喪中の初詣はだめ?いつまでなのか?【神社・お寺】

喪中の初詣はだめ?いつまでなのか?【神社・お寺】

身内が亡くなると、親族はその人の死を悼み喪に服します。この期間を喪中といい、通常お祝い事は避けて過ごすとされています。では、喪中に初詣は行ってはいけないのでしょうか。ここでは、喪中の初詣について、また初詣以外のお正月のマナーについても紹介しています。

忌中の期間はいつまで?初詣に行って良いのはいつから?

初詣に行く男女

初詣に行って良いのはいつから?

喪中が1年というのは多くの方に認識されている事ですが、忌中の期間がいつまでかを知らない方は多いのではないでしょうか?

では、忌中はいつまでなのか、またいつからなら初詣に行っても構わないのかも併せて見ていきましょう。

忌中の期間

数珠

忌中の期間は、仏教では49日まで神道では50日祭まで

忌中の期間は、仏教では49日の法要まで、神道では50日祭までとされています。

「服忌令」のあった時代には、忌中の期間は故人との関係により以下のように決められていました。

・父母・・・50日
・嫡子・・・20日
・祖父母・・30日
・曽祖父母・20日
・兄弟姉妹・20日
・夫/妻・・30日/20日

しかし「服忌令」廃止後は、一律に仏教では49日の法要まで、神道では50日祭までとなっています。ただし、地域や宗派などにより規則や取り決めがありますので、その場合は決められた規則や取り決めに倣(なら)いましょう。

 

お寺での初詣は問題ない?

お経を唱えるお坊さん

忌中でもお寺なら初詣に行っても問題ない

前述の通り、忌中は神社に初詣に行ってはいけません。

しかし、仏教では死は穢れているという考えはなく、参拝は故人やご先祖様への供養と挨拶と捉えているため、お寺へは喪中や忌中であっても初詣に行くことができます。

注意が必要なのは神社の場合です。
忌中に初詣に行くのはNG、忌が明けたらOKと覚えておきましょう。


 

侘び寂び(わびさび)の意味とは?簡単に解説します!
侘び寂び(わびさび)とは日本人特有の趣のある日本人の心や趣きを意味します。この記事では侘び寂び(わびさび)の意味や「わび」と「さび」の違いについて説明しています。また、侘び寂び(わびさび)の世界や、侘び寂び(わささび)の英語表現も紹介します。

喪中は初詣に行かない選択もあり

神社の鳥居

喪中は初詣に行かない選択もあり

喪中でも時と場所を選べば、初詣に行けることがお分かりいただけたでしょう。
とはいえ、身内を亡くした悲しみの中にいては、初詣に行く気もなかなか起きませんよね。

しかし実は、初詣の期間に決まりはなく、年内中いつ行っても構いません。

ですから、喪が明けて、故人の死の悲しみから立ち直り気持ちの整理がついたら、落ち着いた気持ちでゆっくりと参拝に行きましょう。

 

初詣以外の「喪中」と「忌中」のマナーは?

喪中を知らせるハガキ

初詣以外の「喪中」と「忌中」のマナーは?

ここまで、喪中と忌中の初詣に関するお話をしてきましたが、お正月は初詣以外にもさまざまな慣例行事がありますから、その他のマナーも気になるところですよね。

そこで、次は初詣以外の「喪中」と「忌中」のマナーについて紹介していきましょう。

正月のおみくじ

おみくじ

喪中や忌中におみくじを引いてもいいの?

お正月に神社やお寺に行っておみくじを引き、その年の運勢を見るのも楽しみの一つですよね。
では、喪中や忌中の時はおみくじはダメでしょうか。

答えは、おみくじは引いてOKです。
ただし、先述のように忌中は神社へ行けませんので、厳密にいえば、神社の場合は忌が明けて参拝に行った時におみくじを引いても構わないという事です。

「お守り」「破魔矢」「お札」の処分

神社の破魔矢

お守り・破魔矢・お札の処分はどうしたらいいの?

お正月には、古い「お守り」や「破魔矢」「お札」を納めてお焚き上げをしていただき、新たにその年の物を購入しますよね。

しかし、もしお正月が忌中と重なってしまったら、忌が明けてから納めに行きましょう。

ただし、「破魔矢」のようにお正月にのみ用意される物は、後で行った時にはない可能性があります。
そこで、お正月に行けなければ、神社によっては取り置いてくれるところもありますので問い合わせてみましょう。

忌が明けたら改めて参拝し、古札奉納場に納めるとお焚き上げをしてくれます。
その時、初穂料も忘れずに添えましょうね。

また、古い「お守り」などの処分を郵送で受け付けてくれる神社もありますので、その場合は初穂料とともに郵便為替か現金書留で送りましょう。

「お守り」は、最近ではインターネットでの販売も増えていますので、早々に新しい「お守り」が欲しい方は、インターネットで購入するというのも一案です。古い「お守り」は忌が明けたら納めに行きましょう。

お寺であれば、喪中や忌中であっても古い「お守り」等をお焚き上げしていただくことが可能です。

破魔矢立て■工房手作り 紀州ひのき製 ■破魔矢差し 神棚 矢立て

参考価格: 3,370円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon3,370円

正月飾り

正月のしめ飾り

正月飾りは飾っていいの?

お正月に門戸に門松やしめ飾り・鏡餅といった正月飾りをするのは、年神様をお迎えして、この1年家族が無事過ごせたことに感謝し、新年を祝う日本の古くから伝わる習わしです。

通常、不幸があった年は正月飾りは控えます。しかし、忌明けであれば飾っても構わないという意見も耳にします。

例えば、喪中・忌中という概念のない浄土真宗では、お正月も例年通りに過ごして構わないとしているので、正月飾りについてはご自身の宗派に従うと良いでしょう。

しかし門松やしめ飾りなどは人目に入る門戸に飾りますので、周囲の方に非常識と見られないためにも、宗派によらず飾らない方が適切です。


 

古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿はそれぞれ何歳?長寿祝いまとめ!
還暦や喜寿などの言葉はご存知ですか。長寿をお祝いする節目を表します。現在では77歳にあたる喜寿をこえる方も本当に多くなりました。両親や祖父母の健康長寿は本当に嬉しいものです。長寿祝いの年齢やいわれ、お祝いの方法などを詳しく解説します。

喪中の初詣のまとめ

  • お寺には、喪中でも忌中でも初詣に行って問題ありません。
  • 神社は、忌中に初詣に行くことはできません。
  • 神社やお寺、宗派によって喪中の過ごし方に違いはありますが、喪中の期間はできるだけお祝い事は慎んで、常識の範囲内で過ごしましょう。
  • 幸福を掴むために必要なのは、ちょっとしたコツとタイミング。
    大変な努力や苦労をしなくても人は幸せになれるのです。
    特別なチカラを持つ者だけが知っているコツとタイミング
    そして幸せを掴む方法を、あなたにしっかりとお伝えいたします。
    20万人が体験した奇跡の占い

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

記事を評価しよう

関連記事