丁未(ひのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の丁未の運勢は?

丁未(ひのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の丁未の運勢は?

丁未(ひのとひつじ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に丁未生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1丁未(ひのとひつじ)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の丁未は絶の年
  3. 1.22020年は忍耐がテーマ
  4. 2丁未の相性
  5. 2.1丁未の良い相性
  6. 2.2丁未の悪い相性
  7. 3丁未(ひのとひつじ)の特徴と性格とは?
  8. 3.1丁未の女性の性格
  9. 3.2丁未の男性の性格
  10. 4丁未の四柱推命と性格
  11. 4.1丁未を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2丁未を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3丁未を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4丁未を時柱にもつ人に性格
  15. 5丁未と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1丁未と胎
  17. 5.2丁未と養
  18. 5.3丁未と長生
  19. 5.4丁未と沐浴
  20. 5.5丁未と冠帯
  21. 5.6丁未と建禄
  22. 5.7丁未と帝旺
  23. 5.8丁未と衰
  24. 5.9丁未と病
  25. 5.10丁未と死
  26. 5.11丁未と墓
  27. 5.12丁未と絶
  28. 6丁未の四柱推命の性格を知り、運勢をを高めよう!
四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で44番目の干支、丁未(ひのとひつじ)の性格と特徴について解説!
2020年の丁未の運勢はどうなっていくのでしょうか?
男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に丁未がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

丁未(ひのとひつじ)の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

丁未を日柱にもつ人の、2020年の運勢をみていくことにしましょう。
四柱推命は東洋占術なので、2020年の節分2月3日のあとからが新年です
運勢も、そこから変わり始めると思って読んでください。

2020年の丁未は絶の年

2020年の干支は庚子となります。丁未を日柱にもつ人にとっては絶の年です。

2020年の丁未は、人間関係に苦労してしまいそうです。なかなか理解者が得られず、周りに合わせればストレスとなり、逆に我を通してしまうと、孤立してしまう危険性があります。ただ、仕事など社会的には厳しくなりそうだ…と諦めないことが大切です。

2020年は忍耐がテーマ

2020年、丁未のテーマは忍耐となります。

理解してくれないからと諦めて流されてはいけません。辛抱強く、周囲を説得し自分の考えを伝えていきましょう。いつも同じ言葉を使うのではなく、いろいろな手法があるはずです。丁未が粘っていけば、きっとわかってもらえるでしょう。それと同時に、コミュニケーションの幅を自然に広げることができるようになっていきます。

丁未の相性

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

丁未を日柱にもつ人は、どの干支の人と相性が良いのでしょう。

2020年の丁未は、人間関係に苦労する年回りです。
いくら辛抱強く話をしても理解してくれない人はいるでしょう。
ただ、粘りを見せればわかってくれる人もでてきます。

この理解してくれる人が、相性の良い人です。
無駄な労力を使わないように、四柱推命で相性が良く、わかってくれる人を選ぶのもひとつの手段となるでしょう。
 

丁未の良い相性

丁未と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

割とすんなり理解してくれるのは、壬午の人です。
価値観や考え方が似ているため、説得すれば味方になってくれるでしょう。
ほかにも、乙亥、己卯、甲午、乙未、己亥、乙卯は、真剣に向き合えば理解をしてくれるはずです。

丁未の悪い相性

丁未と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

丁未のことを理解してくれないだけでなく、トラブルメーカーになってしまうのが、辛丑と癸丑の人です。
いくら話をしても、平行線のままで終わってしまうでしょう。
ほかにも、庚辰、癸巳、庚寅の人との付き合いには、注意が必要です。

次のページ

丁未(ひのとひつじ)の特徴と性格とは?

関連記事

angelnumber

アクセスランキング