コロナ(567)ウイルスがもたらすミロクの世について日月神示を解読

コロナ(567)ウイルスがもたらすミロクの世について日月神示を解読

567と書いてミロクと読みます。新型コロナ(567)ウイルスの流行がミロクの世の到来ではないかと、一部のスピリチュアルに詳しい人々が話題にしています。ミロクの世を567と読む理由やコロナウイルスとミロクの世の到来を予言した日月神示について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1コロナウイルスはミロクの世のはじまり?
  2. 1.1ミロクの世とは?
  3. 2567をミロクと読むのはなぜ?
  4. 2.1666と書いてミロク
  5. 2.2567の世=ミロクの世
  6. 2.3567=ミロクの世=コロナウイルス
  7. 3ミロクの世で起こること
  8. 3.1ミロクの世を生き残るためには

ミロクの世で起こること

それでは、567の世、ミロクの世では、どのようなことが起こるのでしょうか?

日月神示では、世界の大掃除が起こると言われています。

世界の大掃除は地震や津波、大火災などの物理的な災害だけでなく、今回のコロナウイルスのような感染症で、地球の人口が激減することを暗示しているのかもしれません。

ミロクの世を生き残るためには

コロナウイルスによって選別が迫られるミロクの世を生き残るためのヒントが日月神示に記されています。

それは、

  1. 神の御用をきくこと
  2. 日本人の本来の心を取り戻す
  3. 神示や祝詞を読む

ひふみ祝詞と日月神示

唱えると様々なご利益がある「ひふみ祝詞」は、日月神示に由来します。

ミロクの世を生き残るためには、この神示やひふみ祝詞、大祓祝詞を読むことが大切と言われていますが、同時に形式的なこと以上に、「神の御用きき」をすることが大切と記されています。

これは、神は何を望んでいるかを常に考え、神様のお手伝いをする人がミロクの世を生きる人であるということです。

ひふみ祝詞の効果や意味について知ろう!奇跡を起こす祝詞の唱え方について解説します | アマテラスチャンネル49
「ひふみ祝詞」とは、「ひ・ふ・み」から始まる47文字を唱えることで、大きなパワーを受けることができる効果のある祝詞です。この記事ではひふみ祝詞の唱え方や意味、効果・効力とその危険性について解説しています。

567(コロナ)の世に神が望むこと

ミロクの世を生きる人は、神のお手伝いをするです。

神のお手伝いとは、神が喜ぶこと、つまり、人を助けることです。

「我ひとりよし」という心から脱却し、神を手伝う、人を助けるという心を大切にしましょう。それが、来るべき567(コロナ)の世、ミロクの世を生きる心がけではないでしょうか?

日月神示とは?日本崩壊やコロナを予言した日月神示とミロクの世も解説 | アマテラスチャンネル49
日月神示は大本教だった岡本天明が、自動書記によって残した書物です。日本の未来を予言するものが多く、日本の崩壊を含む記述もあります。日月神示ではミロクの世という言葉が登場しますが、2020年のコロナウイルスを予言したのではないかと考えられています。
イルミナティカードは新型コロナウイルスの2020年流行を予言していた?のイメージ
イルミナティカードは新型コロナウイルスの2020年流行を予言していた?
イルミナティカードが新型コロナウイルスを予言していたとして注目を集めています。新型コロナウイルスのパンデミックを予言していたイルミナティカードとはなんでしょうか?イルミナティカードについてや、予言していた内容についてご紹介します。
スペイン風邪とは?新型コロナの100年前の世界最悪のパンデミックを解説のイメージ
スペイン風邪とは?新型コロナの100年前の世界最悪のパンデミックを解説
スペイン風邪は世界史のあらゆる出来事の中で、もっとも多くの死者数を出したといわれる疫病です。スペイン風邪のパンデミックに人々がどう戦ったのか、やられていったのかをたどり教訓を学びとることで、新型コロナのパンデミックを乗り切るためのヒントを得ましょう。

関連記事

アクセスランキング