戊辰(つちのえたつ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の戊辰の運勢

戊辰(つちのえたつ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の戊辰の運勢

戊辰(つちのえたつ)の2020年の運勢を、男女別の性格も含め、四柱推命で解説していきます。各柱に出た場合や十二運についても触れていきます。四柱推命の入門編のような形になっているので、戊辰を日柱にもつ人だけでなく、友人、恋人、家族にいる場合は気軽に体験してみてください。

コンテンツ [表示]

  1. 1戊辰(つちのえたつ・ぼしん)の特徴とは?
  2. 1.1戊辰の女性の性格
  3. 1.2戊辰の男性の性格
  4. 2戊辰の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1戊辰を年柱にもつ人
  6. 2.2戊辰を月柱にもつ人
  7. 2.3戊辰を日柱にもつ人
  8. 2.4戊辰を時柱にもつ人
  9. 3戊辰と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 戊辰
  11. 3.2養× 戊辰
  12. 3.3長生× 戊辰
  13. 3.4沐浴× 戊辰
  14. 3.5冠帯× 戊辰
  15. 3.6建禄× 戊辰
  16. 3.7帝旺× 戊辰
  17. 3.8衰× 戊辰
  18. 3.9病× 戊辰
  19. 3.10死× 戊辰
  20. 3.11墓× 戊辰
  21. 3.12絶× 戊辰
  22. 4戊辰の2020年の運勢は?
  23. 5戊辰の相性 
  24. 5.1戊辰の良い相性
  25. 5.2戊辰の悪い相性
  26. 6まとめ

戊辰の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)

では次に戊辰が、それぞれの柱に出ている場合を説明していきます。
年柱は、幼いころの性格
月柱は、成人後から社会人になってからの性格
日柱は、一生を通じて変わらない部分。
時柱は、晩年の過ごし方

全体にも影響を与えますが、とくに柱の意味が強調されます。

戊辰を年柱にもつ人

年柱に戊辰をもつ人の幼年期は、行儀の良さを感じさせるでしょう。特別な行動ではなく、歩き方や食事の仕方など日頃の行いに品を漂わせます。若いときは、目上から厳しくされることもあるでしょう。ただし、自分に対しての言葉は受け止めますが、親しい人への苦言を聞いた場合は、相手の立場に関係なく言い返す正義感をもっています。

戊辰を月柱にもつ人

月柱に戊辰をもつ人の青年、壮年期は、マイペースに過ごせる環境でこそ力を発揮するでしょう。協調性には欠けるため、大きな組織ではトラブルメーカーになってしまうことがあります。逆に単独作業の多い場所で社会参加した場合は、能力を開花させていきます。女性の場合は、専業主婦よりも仕事をもっていた方が、バランスは取れるでしょう。

戊辰を日柱にもつ人

日柱に戊辰をもつ人が生涯失わない特徴は、言葉数は少なくても説得力をもつところでしょう。一度決めると、どんな大胆な行動も厭わず、普段の穏やかさを忘れさせるほど印象を変えます。逆境に置かれるほど燃えるタイプで、勝負強さをみせるでしょう。
 

戊辰を時柱にもつ人

時柱に戊辰をもつ人の晩年は、年齢とともに駆け引きがうまくなり、周りを自分のペースに引き込んでいくでしょう。周囲には気づかせず、自分の手のひらで踊らせることができます。良くも悪くも、黒幕のような存在になり影響力をもつでしょう。

次のページ

戊辰と十二運星の組み合わせ

関連記事

アクセスランキング