庚午(かのえうま)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の庚午の運勢

庚午(かのえうま)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の庚午の運勢

庚午(かのえうま)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女別の性格、相性も加えて解説していきます。また、性質や人間関係にも絡む十二運にも触れていますから、運気の流れをつかめるはずです。庚午の日に生まれた人は、とくに参考にしてみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1庚午(かのえうま)の特徴とは?
  2. 1.1庚午の女性の性格
  3. 1.2庚午の男性の性格
  4. 2庚午の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1庚午を年柱にもつ人
  6. 2.2庚午を月柱にもつ人
  7. 2.3庚午を日柱にもつ人
  8. 2.4庚午を時柱にもつ人
  9. 3庚午と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 庚午
  11. 3.2養× 庚午
  12. 3.3長生× 庚午
  13. 3.4沐浴× 庚午
  14. 3.5冠帯× 庚午
  15. 3.6建禄× 庚午
  16. 3.7帝旺× 庚午
  17. 3.8衰× 庚午
  18. 3.9病× 庚午
  19. 3.10死× 庚午
  20. 3.11墓× 庚午
  21. 3.12絶× 庚午
  22. 4庚午の2020年の運勢は?
  23. 5庚午の相性 
  24. 5.1庚午の良い相性
  25. 5.2庚午の悪い相性
  26. 6まとめ

庚午の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

それでは日柱に庚午をもつ人の、2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、年明けは2020年の場合2月3日の節分のあとです。
運勢も、そこから変わり始めると思って読んでください。

2020年の干支は庚子となります。庚午を日柱にもつ人にとっては、死の年です。

大きなチャレンジをするよりも、準備に向かった方が良さそうです。運気の後押しがなくなり、通常もっている意志の強さも失われ、繊細さが上回ってしまうでしょう。寂しさから、人を見る目も曇りがちです。とくに恋愛面では、悪い縁を引き寄せやすいので注意した方がいいでしょう。

また、チャンスが巡ってきたと思っても、挑戦してみると考えとのズレを感じることが多いでしょう。当然ですが、結果は良いものとなる可能性は低めです。この時期は、観察することに力を入れるべきです。弱気になっていることが逆に、普段の頑固さを緩めているため素直に受け入れられるでしょう。違う考え、行動の仕方を学ぶ姿勢でいれば、実りを得ることができます。

庚午の相性 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後に、日柱に庚午をもつ人の相性を見ていくことにしましょう。
2020年は、人を見る目が曇りがちです。
そのため、悪い縁の方に近づく傾向があります。
相性の良し悪しと惹かれ合う心は、別物だと考えておきましょう。

庚午の良い相性

庚午と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

もっとも相性が良いのは乙未、ホッとしたいのであれば己未です。
乙丑の人は、わがままを聞いてくれる相手なので、運気の弱いときにはいいでしょう。
ほかには戊辰、己巳、乙亥、乙巳、丁未、戊申、己酉が良さそうです。
 

庚午の悪い相性

庚午と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

とくに悪縁なのは、甲子、丙子の人です。
運の勢いがないときほど、縁ができやすいので注意しましょう。
ほかにも甲申、丁亥、丙申、丁酉、甲辰、丙辰、丁巳は、2020年には近づかない方が無難です。
 

まとめ

庚午を日柱にもつ人の2020年の運勢性格、特徴に人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後まで読んでいただきありがとうございました。
運の勢いがないときは、攻めよりも守りが大事になります。
また自分の短所を修正するなど、学びの多い年となるので、ここをうまく乗り越えることが将来のステップアップにつながっていくのです。
 

関連記事

free-tarot
ryutai-moji
moon-callender

アクセスランキング