己巳(つちのとみ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の己巳の運勢

己巳(つちのとみ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の己巳の運勢

己巳(つちのとみ)の2020年の運勢と、相性、男女別の性格も含めて、四柱推命で影響が出やすいといわれる日柱を中心に解説していきます。年運や世代の性格や運気に出やすい十二運も合わせて紹介しているので、四柱推命を学びにも使えるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1己巳(つちのとみ)の特徴とは?
  2. 1.1己巳の女性の性格
  3. 1.2己巳の男性の性格
  4. 2己巳の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1己巳を年柱にもつ人
  6. 2.2己巳を月柱にもつ人
  7. 2.3己巳を日柱にもつ人
  8. 2.4己巳を時柱にもつ人
  9. 3己巳と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 己巳
  11. 3.2養× 己巳
  12. 3.3長生× 己巳
  13. 3.4沐浴× 己巳
  14. 3.5冠帯× 己巳
  15. 3.6建禄× 己巳
  16. 3.7帝旺× 己巳
  17. 3.8衰× 己巳
  18. 3.9病× 己巳
  19. 3.10死× 己巳
  20. 3.11墓× 己巳
  21. 3.12絶× 己巳
  22. 4己巳の2020年の運勢は?
  23. 5己巳の相性 
  24. 5.1己巳の良い相性
  25. 5.2己巳の悪い相性
  26. 6まとめ

己巳と十二運星の組み合わせ

四柱推命で運気を見る場合、十二運も重要な要素となります。
日柱の己巳を中心にほかの柱との組合せで現れる十二運をみていきましょう。

  • 年柱は、親や上司など目上の人との関係
  • 月柱は、仕事運や結婚運、家庭運と他者との関わり
  • 時柱は、目下や子供、部下との関係
それぞれの年齢域も頭に入れて、読んでみてくださいね

胎× 己巳

ほかの柱に亥がある場合は胎となります。
目下や部下の面倒を見なければならないでしょう。立場だけでなく、そういう状況を招きやすくなります。時柱にあれば、喜びも苦労も目下から得ることとなるでしょう。
 

養× 己巳

ほかの柱に戌がある場合は養となります。
説得力が増していくでしょう。ただし、自身では言葉に強さがあることを自覚する必要があります。口は災いの下ともなりやすいので、注意が必要です。

 

長生× 己巳

ほかの柱に酉がある場合は長生となります。
相手によって、態度や言動が変わってしまいそうです。味方と同時に敵を増やしてしまう可能性があります。
 

沐浴× 己巳

ほかの柱に申がある場合は沐浴となります。
運気の乱高下があるでしょう。上手くいった後ほど、気を付けた方が良さそうです。交友関係も別れや出会いを多く経験するでしょう。
 

冠帯× 己巳

ほかの柱に未がある場合は冠帯となります。
表に出れば災難に遭いやすい時期です。裏方、地味な作業や準備に徹していきましょう。守りには強さがあります。
 

建禄× 己巳

ほかの柱に午がある場合は建禄となります。
信念に従って行動することにより、成果を上げられるでしょう。ひとつの結果だけで満足せず、次の目標に向かって進むべきです。
 

帝旺× 己巳

ほかの柱に巳がある場合は帝旺となります。
エネルギーに満ち溢れ、周りを巻き込んで進んでいくでしょう。強引さは出やすい時期ですが、成果を上げやすい時期です。
 

衰× 己巳

ほかの柱に辰がある場合は衰となります。
小さな作業になりますが、熱意をもって取り組むことで成功を積み上げられるでしょう。自分が思っているより、評価が得られます。
 

病× 己巳

ほかの柱に卯がある場合は病となります。
エネルギーが落ち、社会的な活動に支障をきたす場合があるでしょう。ただし、身近な人との関係は強まっていきます。
 

死× 己巳

ほかの柱に寅がある場合は死となります。
周囲から期待を集め、いろいろなことにチャレンジする機会が増えるようです。人脈の広がりとともに成功の可能性は高まります。
 

墓× 己巳

ほかの柱に丑がある場合は墓となります。
苦手克服に、エネルギーを注ぎましょう。それにより新たな可能性が見出せ、将来の選択肢が増やせます。
 

絶× 己巳

ほかの柱に子がある場合は絶となります。
これまでの価値観を捨て去る必要がありそうです。去るものを追わないことができた人ほど、新たなスタートラインに立つ日が早まります。
 

次のページ

己巳の2020年の運勢は?

関連記事

アクセスランキング