>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

第三の目(サードアイ)とは?開眼する方法や覚醒すると起こる変化について解説

第三の目(サードアイ)とは?開眼する方法や覚醒すると起こる変化について解説

第三の目(サードアイ)を信じている方はどの位いらっしゃるでしょうか。第一の目とも第二の目とも違う第三の目(サードアイ)。今回は、この第三の目を開眼する方法や覚醒したことで起こる変化について解説します。また、第三の目が開く前兆についても紹介します。

第三の目(サードアイ)とは?

第三の目は、別名サードアイと呼ばれています。第一の目や第二の目が、目や鼻、耳といった気管で外の世界を見たり聞いたりするのに対し、第三の目は自分の内側を見る目、内なる目として知られています。

第三の目は、自分の奥底にある心や本性、才能、また物事の本来の姿や真偽などを深く探求します。様々なことを悟り目覚めるためのツールとして第三の目が重要な役割を担っています。

第三の目が開眼することで、五感が研ぎ澄まさされるようになるので第一の目や第二も目だけでは読み解くことの出来ないスピリチュアルなことも感じ、様々なことを悟ることが出来るようになっていくのです。

第三の目(サードアイ)と松果体の関係

松果体は、8mmほどの大きさで脳の中央に位置している内分泌器のことをいいます。松ぼっくりの形をしており、太陽光を感じて日中はセロトニン、夜間はメラトニンというホルモンを分泌しています。

・セロトニン:気持ちを向上させたり幸福感などを感じさせたりしてくれるホルモン
・メラトニン:上質な睡眠をとるために必要なホルモン

松果体が正常に機能し、正常に分泌されることで、人間を含めた多くの生き物が1日24時間のリズムを崩すことなく生活することが出来ます。それは、精神面や肉体面を健やかさに保つことが出来るということを意味しており、精神と肉体を繋ぐ重要な働きを担う神秘的な働きをしているということに繋がるのです。

また、第三の目である第6チャクラの上にある第7チャクラ(クラウン・チャクラ)も、松果体と深い関わりがあります。クラウン・チャクラは、松果体が分泌しているメラトニンを促進する働きがあるとされているのです。そして、第三の目を経由してより深く自分の内面を悟るためのツールとして用いられます。第三の目と松果体、クラウン・チャクラは切っても切れない関係なのです。

第三の目(サードアイ)の覚醒で起こる変化とは?

第三の目(サードアイ)の覚醒で起こる変化とは?

第三の目が覚醒すると、精神面や肉体面において様々な変化を体感することになります。どのような変化が起こるのか、詳しく解説します。

精神面の変化

精神面の変化

まずは、第三の目が開くことによる精神面の変化をみていきます。

自己管理能力が高まる

自己管理能力とは、自分の気持ちや考え、時間や体調などを良い状態に保てるように管理する能力のことで、セルフコントロール力とともいわれています。

第三の目が覚醒すると、感情優位ではなく状況を冷静に判断することが出来るようになります。

例えば、自分に対して
・就寝前にお腹がすいても、食べずに我慢できるようになる
・失敗やクレームなど困ったことがあっても、状況を見て何をすべきか冷静に対応出来るようになる
・何に対してストレスやプレッシャーを感じているのか見極めることが出来るようになる
などといったことがあげられます。

また、他人に対しては
・怒りなどの感情をそのままぶつけるのではなく、落ち着いて向き合うことが出来るようになる
・納得いかないことがあっても、いったんは受け入れて、その後どうするか虚心坦懐に対応することが出来るようになる
などといった変化が現われます。

直感力が鋭くなる

第三の目が覚醒すると、直感力が鋭くなります。直感力は、第六感とも呼ばれたり、勘が働くという使い方をされたりします。なぜ、そう思ったのか明確な理由はないけれども、閃いたり感じたりすることを直感といいます。

この直感力が鋭くなることで、自分の身に起こる出来事を予感として感じ取ったり、離れている家族や友人のことを察知したりすることが出来るようになるのです。

好奇心が盛んになり探究心が強くなる

第三の目が覚醒すると五感が鋭くなり、これまで見落としてきた様々なことに気がつくようになったり、多くのことを知り学びたいと思うようになったりします。
変化の内容としては

・いつもの生活も見方を変えるだけで、楽しいものだと感じるようになる
・いつもなら落ち込んでしまうようなことも、第三者的立場になって冷静な判断をすることが出来、必要以上に落ち込むことが少なくなる
・必要以上に落ち込まず、前向きに物事を捉えることが出来るようになる
・何事に対しても、前向きに見ることが出来、他のことにも興味を持ったり行動したりする余裕ができる
ということがあげられます。

洞察力が鋭くなる

第三の目が覚醒すると洞察力、物事を深く鋭く見抜いたり見通したりする力が長けてきます。
洞察力が鋭くなると
・相手の些細な心の変化まで感じ取ること
・本音と建て前などを見極めること
などを察することが出来るようになります。
 

明晰夢を見るようになる

明晰夢とは、睡眠中に自分が見ている夢だと理解しながら見る夢のことをいいます。

明晰夢を見ることによって
・ただ夢を見ているだけでなく、自分が思った通りに夢の内容をコントロールすること
・自分で楽しい夢を作り上げること
・明晰夢から自分の精神状態や心の奥底にある願いや不安などを知る手がかりになること
などが出来るようになるとされています。
 

想像力が豊かになる

第三の目が覚醒すると想像力が豊かになり、これまで以上にインスピレーションが降りてくるようになります。アイデアのように過去の経験などから想像したり閃いたりすることでなく、天から情報が降りてくるような能力のことです。

