丁丑(ひのとうし)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丁丑の運勢

丁丑(ひのとうし)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丁丑の運勢

丁丑(ひのとうし)の2020年の運勢を、四柱推命で解き明かしていきます。加えて、男女別の性格や特性、相性それに十二運の解説付きです。自分自身はもちろん、恋人や友人、パートナーなど身近に丁丑の日生まれのいる人は、参考やアドバイスとして頭の中に入れておきましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1丁丑(ひのとうし)の特徴とは?
  2. 1.1丁丑の女性の性格
  3. 1.2丁丑の男性の性格
  4. 2丁丑の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1丁丑を年柱にもつ人
  6. 2.2丁丑を月柱にもつ人
  7. 2.3丁丑を日柱にもつ人
  8. 2.4丁丑を時柱にもつ人
  9. 3丁丑と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 丁丑
  11. 3.2養× 丁丑
  12. 3.3長生× 丁丑
  13. 3.4沐浴× 丁丑
  14. 3.5冠帯× 丁丑
  15. 3.6建禄× 丁丑
  16. 3.7帝旺× 丁丑
  17. 3.8衰× 丁丑
  18. 3.9病× 丁丑
  19. 3.10死× 丁丑
  20. 3.11墓× 丁丑
  21. 3.12絶× 丁丑
  22. 4丁丑の2020年の運勢は?
  23. 5丁丑の相性 
  24. 5.1丁丑の良い相性
  25. 5.2丁丑の悪い相性
  26. 6まとめ

丁丑の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

日柱に丁丑をもつ人の、2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、年明けは2020年の場合2月3日の節分のあとです。
運勢も、そこから変わり始めると思って読んでください。

2020年の干支は庚子となります。を日柱にもつ人にとっては絶の年です。


本来、絶の年というのはあまり良い運気とはいえません。これまでの実績が無になる時期で、自力で突破することが難しくなります。しかし、丁丑の場合は、本質的にパワーがなく自力で道を切り開くよりも、周囲の影響によって成功を手にするタイプです。流れに抵抗なく乗り、無駄な力を使わず周りを観察しつつ、うまく世の中を渡っていきます。他力本願な性質が良い方へ働いていくでしょう。

ただし、異性関係に関しては流れのままだとトラブルを起こしてしまいます。仕事面などでは、人頼みでも大きな問題となりませんが、恋愛、結婚問題に関しては、軽はずみな行動を控えるだけでなく、決断も先送りにした方が良さそうです。

 

丁丑の相性 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

丁丑を日柱にをもつ人の相性を見ていくことにしましょう。

2020年は、物事が終わりを迎える傾向があります。
それと同時に、一時的な付き合いや成果が生まれやすいともいえるでしょう。
絶の年は、人間関係においては悪運を惹きつけやすいところもあるので、相性への比重も高くなります。
 

丁丑の良い相性

丁丑と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

甲子、己巳、壬申、丙子、戊子、癸巳、庚子、壬寅、辛酉です。
とくに相性が良いのは、壬子と乙酉でしょう。
乙酉とは、トラブルがあってもお互い助け合い、乗り越えていくことができます。
 

丁丑の悪い相性

丁丑と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。


戊辰、庚午、甲戌、庚辰、丙戌、庚寅、辛卯、甲午、戊戌、癸卯、庚戌、庚申です。
とくに、相性が悪いのは、辛未と癸未でしょう。
いいたいことが言葉にできないなど、ストレスを感じる関係となりそうです。
 

まとめ

丁丑を日柱にもつ人の2020年の運気、性格や相性を解説してきましたがいかがでしたか?

あくまでも入り口ではありますが、自分や友人、恋人がどんな人なのかのヒントとすることは出来るでしょう。難しいと思わずに、奥深い占術である四柱推命に触れてみてください。

丁丑を日柱にもつ人の2020年の運勢性格、特徴に人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後まで読んでいただきありがとうございました。
2020年の丁丑は、流れのままに過ごせば大きなトラブルにはならないでしょう。
ただし、恋愛面だけは慎重さをもつ必要がありそうです。
ムードに負けたりしないよう、意思をしっかりもちましょう。

関連記事

アクセスランキング