丁丑(ひのとうし)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丁丑の運勢

丁丑(ひのとうし)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丁丑の運勢

丁丑(ひのとうし)の2020年の運勢を、四柱推命で解き明かしていきます。加えて、男女別の性格や特性、相性それに十二運の解説付きです。自分自身はもちろん、恋人や友人、パートナーなど身近に丁丑の日生まれのいる人は、参考やアドバイスとして頭の中に入れておきましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1丁丑(ひのとうし)の特徴とは?
  2. 1.1丁丑の女性の性格
  3. 1.2丁丑の男性の性格
  4. 2丁丑の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1丁丑を年柱にもつ人
  6. 2.2丁丑を月柱にもつ人
  7. 2.3丁丑を日柱にもつ人
  8. 2.4丁丑を時柱にもつ人
  9. 3丁丑と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 丁丑
  11. 3.2養× 丁丑
  12. 3.3長生× 丁丑
  13. 3.4沐浴× 丁丑
  14. 3.5冠帯× 丁丑
  15. 3.6建禄× 丁丑
  16. 3.7帝旺× 丁丑
  17. 3.8衰× 丁丑
  18. 3.9病× 丁丑
  19. 3.10死× 丁丑
  20. 3.11墓× 丁丑
  21. 3.12絶× 丁丑
  22. 4丁丑の2020年の運勢は?
  23. 5丁丑の相性 
  24. 5.1丁丑の良い相性
  25. 5.2丁丑の悪い相性
  26. 6まとめ

丁丑と十二運星の組み合わせ

四柱推命で運気を見る場合、十二運も重要な要素となります。
日柱の丁丑を中心にほかの柱との組合せで現れる十二運をみていきましょう。

  • 年柱は、親や上司など目上の人との関係
  • 月柱は、仕事運や結婚運、家庭運と他者との関わり
  • 時柱は、目下や子供、部下との関係
それぞれの年齢域も頭に入れて、読んでみてくださいね

胎× 丁丑

ほかの柱にがある場合は胎となります。
短期間ではあるものの、成功を手にするでしょう。わずかなチャンスをものにできる傾向が見られます。

養× 丁丑

ほかの柱にがある場合は養となります。
知性がブレーキとして、働いてしまうでしょう。慎重さが勝ってしまい行動への恐怖感をもつことで、形にするのは難しそうです。

 

長生× 丁丑

ほかの柱にがある場合は長生となります。
スタートダッシュでいいところまでいっても、スタミナ切れで尻すぼみになりがちです。出足の勢いをどこまで保てるかによって、結果は変わってくるでしょう。

 

沐浴× 丁丑

ほかの柱に申がある場合は沐浴となります。
人望を集めることができそうです。ただし、純粋な気持ちで寄ってきているのではないため、にぎやかな割には孤独感を味わってしまうでしょう。

 

冠帯× 丁丑

建禄× 丁丑

ほかの柱にがある場合は建禄となります。
本来は芸術家肌ですが、商業ベースに乗ることで現実的、精神的に安定するでしょう。自力はないので、流れに乗った方が結果は良さそうです。

 

帝旺× 丁丑

ほかの柱にがある場合は帝旺となります。
 知性と行動力が合わさり、順調に物事が運びやすいときです。トラブルはあっても、器用に乗り切ることができるでしょう。

 

衰× 丁丑

ほかの柱に辰がある場合は衰となります。
本来欠点である、内面にある感情の波が良い働きを見せる珍しいときです。

偶然見つけたチャンスにより、世に出るきっかけをつかめるでしょう。
 

病× 丁丑

ほかの柱にがある場合は病となります。
運気は低めですが、比較的安定した日々を送れそうです。周りからは才能を無駄にしているようにみえますが、自身にとっては大切な休養の時期だといえるでしょう。 

 

死× 丁丑

ほかの柱寅ある場合は死となります。
おとなしくみえるのは、周りをしっかり観察しているからです。その能力を活かして危機を回避することができるでしょう。

墓× 丁丑

ほかの柱にがある場合は墓となります。
自己主張はしませんが、マイペースさに拍車がかかり周囲を知らないうちに振り回してしまいそうです。隠し持っていた頑固さが表に出やすいでしょう。

 

絶× 丁丑

ほかの柱にがある場合は絶となります。
他人の影響を受けやすく、環境も変化していくようです。ただし、本質的に受け身な性格によって、抵抗なく流れに乗り成果を上げることができるでしょう。

 

次のページ

丁丑の2020年の運勢は?

関連記事

アクセスランキング