そのため、常識に凝り固まったことではなく、自由で壮大なイマジネーションを抱くことが出来るようになるのです。

肉体面の変化

肉体面の変化

次に、肉体面の変化についてみていきましょう。

頭がぼーっとして体がだるくなったような状態になる

第三の目が覚醒すると、覚醒前とは体の中を流れていたエネルギーの流れ方が変わってきます。体内のエネルギーバランスが崩れることになりますから、頭がぼーっとしたり痛くなってしまったりと体の調子が悪くなったような状態になることもあります。

しかし、この状態がいつまでも続くわけではありません。いずれ、エネルギーのバランスも整います。体の中を流れるエネルギーのバランスが整えば、頭痛やぼーっとしてしまうようなことも少なくなっていくはずです。

五感が鋭くなる

第三の目と呼ばれている第六チャクラは五感をコントロールするチャクラとしても知られています。そのため、第三の目が覚醒すると、五感が鋭くなります。

鋭くなるといっても、視力が良くなるや鼻炎などの鼻の調子が良くなるということではなく、感じる力が研ぎ澄まされるということです。見えないものを感じる事が出来るようになったり、勘が働くようになったりするということを意味しているのです。

第三の目(サードアイ)の開眼には前兆がある

第三の目(サードアイ)の開眼には前兆がある

第三の目が開眼するときは、前兆があるとされています。そこで、第三の目が開眼する際の前兆を紹介します。

第三の目がある眉間辺りの違和感

第三の目がある眉間辺りの違和感

第三の目が開く前兆として、眉間辺りに違和感を感じることがあります。眉間は第三の目があるとされる場所です。その目が、今まさに開こうとしているため、むずがゆいような、なんともいえない感覚になるのです。

様々なことを敏感に感じるようになる

様々なことを敏感に感じるようになる

第三の目が開眼するということで、五感も鋭くなりつつあります。そのため、様々なことを敏感に感じるようになるのです。例えば目を閉じているのに、光が見えるようになったり、予知夢やデジャブのような体験をするようになったりということです。

これまでの感覚よりも繊細に物事を感じる事が出来るようになってきているので、人の思いを受け取ってしまい体調が優れなくなるということもあるようです。

第三の目(サードアイ)を開眼させる方法は?

第三の目(サードアイ)を開眼させる方法は?

それでは、第三の目を開眼させる方法についてみていくことにしましょう。

瞑想

瞑想

瞑想をして、心が無になる状態を保つことが出来るようになることも、第三の目を開く方法のひとつです。

瞑想は、目を閉じれば良いというものではありません。目を閉じると、様々な思いや考えが浮かんできます。そのざわざわとした状態から、無の状態に気持ちを持っていき、自分と向かい合うことで脳を働きを活発にさせることが出来るのです。

アファメーション

アファメーション

アファメーションとは、自分に対して肯定的宣言をすることによって、自身の力を最大限に発揮出来るようにする方法のことです。

そのため「私はやれば出来る」や「私の能力は無限大」、「私には素晴らしい価値がある」など、自分を肯定するようなポジティブな発言をすることが、自分の力を最大限に発揮して第三の目を覚醒させることに繋がっていくのです。

オーガニックの食べ物を摂る

オーガニックの食べ物を摂る

第三の目を覚醒させ、その働きを維持するためには、オーガニックの食事が良いとされています。添加物や農薬が掛けられた食材には、第三の目の能力が衰えてしまうためといわれています。

第三の目と関わりが深い松果体を石灰化させる食材ではなく、活性化させる栄養の含まれた食材を摂り入れることも大切です。

アロマオイルを使用する

アロマオイルを使用する

第三の目を開眼させるのには、アロマオイルを使用する方法もあります。第三の目と相性の良い香りは、フランキンセンスやレモングラス、ローズマリー、パチュリなどで頭や体をスッキリさせたり、心身の活性化を図ってくれる働きがあるとされています。

頭に雑念がなく澄み切っている状態や、心身が活性化されている状態は、自分と向き合い易くなるため意識を第三の目に集中しやすくなるのです。

アロマオイルを肌に使用する際は、希釈濃度が決められていますので定められた量に薄めて使用してください。第三の目があるとされている額に塗布したり、香りを嗅いだりすることで第三の目を開眼しやすくなるとされています。

パワーストーンを利用する

パワーストーンを利用する

第三の目を開眼させるために活躍してくれるのが、パワーストーンです。パワーストーンには、様々な効果があるとされています。第三の目の開眼に大きな力を発揮するるのが、天然石のアメジストやサファイヤ、フローライトなどのパワーストーンとなります。

これらのパワーストーンは、イマジネーションや洞察力など様々な能力を高めるサポートをしてくれます。そのため、第三の目を開くためにはパワーストーンの力も大切なのです。

第三の目(サードアイ)を開眼させて変化を実感してみよう

第三の目(サードアイ)を開眼させて変化を実感してみよう

第三の目を開眼させることで、今まで体感してきたこととは違う感じ方をすることになるでしょう。様々な角度から物事を捉えることが出来るようになったり、本質を見抜く力が養われたりと、第三の目が開眼することによって経験する多くのことが自分を成長させてくれます。ぜひ第三の目を開眼させて、どのような変化が訪れるのか実感していただけたらと思います。

第三の目(サードアイ)を開眼させる方法と覚醒後の変化のまとめ

  • 第三の目はサードアイとも呼ばれ、第六チャクラのことをいう
  • 第三の目は松果体と深い関係がある
  • 第三の目が覚醒すると精神面や肉体面で様々な変化を感じる
  • 第三の目が開眼するときには前兆がある

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計2人評価)

関連記事

アクセスランキング