取る男性の手元

サイズで選ぶ

種類が豊富なタロットカードですが、同じくサイズも豊富です。サイズ選びの目安となるのは「シャッフルのしやすさ」です中にはハガキほどの大きなサイズから、キーホルダーになるほどの小さなサイズまであります。お出かけ先で使う際にはコンパクトなものが重宝しますし、大きなものは絵柄が見やすく講座を開く際に役立ちます。正逆を扱う場合は基本的にシャッフルをしますので、大き過ぎたり小さ過ぎると扱いにくいです。たくさん占いたい場合は手に収まるサイズがおすすめです。

値段で選ぶ

ベストプライスと書かれた赤い値札

値段で選ぶ

お値段についても、解説の小冊子がついている手ごろで安い1000円代のものから数万円する限定ものまで様々です。
なかには金粉入りのゴージャスなカードもあります。大体の相場はフルデッキで3000円~4000円程度です。

デザイン/絵柄で選ぶ

タロットカード「吊るされた男」のデザイン画像

デザイン/絵柄で選ぶ

様々なデザインがありますが、大体のカードはマルセイユ版やウェイト版をもとに描かれていますので大きく外れることはありませんが、なかには人物カードの呼び方が違うものや意味と関連性のない絵柄もありますウェイト版の絵柄を大きく崩さずに、妖精や植物、動物をモチーフにしたものや、アーティスティックで奇抜なものまで豊富にありますので、ピンとくる惹かれるものを選ぶと良いですよ。

タロットカードの選び方

  • 初心者の場合、まずは王道のウェイト版(ライダー版)のタロットカードを選びましょう。
  • 「大アルカナ」のみでも十分に占うことは可能なので、初めは大アルカナに慣れましょう。
  • サイズはシャッフルしやすいものを選びましょう。
  • デザインに迷った時は、惹かれるものを選ぶようにしましょう。

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

記事を評価しよう

関連記事

アクセスランキング