甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢

甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢

甲子(きのえね)は、生年月日に時間を加えた4本の柱で運勢がみられる四柱推命の最初の干支です。その基礎知識となる干支をまずは説明していきます。今回は甲子(きのえね)の性格と特徴、2020年の運勢にについて解説。奥深い四柱推命の入り口に立ってみましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1甲子(きのえね)の特徴とは?
  2. 1.1甲子の女性の性格
  3. 1.2甲子の男性の性格
  4. 2甲子の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1甲子を年柱にもつ人
  6. 2.2甲子を月柱にもつ人
  7. 2.3甲子を日柱にもつ人
  8. 2.4甲子を時柱にもつ人
  9. 3甲子と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎×甲子
  11. 3.2養×甲子
  12. 3.3長生×甲子
  13. 3.4沐浴×甲子
  14. 3.5冠帯×甲子
  15. 3.6建禄×甲子
  16. 3.7帝旺×甲子
  17. 3.8衰×甲子
  18. 3.9病×甲子
  19. 3.10死×甲子
  20. 3.11墓×甲子
  21. 3.12絶×甲子
  22. 4甲子の2020年の運勢は?
  23. 5甲子の相性 
  24. 5.1甲子の良い相性
  25. 5.2甲子の悪い相性
  26. 6まとめ

甲子と十二運星の組み合わせ

四柱推命の12運気
四柱推命で運気を見る場合、十二運も重要な要素となります。
日柱の甲子を中心にほかの柱との組合せで現れる十二運をみていきましょう。
  • 年柱は、親や上司など目上の人との関係
  • 月柱は、仕事運や結婚運、家庭運と他者との関わり
  • 時柱は、目下や子供、部下との関係
それぞれの年齢域も頭に入れて、読んでみてくださいね

胎×甲子

ほかの柱に酉がある場合が胎となります。
自分のペースで行動出来ない時期です。人間関係では振り回される傾向が出やすいでしょう。

養×甲子

ほかの柱に戌がある場合が養となります。
他人の人生の流れに飲み込まれやすい時期です。良くも悪くも影響力のある人と出会うでしょう。

長生×甲子

ほかの柱に亥がある場合が長生となります。
頑固さが全面に出やすい時期です。柱が示す相手との人間関係に注意しましょう。

沐浴×甲子

ほかの柱に子がある場合が沐浴(もくよく)となります。
集中力が増す時期です。その柱が示す世代や関係の人と協力すれば、飛躍の可能性が高まります。

冠帯×甲子

ほかの柱に丑がある場合が冠帯となります。
逆境でこそ力を発揮できるでしょう。能力を伸ばしてくれる、ライバルとの出会いがあります。

建禄×甲子

ほかの柱に寅がある場合が建禄となります。
アイデアや考えが、形になりやすい時期です。柱が表す関係の人との協力関係が築けるでしょう。

帝旺×甲子

ほかの柱に卯をもつ場合が帝旺となります。
自分の考えが通りやすく成功しやすい時期です。ただし、妬みも受けやすく人間関係には注意が必要でしょう。

衰×甲子

ほかの柱に辰をもつ場合が衰となります。
自信がなくなり、行動に迷いやブレーキがかかりやすくなるでしょう。柱が表す人間関係によって、邪魔を受けることもありそうです。

病×甲子

ほかの柱に巳がある場合が病となります。
スタミナ不足で、行動意欲がなくなってしまうでしょう。他者からの影響で、体調不良を起こす場合もあります。
 

死×甲子

ほかの柱に午がある場合が死となります。
良くも悪くも、予想外の出来事が起こりやすいでしょう。人間関係に変化が生まれやすい時期でもあります。

墓×甲子

ほかの柱に未がある場合が墓となります。
一発逆転のチャンスを得やすいでしょう。背中を押してくれる人や、協力を申し出てくれる人に恵まれる時期です。

絶×甲子

ほかの柱に申がある場合が絶となります。
現実的な成功を手にしやすいでしょう。ただし、その割には自分の中で達成感は味わえないようです。

次のページ

甲子の2020年の運勢は?

関連記事

アクセスランキング