己巳(つちのとみ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の己巳の運勢

己巳(つちのとみ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の己巳の運勢

己巳(つちのとみ)の2020年の運勢と、相性、男女別の性格も含めて、四柱推命で影響が出やすいといわれる日柱を中心に解説していきます。年運や世代の性格や運気に出やすい十二運も合わせて紹介しているので、四柱推命を学びにも使えるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1己巳(つちのとみ)の特徴とは?
  2. 1.1己巳の女性の性格
  3. 1.2己巳の男性の性格
  4. 2己巳の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1己巳を年柱にもつ人
  6. 2.2己巳を月柱にもつ人
  7. 2.3己巳を日柱にもつ人
  8. 2.4己巳を時柱にもつ人
  9. 3己巳と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 己巳
  11. 3.2養× 己巳
  12. 3.3長生× 己巳
  13. 3.4沐浴× 己巳
  14. 3.5冠帯× 己巳
  15. 3.6建禄× 己巳
  16. 3.7帝旺× 己巳
  17. 3.8衰× 己巳
  18. 3.9病× 己巳
  19. 3.10死× 己巳
  20. 3.11墓× 己巳
  21. 3.12絶× 己巳
  22. 4己巳の2020年の運勢は?
  23. 5己巳の相性 
  24. 5.1己巳の良い相性
  25. 5.2己巳の悪い相性
  26. 6まとめ

己巳の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)

では次に己巳が、それぞれの柱に出ている場合を説明していきます。
年柱は、幼いころの性格
月柱は、成人後から社会人になってからの性格
日柱は、一生を通じて変わらない部分。
時柱は、晩年の過ごし方

全体にも影響を与えますが、とくに柱の意味が強調されます。

己巳を年柱にもつ人

年柱に己巳をもつ人の幼年期は、両親からの愛情をたっぷり受けて育つことを意味しています。ただ、甘やかされるだけでなく、いろいろな知識や常識、ものの見方を育ててくれるでしょう。成長しても、大局的に物事が見られる人となります。
 

己巳を月柱にもつ人

月柱に己巳をもつ人の青年、壮年期は、組織内で能力を発揮するでしょう。先見の明があり、人材を配置し動かすことに才能を見せます。ただし、そういう立場に付けていないときは、行動力の強さが逆目に出てマイペースと判断され、評価されない時期を過ごしてしまいそうです。
 

己巳を日柱にもつ人

日柱に己巳をもつ人が生涯失わない特徴は、粘り強さと努力を惜しまない姿勢でしょう。納得するまでには時間が掛かりますが、考えが決まればどんな難問にぶつかっても弱音を吐くことはありません。人望によってリーダーに押されるタイプで、若いうちは上司に目の敵にされることもありますが、年を経る毎に存在感を増し社会的な力を手にするでしょう。
 

己巳を時柱にもつ人

時柱に己巳をもつ人の晩年は、ライフワークをもって変わらず行動し続けているでしょう。引退の二文字はなさそうです。たとえ組織人ではなくても、社会との関わりをもち続けます。年齢を重ねても、経験することに楽しみを見つけるでしょう。
 

次のページ

己巳と十二運星の組み合わせ

関連記事

アクセスランキング