>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

チャクラについて知ろう。7つのチャクラの意味や働きについて解説します

チャクラについて知ろう。7つのチャクラの意味や働きについて解説します

「チャクラ」とは一体どんなものなのでしょうか。気になる「チャクラ」の意味や定義などについてまとめました。主な7つのチャクラの意味や働きを知って、チャクラについて学んでいきましょう。また、チャクラを活性化させる方法や、メリットについてもご紹介します。

チャクラとは?意味・定義

チャクラ」とは「エネルギーの出入り口」です。

「チャクラ」とは、古代インドのアーリア語の一種であるサンスクリット語です。意味としては「円」や「円盤」、「車輪」など、回転するものを表現しています。

ヒンドゥー教の聖典であるタントラに登場したり、ヨガの一派であるハタ・ヨーガや、仏教後期の密教に登場するなど幅広く知られた概念です。このチャクラとは人間の頭や胸、腹などの場所に存在すると言われています。

7つのチャクラの特徴、意味、働き

7つのチャクラの特徴、意味、働き

チャクラは小さなものを含めると数万存在します。ですが、その中でも主要なチャクラは7つと言われており、第1チャクラから第7チャクラと呼ばれています。特徴や意味、存在する場所、働きなどをまとめました。

第1チャクラ「ルートチャクラ」

第1チャクラ「ルートチャクラ」

第1チャクラは赤色をしており、場所は尾てい骨です。第1チャクラは現実を生き抜く力など、生命力を意味しています。

主にルートチャクラという名前で呼ばれますが、ムーラダーラやベースチャクラと呼ばれている場合もあります。

生命力に強く結びついているため、火事場のバカ力のようにピンチの際に強い力を発揮します。また、第1チャクラは地面と繋がっているため、地球からのエネルギーをしっかりと受けることができます。

第2チャクラ「セクラルチャクラ」

第2チャクラはオレンジ色をしており、場所はへそから少し下の位置です。第2チャクラは創造する力や、自立心、性を意味しています。スヴァディスターナという名前で呼ばれることもあります。

前世や今世で虐待やつらい経験がある、この第2チャクラが閉じてしまっている可能性があります。そのため、自立心が育っていなかったり、異性との関係がうまくいかないことがあります。

第3チャクラ「ソーラープレクサスチャクラ」

第3チャクラは黄色をしており、みぞおちに存在します。第3チャクラは活力や、自信を意味しています。マニプーラという名前で呼ばれる場合もあります。

このチャクラは肉体と精神のバランスを保っています。そのため、このチャクラが閉じてしまっていると、体調が悪くなるなど体の不調が続くようになります。特に、胃や腎臓、背中などに不調が現れると言われています。

第4チャクラ「ハートチャクラ」

第4チャクラ「ハートチャクラ」

第4チャクラは緑色をしており、胸の中央に存在します。第4チャクラは愛や感情を意味しています。

ハートチャクラの他に、アナハータと呼ばれる場合もあります。

このチャクラは自分を含め、多くの人を愛するための能力です。そのため、第4チャクラが閉じてしまっていると自分や他人を愛することが出来なくなってしまいます。また、人を愛せないだけではなく、人からの愛を受け取ることもできません。

第5チャクラ「スロートチャクラ」

第5チャクラは青色をしており、喉元に存在します。第5チャクラは表現力やコミュニケーション能力を意味しており、ヴィシュッダという名前を使う場合もあります。

このチャクラは霊界からのメッセージを受け取ることが出来ます。このチャクラが閉じてしまっていると身体と精神共に不調をきたします。体調面では首や喉の痛みや頭痛に見舞われることがあります。

また、精神面では、周りからの意見を聞き入れず、周りの人とコミュニケーションが取れなかったり、霊界からのメッセージを受け取れなかったりします。

第6チャクラ「サードアイチャクラ」

第6チャクラは藍色をしており、眉の上に存在します。第6チャクラは第三の目とも言われ、直感力や霊感を意味しています。サードアイチャクラ以外に、アージュニャやブラウチャクラなどの名前も存在します。
 

第6チャクラはチャクラ全体の中枢的な役割を担っており、開くことで物事の本質を見抜けるようになります。

第7チャクラ「クラウンチャクラ」

第7チャクラ「クラウンチャクラ」

第7チャクラは紫色をしており、頭のてっぺんに存在します。第7チャクラは人生の目的を意味しています。サハスラーラと呼ばれることもあり、チャクラの中で唯一身体の外に存在します。


このチャクラは現実の世界とは繋がっておらず、宇宙と直結しています。そのため、守護霊や天使などからのメッセージをダイレクトに受け取ることができ、他のチャクラに伝達する役割を持っています。

チャクラを活性化させる方法

チャクラを活性化させる方法

チャクラを活性化させる方法にはいくつかありますが、今回は簡単に出来る瞑想とヨガをご紹介します。

瞑想

瞑想

​​​​​​チャクラを活性化させる方法で、最も簡単なものは瞑想してイメージを膨らませる方法です。

  1. 肩の力を抜いて目を閉じる。
  2. 自分の好きな世界や雰囲気をイメージする。
  3. 好きなエネルギーを第1チャクラから順に入れていきます。
  4. 第1チャクラから順に色を頭に思い浮かべながら光らせていくイメージをする。
このように瞑想をしていくことで、チャクラを活性化させることができます。

ヨガ

ヨガ

ヨガはエネルギーを取り入れるのに効果的で、チャクラを活性化させることができます。

ヨガでは「クンバカ」と呼ばれる呼吸法をうまく行うことで、チャクラを活性化させる効果があります。

クンバカの基本は「息を吸う」、「息を止める」、「息を吐く」この3つです。

この3つは1:4:2の比率で行うのがベストです。例としては息を5秒間吸い、20秒間息を止め、10秒間で息を吐くという要領です。この一連の作業を1セットとし、5セット以上やるようにしましょう。

チャクラを活性化させるメリットとは?

チャクラを活性化させるメリットとは?

チャクラを活性化させることでさまざまなメリットが発生します。

チャクラ メリット
1 安定性、バイタリティ
2 創造力アップ、情熱的
3 能力の活用
4 愛情、高次元との統合
5 表現力アップ、会話能力アップ
6 直感力アップ
7 スピリチュアル能力の開花

チャクラを活性化させて自分の力を最大限に生かしましょう。

チャクラの意味や定義、7つのチャクラの働きのまとめ

  • チャクラ」は「エネルギーの出入り口
  • チャクラは主に7つの種類がある
  • 活性化するには瞑想やヨガが効果的

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

関連記事

アクセスランキング