庚戌(かのえいぬ)の性格と特徴について解説!2020年の庚戌の運勢は?

庚戌(かのえいぬ)の性格と特徴について解説!2020年の庚戌の運勢は?

庚戌(かのえいぬ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に庚戌生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1庚戌(かのえいぬ)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の庚戌は死の年
  3. 1.22020年のテーマは強引にならないこと
  4. 2庚戌の相性
  5. 2.1庚戌の良い相性
  6. 2.2庚戌の悪い相性
  7. 3庚戌(かのえいぬ)の特徴と性格とは?
  8. 3.1庚戌の女性の性格
  9. 3.2庚戌の男性の性格
  10. 4庚戌の四柱推命と性格
  11. 4.1庚戌を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2庚戌を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3庚戌を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4庚戌を時柱にもつ人に性格
  15. 5庚戌と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1庚戌と胎
  17. 5.2庚戌と養
  18. 5.3庚戌と長生
  19. 5.4庚戌と沐浴
  20. 5.5庚戌と冠帯
  21. 5.6庚戌と建禄
  22. 5.7庚戌と帝旺
  23. 5.8庚戌と衰
  24. 5.9庚戌と病
  25. 5.10庚戌と死
  26. 5.11庚戌と墓
  27. 5.12庚戌と絶
  28. 6庚戌の四柱推命の性格を知り、運勢をを高めよう!

庚戌(かのえいぬ)の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

四柱推命で47番目の干支、庚戌(かのえいぬ)の性格と特徴について解説!
2020年の庚戌の運勢はどうなっていくのでしょうか?
男性、女性別に周囲へ与える印象、日柱に出ているだけでなく、ほかの柱に庚戌がある場合も紹介!
十二運にも触れていきます。

2020年の庚戌は死の年

2020年の干支は庚子となります。庚戌を日柱にもつ人にとっては、死の年です。

2020年、47番の干支である庚戌は、自己と周囲の評価の違いに苦しむことがあるでしょう。自信がある事柄に、手を挙げても指名されないなど、悔しい思いをしそうです。しかし、そこで落ち込むのではなく粘り強く取り組みましょう。その忍耐力が、活路を開いていきます。

環境に恵まれない前半は、やや強引に出てしまうことがあるでしょう。ただ、それは周囲に対してイメージを悪くするだけでなく、リズムを崩し足を引っ張ることになる可能性が大きいのです。

2020年のテーマは強引にならないこと

たとえ、自分が望まない立場や環境に置かれても、そこで力を発揮すればいいと考えるようにしましょう。庚戌は、自分が少し変化することで、チャンスをつかめる強運の持ち主です。出番でないときには、一歩下がる…それが大きな成功につながると考えましょう。恋愛も同じで、相手のペース気持ちを受け止めた方が良さそうです。結婚している人は、パートナーに手綱を渡した方が、意外に楽だと気づけるでしょう。

庚戌の相性

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

庚戌を日柱にもつ人は、どの干支の人と相性が良いのでしょう。

2020年の庚戌は、思うようにならないことから、わがままが出やすくなります。
そんな態度や行動を、ときには厳しい姿勢で苦言を呈してくれる人が必要な年です。
自分でも「ついている」と思うぐらいの日々を過ごしてきた、強運が発揮されない年に思えます。
耳の痛い言葉を聞かされてばかりで、合わない人が寄ってくることがそう思う原因です。
ただ、それは逆で2020年は苦言を呈してくれる人こそ大事になってきます。
それを見極めるためにも、四柱推命の相性を利用していきましょう。

庚戌の良い相性

庚戌と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

もっとも相性が良いのは、乙卯の人です。
落ち込んだときは励まし、調子の良いときには、適度なブレーキ役になってくれるでしょう。
庚戌が、本来の強運パワーを発揮できる道に戻してくれます。
ほかにも、戊寅、己卯、壬午、戊午の人とは、リズムが合いそうです。

庚戌の悪い相性

庚戌と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

上手くかみ合わないのが、甲辰と丙辰の人です。
一緒に行動すると、トラブルに合うだけでなく、自分の評価も下がってしまうでしょう。
ほかにも、丙子、丁亥の人との付き合いは、ストレスが溜まりそうです。

次のページ

庚戌(かのえいぬ)の特徴と性格とは?

関連記事

アクセスランキング