丙子(ひのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙子の運勢

丙子(ひのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙子の運勢

丙子を日柱にもつ人の2020年運勢は、どうなるのでしょう。四柱推命により2020年の運勢とともに、男女別の性格、十二運星から受ける影響も含め解説していきます。自分だけでなく、友人、恋人に丙子をもつ人がいたら是非読んでおきましょう。きっと参考になるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1丙子(ひのえね)の特徴とは?
  2. 1.1丙子の女性の性格
  3. 1.2丙子の男性の性格
  4. 2丙子の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1丙子を年柱にもつ人
  6. 2.2丙子を月柱にもつ人
  7. 2.3丙子を日柱にもつ人
  8. 2.4丙子を時柱にもつ人
  9. 3丙子と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 丙子
  11. 3.2養× 丙子
  12. 3.3長生× 丙子
  13. 3.4沐浴× 丙子
  14. 3.5冠帯× 丙子
  15. 3.6建禄× 丙子
  16. 3.7帝旺× 丙子
  17. 3.8衰× 丙子
  18. 3.9病× 丙子
  19. 3.10死× 丙子
  20. 3.11墓× 丙子
  21. 3.12絶× 丙子
  22. 4丙子の2020年の運勢は?
  23. 5丙子の相性 
  24. 5.1丙子の良い相性
  25. 5.2丙子の悪い相性
  26. 6まとめ

丙子の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

それでは、日柱に丙子をもつ人の2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、年明けは2020年の2月3日の節分のあととなります。

旧正月からが、新年だと思ってみてください。

2020年の干支は庚子となります。丙子を日柱にもつ人にとっては、胎の年です。

これまでの悪い部分を修正するのに適した年です。新たに高い目標を描くことで、自然に直すべきところが見つかっていくでしょう。新しい出会いや環境が、それを後押ししてくれるはずです。もともとマイペースで焦らないタイプですが、2020年はさらにその部分を意識するいいでしょう。計画は細かく決めたくても、あえて大まかにして判断は先延ばしにした方が良さそうです。


プライベートでは、受け身でいた方がいいでしょう。好きな人がいても、気持ちを伝えるより聞き役に徹した方が上手くいく可能性が高まります。また、刺激的な異性よりも安定した穏やかな相手を選んだ方が幸福感を得られるでしょう。
 

丙子の相性 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後に、日柱に丙子をもつ人の相性を見ていくことにしましょう。
2020年は、胎の年ということでエネルギーはあまり高くありません。

こういう年こそ、相性の良い相手に牽引してもらうことで乗り越えられるものがあります。
頼っても良い年というものはあるものです。
 

丙子の良い相性

丙子と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

丙寅、戊辰、壬申、乙亥、丁丑、庚辰、辛巳、甲申、甲辰、戊申、癸丑、庚申の人たちです。

とくに良いのは辛丑の人で、この星をもつ人といれば、コンビネーションでトラブルを避けられるだけでなく、幸運を得ることもできるでしょう。
 

丙子の悪い相性

丙子と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

己卯、癸未、庚寅、癸巳、乙未、壬寅、癸卯、庚戌、乙卯、壬戌の人たちです。
とくに相性が悪く気をつけたいのが、庚午と壬午をもつ人たちで、ペースをかき乱されて疲労してしまうでしょう。
 

まとめ

丙子を日柱にもつ人の2020年の運勢、性格、特徴に相性、人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後まで読んでいただきありがとうございました。
丙子は、新たなステージに入ってきます。

好奇心が揺さぶられる出来事や、惹かれる異性にも出会いやすい年です。
ただまだパワーが足りません。
焦らず、何事もじっくり育てる意識で日々を過ごしましょう。
 

関連記事

アクセスランキング