己巳(つちのとみ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の己巳の運勢

己巳(つちのとみ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の己巳の運勢

己巳(つちのとみ)の2020年の運勢と、相性、男女別の性格も含めて、四柱推命で影響が出やすいといわれる日柱を中心に解説していきます。年運や世代の性格や運気に出やすい十二運も合わせて紹介しているので、四柱推命を学びにも使えるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1己巳(つちのとみ)の特徴とは?
  2. 1.1己巳の女性の性格
  3. 1.2己巳の男性の性格
  4. 2己巳の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1己巳を年柱にもつ人
  6. 2.2己巳を月柱にもつ人
  7. 2.3己巳を日柱にもつ人
  8. 2.4己巳を時柱にもつ人
  9. 3己巳と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 己巳
  11. 3.2養× 己巳
  12. 3.3長生× 己巳
  13. 3.4沐浴× 己巳
  14. 3.5冠帯× 己巳
  15. 3.6建禄× 己巳
  16. 3.7帝旺× 己巳
  17. 3.8衰× 己巳
  18. 3.9病× 己巳
  19. 3.10死× 己巳
  20. 3.11墓× 己巳
  21. 3.12絶× 己巳
  22. 4己巳の2020年の運勢は?
  23. 5己巳の相性 
  24. 5.1己巳の良い相性
  25. 5.2己巳の悪い相性
  26. 6まとめ

己巳(つちのとみ)の特徴とは?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

年柱、月柱、日柱、時柱で占う陰陽五行を元にした四柱推命。
今回は己巳(つちのとみ)を日柱にもつ人です。
まず、一生涯影響をもち続けるといわれる、日柱に己巳がある場合を見ていきましょう。
最初は、全体的に周囲の人たちがどういうイメージで見ているかを解説していきますね。

己巳の性格
親しみやすく、情に厚いタイプです。
外見は線の細さ感じさせますが、内面には芯の強さがあるでしょう。
弱音を吐かず、見た目よりも強さをもった人です。

 
四柱推命のイメージ
四柱推命
四柱推命は、東洋占術の代表格です。陰陽五行をもとに、運気から性格、才能を総合的に読み解くことができます。一見難しそうですが、意味を理解すればとても便利な占いだと言っていいでしょう。そんな四柱推命をうまく利用するために、まずは、基礎的な知識を覚えておきましょう。

己巳を日柱にもっている人がいると、前向きなパワーが与えられるでしょう。

どんな状況においても、弱音を吐かず突破口を開いていきます。パワーで前進するというより、粘って小さな抜け穴を見つけるタイプです。情の厚さがときに脆さとなり、お人良しだといわれることもありますが、味方を裏切らない姿勢によって、周囲から手を差し伸べられる人徳をもっています。

周りへの気遣いは、言葉よりも表情によって伝わり、励まし背中を押してくれるでしょう。決断には時間が掛かりますが、一度決めれば前進し続けます。穏やかさはありますが、厳しさももち合わせていることから、ときに驚くほど厳しい面を見せるでしょう。

己巳の女性の性格

己巳を日柱にもつ人女性は、庶民的で人に壁を感じさせない人でしょう。

穏やかな女性らしさをもっていますが、甘いばかりではなくときに厳しさも見せます。やさしさと芯の強さといった、母性を感じさせるでしょう。そのため、年下の異性に人気がある人が多いようです。

社会へ出ても、押しの強さこそないものの、集中力の高さから細かな部分にまで目が届く人として一目置かれる存在となるでしょう。普段は前へ出ることを好みませんが、逆境に立てば腹の座ったところを見せて先頭に立つことも厭いません。ただし、強いばかりではなく特定の人に対しては、甘える可愛らしさをもっているでしょう。

己巳の男性の性格

己巳を日柱にもつ男性は、何度転んでも立ち上がり前進する強さと傷つきやすい脆さの二面性を併せ持った人です。

決断には時間が掛かりますが、一度決めたらどんな困難に合おうとも負けない忍耐強さをもっています。周りを見渡す目もあり、厳しい状況でも笑顔で励まし辛さを表に出すことはないでしょう。ただし、それは精神的に充実しているときだけです。

落ち込むと、立ち直るには時間が掛かります。引くことはありませんが、立ち止まる場面はたびたびあるでしょう。頑固さ故に人の言葉では、気持ちの強さを取り戻せません。この二面性は難しいタイプに思えますが、魅力にもなっています。甘え上手なところもあり、母性本能をくすぐり、弱っているときの方が女性からの人気は高まるでしょう。

次のページ

己巳の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング