癸酉(みずのととり)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の癸酉の運勢

癸酉(みずのととり)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の癸酉の運勢

癸酉(みずのととり)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女別の性格、相性も加えて解説していきます。性質や人間関係にも絡む十二運にも触れて、さらに深く掘り下げていくことで、癸酉をもつ人がどんな人か?どう付き合えばいいのかが、きっとわかるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1癸酉(みずのととり)の特徴とは?
  2. 1.1癸酉の女性の性格
  3. 1.2癸酉の男性の性格
  4. 2癸酉の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1癸酉を年柱にもつ人
  6. 2.2癸酉を月柱にもつ人
  7. 2.3癸酉を日柱にもつ人
  8. 2.4癸酉を時柱にもつ人
  9. 3癸酉と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 癸酉
  11. 3.2養× 癸酉
  12. 3.3長生× 癸酉
  13. 3.4沐浴× 癸酉
  14. 3.5冠帯× 癸酉
  15. 3.6建禄× 癸酉
  16. 3.7帝旺× 癸酉
  17. 3.8衰× 癸酉
  18. 3.9病× 癸酉
  19. 3.10死× 癸酉
  20. 3.11墓× 癸酉
  21. 3.12絶× 癸酉
  22. 4癸酉の2020年の運勢は?
  23. 5癸酉の相性 
  24. 5.1癸酉の良い相性
  25. 5.2癸酉の悪い相性
  26. 6まとめ

癸酉の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

それでは日柱に癸酉をもつ人の、2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、2020年の場合2月3日が節分となり、ここが年明けとなります。
運勢も、そこから変わり始めると思って読んでください。

2020年の干支は庚子となります。癸酉を日柱にもつ人にとっては、建禄の年です。

自力は生まれますが、もともとは単独での行動に向かないため、アンバランスなところが見られるでしょう。エネルギーは十分ですが、こういう年こそ自分を活かせるチームでの活動を強めるべきです。身近な人との歩調が乱れると、敵対している相手に付け入る隙を与えてしまうので、ワンチームの意識で進んでいきましょう。

プライベートは安定感がキーワードとなります。社会的な活動を充実させるためにも、一番身近な家族との関係を安定させることが大事です。独身の人であれば結婚に適しています。既婚者なら、パートナーとの関係を良くするためにも、感謝を目に見える形で表現しましょう。

癸酉の相性 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後に日柱に癸酉をもつ人の相性を見ていくことにしましょう。
2020年は、社会との関わり、プライベートともにパートナーシップが重要になります。
敵と味方の区別をつけるタイプだけに、より相性を重視して2020年を高い位置で安定させましょう。
 

癸酉の良い相性

癸酉と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

庚午、辛未、辛巳、庚寅、壬辰、乙巳、辛亥、庚申の人たちとは、安定した関係を築けるでしょう。
とくに良いのは戊辰の人です。
この人を仕事、プライベートどちらにしてもパートナーにすれば、物事が順調に運ぶでしょう。

癸酉の悪い相性

癸酉と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

甲子、甲戌、丙子、丙戌、庚子、庚戌、壬子、壬戌の人たちです。
とくに悪いのは丁卯、己卯で、コミュニケーションにズレを感じさせるでしょう。
また戊戌の人には、振り回される可能性が高目なので、2020年は避けたい相手です。
 

まとめ

癸酉を日柱にもつ人の2020年の運勢、性格、特徴に人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後まで読んでいただきありがとうございました。

運の後押しがある年だからこそ、実りを多くしたいところです。
そのためには自分ひとりの考えに固執することなく、周りを見て歩調を合わせる必要があるでしょう。
良いときほど視野が狭くなりがちなので、そういった面には気をつけたいですね。
 

関連記事

アクセスランキング