庚午(かのえうま)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の庚午の運勢

庚午(かのえうま)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の庚午の運勢

庚午(かのえうま)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女別の性格、相性も加えて解説していきます。また、性質や人間関係にも絡む十二運にも触れていますから、運気の流れをつかめるはずです。庚午の日に生まれた人は、とくに参考にしてみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1庚午(かのえうま)の特徴とは?
  2. 1.1庚午の女性の性格
  3. 1.2庚午の男性の性格
  4. 2庚午の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1庚午を年柱にもつ人
  6. 2.2庚午を月柱にもつ人
  7. 2.3庚午を日柱にもつ人
  8. 2.4庚午を時柱にもつ人
  9. 3庚午と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 庚午
  11. 3.2養× 庚午
  12. 3.3長生× 庚午
  13. 3.4沐浴× 庚午
  14. 3.5冠帯× 庚午
  15. 3.6建禄× 庚午
  16. 3.7帝旺× 庚午
  17. 3.8衰× 庚午
  18. 3.9病× 庚午
  19. 3.10死× 庚午
  20. 3.11墓× 庚午
  21. 3.12絶× 庚午
  22. 4庚午の2020年の運勢は?
  23. 5庚午の相性 
  24. 5.1庚午の良い相性
  25. 5.2庚午の悪い相性
  26. 6まとめ

庚午(かのえうま)の特徴とは?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

年柱、月柱、日柱、時柱で占う陰陽五行を元にした四柱推命。
今回は庚午(かのえうま)を日柱にもつ人です。
まず、一生涯影響をもち続けるといわれる、日柱に庚午がある場合を見ていきましょう。
最初は、全体的に周囲の人たちがどういうイメージで見ているかを解説していきますね。

庚午の性格
好奇心旺盛で行動力は抜群です。
個性的な視点や角度でものを見ることで、周りに刺激を与えていきます。
無邪気な子供のようなところを、年を重ねてももち続ける人でしょう。

 

庚午を日柱にもつ人が仲間にいると、行動に勢いがついていくでしょう。

シンプルに物事を考えるため、周りからはわかりやすい人だと映っているでしょう。思考よりも行動優先で、進みながら考えていきます。直情型で時折きつい言葉を口にしますが、思ったことを言っているだけで瞬間的な感情でしかありません。

常に前向きで好奇心に従って行動しているため、立ち止まることはないでしょう。否定や邪魔するものがあれば、敵意をむき出しにします。負けず嫌いで自分の感性に自信があり、直接的な表現をするため、敵を作りやすい面もあるでしょう。ただし、プライドこそ高いものの寂しがり屋で、褒められると勢いをより強めていくお調子者なところは可愛げとして映ります。

庚午の女性の性格

庚午を日柱にもつ女性は、無邪気な少女のような行動と傷つきやすいナイーブな面をもつ、放っておけないタイプでしょう。

非常に高い理想をもっていますが、周りの価値観とは違う場合があります。社会的な成功よりも、自分の夢が優先されているのです。それを叶えるための努力は、惜しむことはありません。考えることに時間をかける人を認めない傾向があり、厳しい言葉で責めることもあり敵も作りやすいでしょう。

そんな強気な一面を見せたかと思えば、寂しがり屋で繊細な部分ももっています。弱さを見せたくないプライドの高さはあるでしょう。理解者がいると、行動力に拍車がかかります。色気というよりも中性的な独特な魅力で、男性を引き付けるタイプです。

庚午の男性の性格

庚午を日柱にもつ男性は、正義感が強く自分の気持ちを隠せない人です。

まるで子供のように、思ったことを口にします。敵対する人に対しては、論戦や衝突を避ける気はなく正面からぶつかっていきます。内面には理解してほしいという気持ちをもつものの、プライドの高さが邪魔をして表に出すことはありません。ただし、純粋さ故の攻撃で忖度なく誰に対しても平等なところを、評価してくれる人もいるでしょう。

また努力家であり、ぶれない信念をもつことから、周りに流されない強さをもっています。妥協のない姿勢で取り組み、独特な世界観を築いていくでしょう。社会へ出てどんな業種についたとしても、クリエィティブな長所を活かして頭角を現していきます。

庚午の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)

では次に庚午が、それぞれの柱に出ている場合を説明していきます。
年柱は、幼いころの性格
月柱は、成人後から社会人になってからの性格
日柱は、一生を通じて変わらない部分。
時柱は、晩年の過ごし方

全体にも影響を与えますが、とくに柱の意味が強調されます。

庚午を年柱にもつ人

年柱に庚午をもつ人の幼年期は、環境の変化が多い中で育っていくでしょう。子供ながらも頑固さを見せ、周りに合わせません。ただし、特定の理解してくれる人に対しては、笑顔を見せ非常に懐くでしょう。
 

庚午を月柱にもつ人

月柱に庚午をもつ人の青年、壮年期は、明るさが人を惹きつけ、交友関係が広がっていくでしょう。じっくり考えることが苦手なため、無駄な行動が多くなる傾向があります。ただし、失敗にめげないだけの意志の強さがあるため、若くして成功する人も出るでしょう。
 

庚午を日柱にもつ人

日柱に庚午をもつ人が生涯失わない特徴は、どんな人生を辿ってこようとも理想をもち続けることでしょう。若々しい人が多く、目下の人との方が会話は弾む場合があります。現実的な考えに向かわない面はあるものの、その純粋さがある一定の人々から支持を受けるでしょう。
 

庚午を時柱にもつ人

時柱に庚午をもつ人の晩年は、新しもの好きな特徴を見せるでしょう。経験に邪魔されない純粋な目で物事を評価するため、その時代の文化を素直に取り入れ使いこなしていきます。若い人たちとの交流は盛んになるでしょう。
 

次のページ

庚午と十二運星の組み合わせ

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング