>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

モスマン(蛾人間)の正体とは?謎のUMAが起こした目撃証言や事件もまとめて紹介

モスマン(蛾人間)の正体とは?謎のUMAが起こした目撃証言や事件もまとめて紹介

アメリカ全土を震撼させた蛾人間「モスマン」。モスマンはただのUMAではなく、世間を驚かせ恐怖を与えてきました。その正体は一体何者なのでしょうか?なぜ蛾人間と呼ばれるのでしょうか?この記事では謎に包まれたモスマンの情報を紹介していきます。

モスマン(蛾人間)とは

魔物が現れそうな不気味な森

モスマンとは一体何者なのでしょうか。

モスマン(蛾人間)とは、1960年代に発見されたUMA(未確認動物)または都市伝説です。
その正体は謎に包まれており、目撃情報が多いにもかかわらず、発見から約60年経過しても未だ解明されておりません。
モスマンは、UMA系の都市伝説でビッグフットやネッシーと並ぶ有名な存在です。
モスマンが引き起こしたと言われているシルバーブリッジ事件や目撃情報から、モスマンの正体と真実を追及していきます。

モスマン(蛾人間)の特徴や外見

薄暗い先に待ち構えるその正体とは?

謎に包まれるモスマン、わかっているのは恐ろしい姿をしているという事だけです。

モスマンの特徴や外見はどういったものなのでしょうか?都市伝説や目撃情報を頼りに特徴を並べました。

  • 体長2メートル以上で全身がグレーの体毛に覆われている
  • 体より大きな翼が生えており、爛々と輝く赤い目をしている
  • 念動力や呪いを使うことができ、巨大な釣り橋「シルバーブリッジ」をも崩落させた
以上が都市伝説にある一般的な情報ですが想像するだけで恐ろしい外見です。
シルバーブリッジ事件を起こした張本人と言われていたのも納得の恐ろしさを持っています。

 

モスマン(蛾人間)が初めて目撃されたのは?

満点の星空と恐ろしい森

モスマンと同時に発見されるUFOとの関連性とは?

モスマン(蛾人間)が初めて目撃されたのは、1966年11月2日、ウェストバージニア州ポイント・プレザントのTNTエリア(火薬工場跡地)にある古い発電所付近でした。それ以降、1966年から1967年にかけてモスマンの目撃情報は一気に増えます。この年はちょうど世界各地でUFOやUMAの発見が多発した時期でもありました。
次の章ではモスマン(蛾人間)の目撃証言をご紹介します。

モスマン(蛾人間)の目撃証言

森を駆け抜ける一台の車

モスマン伝説はアメリカのウェストバージニア州から始まりました。

モスマン(蛾人間)の目撃証言を時系列順に4つご紹介します。

  1. 1966年11月2日、ウェストバージニア州ポイント・プレザントのTNTエリア(火薬工場跡地)にある古い発電所付近の茂みに、全身灰色で頭部らしきところに赤い目を持ち、大きな翼で地面すれすれを移動しているUMAが地元住民女性に目撃されています。
  2. 1966年11月12日、ウェストバージニア州レンデニンの墓地で5人の男性が「大きな鳥」または「大きなムササビ」のようなUMAと遭遇します。
  3. 1966年11月15日、ウェストバージニア州ポイント・プレザントのTNTエリアの道路脇に体長2メートルくらいで赤いギラギラした目をしたUMAが立っているのを車で移動中の2組の夫婦が目撃します。UMAは足を引きずるように立ち去っていきましたが、62号線に入ったところで「キーキー」という鳴き声を上げ、車を追うように先ほどのUMAが翼を広げて飛んできました。2組の夫婦はそのUMAのことを「人の姿をした蛾のようだった」と証言しています。
  4. 1967年5月19日、ウェストバージニア州ポイント・プレザントのTNTエリア付近を車で走行中の男性が、地元で目撃証言が絶えない風貌のUMAがUFOに吸い込まれるように格納されていくのを見たと証言しています。
UMAの多くは目撃情報だけが多いのですが、モスマンの様に接近してくるタイプは珍しいのではないのでしょうか。

モスマン(蛾人間)が関係?「シルバーブリッジ」崩落事件とは

夕日で不気味に照らされる鉄の橋

モスマンは呪いを使い、橋を落としたといわれます。

始めに、シルバーブリッジ事件というのはどういった事件なのかを説明します。
シルバーブリッジ事件は、オハイオ州とウェストバージニア州を繋ぐ橋が崩落した事件です。
事件は1967年12月15日、前触れもなく橋の片側が落ちその場にいた人間が川に放り投げられました。
渋滞で身動きの取れない車は多く、車両31台・負傷者18名・死者44名と行方不明者が2名の大参事でした。
そしてシルバーブリッジ事件当日に撮影された写真にモスマンが写っていたという情報が出回ります。吊り橋頂上にモスマンらしき影が映っていることから「モスマンの呪い」と言われましたが、写真は全く別の橋のものだったと判明し、デマだという事が明らかになりました。
これは相次ぐモスマンの目撃情報と、前触れなく起こった橋の崩落事件による惨事で人々は恐怖から関連付けて考えたことから派生したデマだったのです。

DATSUさん

DATSUさん

モスマンの事件を題材にした映画の関係者80名に不幸な出来事や怪死が訪れたことをご存知ですか?

プロフェシー [DVD]

参考価格: 2,149円

出典: Amazon
Amazon2,149円

謎のUMA「モスマン(蛾人間)」の正体とは

驚く人々

モスマンの正体は未だ誰もわかりません。

結局のところ、謎のUMA「モスマン(蛾人間)」の正体とは何なのでしょう。
モスマンの特徴から、一説にはUMAではなく鷲や鷹と同じ「猛禽類」なのではないかと言われます。
また、「実はエイリアンじゃないか?」という説も有力です。
モスマンが現れるとUFOの目撃情報も増える事から、モスマンはエイリアンやUFOと関係のある生物だという見解があるのです。
「エイリアン説」と猛禽類をはじめとする「動物説」をご紹介します。

エイリアン説

宇宙人が住んでいそうな高度な文明都市

モスマンは遠い星からやってきた宇宙人なのか?

まずは「エイリアン説」を見ていきましょう。モスマンについて多くの目撃情報から、その外見は蛾と人間を合わせた風貌のため、そもそも地球外生命体ではないのか?という見解も多いのです。
その理由は動物としてあまりにも不可思議な現象が多いからです。

  • これだけ目撃例が多いのに一切証拠が残らない謎、大柄にも関わらず体毛や足跡も見つからない。
  • UFOの目撃例が多い場所では比例する様にモスマン目撃例が増える。
  • UFOに格納されたという目撃情報後、モスマンの目撃情報が激減した。
結果、モスマンそのものがエイリアン、またはエイリアンが使役している兵器がモスマン、またはモスマンはエイリアンのペットだという見解が残されました。

動物説

こちらを睨みつける鷹

モスマンは鷹や鷲と同じ猛禽類ではないのか。

次に「動物説」を見ていきましょう。モスマンの目撃情報の中には度々「鳥の見間違いではないのか?」と言われているものもあります。
特に鷹・鷲・フクロウ・ミミズクなどの比較的大型で翼も体長よりも大きな猛禽類ではないかと言われています。
モスマンと猛禽類は、全身を覆うような大きな翼、滑空しながら車に追いつくスピードで飛ぶという類似点もあります。
目撃情報の多いウェストバージニア州は多様な動物が住む自然保護区が複数あります。
巨大なフクロウを夜間にモスマンと見間違えたなんて事があってもおかしくないのです。

DATSUさん

DATSUさん

関連記事では都市伝説では有名な「きさらぎ駅」を紹介します。ぜひご覧下さいね。

モスマン(蛾人間)のまとめ

  • モスマンは1966年から1967年の間に目撃情報が相次いだUMAです。
  • モスマンが引き起こしたと言われるシルバーブリッジ事件の惨劇は橋の老朽化が原因でした。
  • モスマンの正体は未だ不明、一説には猛禽類との見間違い、または宇宙人との繋がりがある生物ではないかと言われています。

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 4.5 / 5(合計1人評価)

関連記事