戊午(つちのえうま)の性格と特徴について解説!2020年の戊午の運勢は?

戊午(つちのえうま)の性格と特徴について解説!2020年の戊午の運勢は?

戊午(つちのえうま)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に戊午生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1戊午(つちのえうま)の2020年の運勢は?
  2. 1.12020年の戊午は胎の年で空亡へ入ります
  3. 1.2空亡年の過ごし方
  4. 2戊午の相性
  5. 2.1戊午の良い相性
  6. 2.2戊午の悪い相性
  7. 3戊午(つちのえうま)の特徴と性格とは?
  8. 3.1戊午の女性の性格
  9. 3.2戊午の男性の性格
  10. 4戊午の四柱推命と性格
  11. 4.1戊午を年柱にもつ人の性格
  12. 4.2戊午を月柱にもつ人に性格
  13. 4.3戊午を日柱にもつ人の性格
  14. 4.4戊午を時柱にもつ人に性格
  15. 5戊午と十二運星の組み合わせ
  16. 5.1戊午と胎
  17. 5.2戊午と養
  18. 5.3戊午と長生
  19. 5.4戊午と沐浴
  20. 5.5戊午と冠帯
  21. 5.6戊午と建禄
  22. 5.7戊午と帝旺
  23. 5.8戊午と衰
  24. 5.9戊午と病
  25. 5.10戊午と死
  26. 5.11戊午と墓
  27. 5.12戊午と絶
  28. 6戊午の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

戊午と十二運星の組み合わせ

四柱推命で運気を見る場合、十二運も重要な要素となります。
日柱の戊午を中心にほかの柱との組合せで現れる十二運をみていきましょう。

  • 年柱は、親や上司など目上の人との関係。
  • 月柱は、仕事運や結婚運、家庭運と他者との関わり。
  • 時柱は、目下や子供、部下との関係。
それぞれの年齢域も頭に入れて、読んでみてくださいね

戊午と胎

戊午が日柱にあり、ほかの柱に子がある場合は胎となります。
環境には恵まれず、敵対する人が周囲に多く集まるでしょう。感性に従うと勝利を手にすることができます。

戊午と養

戊午が日柱にあり、ほかの柱に丑がある場合は養となります。
好奇心はありますが、感情に揺れが多く、行動に一貫性がみられないでしょう。才能をうまく発揮できない可能性が高目です。

戊午と長生

戊午が日柱にあり、ほかの柱に寅がある場合は長生となります。
やる気をみせるとき、まるで投げやりな態度の場合と差が激しいでしょう。頭の回転の早さが逆に出て、粘れないようです。

戊午と沐浴

戊午が日柱にあり、ほかの柱に卯がある場合は沐浴となります。
個人活動を好むようになるでしょう。他人に任せると、かえってストレスを抱えてしまうようです。

戊午と冠帯

戊午が日柱にあり、ほかの柱に辰がある場合は冠帯となります。
アクセル全開で止まることを知りません。勢いがついてしまうと、大きな失敗をするまで気づかないことが多いでしょう。

戊午と建禄

戊午が日柱にあり、ほかの柱に巳がある場合は建禄となります。
感性と頭の回転の早さがマッチし、大きな成果が上げられるでしょう。とくにアーティスティックな分野では期待が高まります。

戊午と帝旺

戊午が日柱にあり、ほかの柱に午がある場合は帝旺となります。
外見は物静かですが、心にエネルギーを溜め込んでいるでしょう。盲目的に進み、周りの意見に耳を貸さない傾向がみられます。

戊午と衰

戊午が日柱にあり、ほかの柱に未がある場合は衰となります。
数々の経験、失敗を身に着け、土台となるしっかりした考えをもつでしょう。周囲よりも進んだ考えで行動していきます。

戊午と病

戊午が日柱にあり、ほかの柱に申がある場合は病となります。
公の仕事よりも、趣味の分野に力を注ぐでしょう。場合によっては、副業となり収入につながることもありそうです。

戊午と死

戊午が日柱にあり、ほかの柱が酉ある場合は死となります。
リスクがあっても、チャレンジしていくでしょう。その勇気によって、周囲を惹きつけていきます。芸術分野の才能が伸びる可能性が高目です。

戊午と墓

戊午が日柱にあり、ほかの柱に戌がある場合は墓となります。
周囲の意見には耳を傾けますが、芯となる部分は頑固に守り通すでしょう。温和にみえますが、かなりの頑固さをもちます。

戊午と絶

戊午が日柱にあり、ほかの柱に亥がある場合は絶となります。
ライバルが周りに多く存在するでしょう。ただ、結果的にはこの環境が力をつけることにつながります。

戊午の四柱推命の性格を知り、運勢を高めよう!

戊午を日柱にもつ人の2020年の運勢、性格、特徴に相性、人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
2020年は空亡の年ですから、運気はより複雑になっていくのが当然です。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

戊午の四柱推命まとめ

  • 60干支の中でも、個性と運が上位に位置する戊午ですから、今が苦しくても芯を崩さず粘っていきましょう。
  • 2020年は人間関係にトラブルが起こりやすい年です。敵対するよりも、温和な外見を活かし相手に花をもたせましょう。
  • 頑固さは2020年から来年にかけて抑えるべきです。情報を仕入れる、他人のやり方をまねることを意識し、土台作りの年にしましょう。
丙辰(ひのえたつ)の性格と特徴について解説!2020年の丙辰の運勢は?のイメージ
丙辰(ひのえたつ)の性格と特徴について解説!2020年の丙辰の運勢は?
丙辰(ひのえたつ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に丙辰生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。
丁巳(ひのとみ)の性格と特徴について解説!2020年の丁巳の運勢は?のイメージ
丁巳(ひのとみ)の性格と特徴について解説!2020年の丁巳の運勢は?
丁巳(ひのとみ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に丁巳生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。
四柱推命のイメージ
四柱推命
四柱推命は、東洋占術の代表格です。陰陽五行をもとに、運気から性格、才能を総合的に読み解くことができます。一見難しそうですが、意味を理解すればとても便利な占いだと言っていいでしょう。そんな四柱推命をうまく利用するために、まずは、基礎的な知識を覚えておきましょう。

関連記事

アクセスランキング