リソマンシーについて解説!やり方やリソマンシーセットの作り方を紹介

リソマンシーについて解説!やり方やリソマンシーセットの作り方を紹介

リソマンシーとは石を使った占いのことを言います。一体どのような方法で、石を使って占うのでしょうか。占いに必要な道具や、その手順について詳しくまとめました。原始的な時代から存在するという、いにしえの占いリソマンシーについて、解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1リソマンシーは石を使った占い
  2. 2リソマンシーセットの作り方
  3. 2.1①材料を用意する
  4. 2.2②集めた石にシンボルを書いていく
  5. 2.3③シンボルを書いた石を布で包む
  6. 3リソマンシーのやり方
  7. 3.1①3つの石を選ぶ占いのやり方
  8. 3.2②ウィジャボードに石を投げる占いのやり方
  9. 4リソマンシーについてまとめ

リソマンシーは石を使った占い

ギリシャ語でlithos(リソ)は「石」を意味し、mancy(マンシー)は「占い」を意味します。つまりリソマンシーとは石占いと言う意味なのです。

石を使った簡単な手法でさまざまなことが占えるので、密かな人気となっているリソマンシーですが、実はタロットカード占いよりも歴史が古く、いにしえからある由緒正しい占いなのです。

➡ジオマンシー(土占い)についてはこちらの記事で解説しています

リソマンシーセットの作り方

①材料を用意する

はじめに、リソマンシーに必要な道具をご紹介します。身の回りのもので手軽に手に入れることができる材料ばかりなので、すぐにでも始められます。

石が13個必要になりますが、お店で売っているパワーストーンでも道端の石でも構いません。ただ、自分にとって惹かれる石、お気に入りとなる石を見つけるのがポイントです。

リソマンシーで用意するもの

  • 石13個(パワーストーンでも落ちている石でも良い)
  • 石に書くことができるペン
  • 正方形の布(一辺が30cmくらい)

②集めた石にシンボルを書いていく

惑星のシンボルの名前 惑星のシンボルの意味
Moon(月) 感情、内面、ひらめき
Mercury(水星) 情報、旅行、
Venus(金星) 愛情、美術、芸術、社交
Sun(太陽) 仕事、目的、エネルギー、生命
Mars(火星) 行動力、男性、勇気、
Pallas(パラス) 調和、平和
Juno(ジュノー) パートナーシップ
Vesta(ベスタ) 義務、犠牲、性生活
Ceres(ケレス) 母なる大地、無償の愛、献身
Jupiter(木星) 成長、豊かさ、許し
Chiron(キロン) 予言、癒し
Saturn(土星) 浄化、努力、試練
Uranus(天王星) 発見、進歩、革命
Pluto(冥王星) 誕生、再生、破壊
Neptune(海王星) スピリチュアル、インスピレーション
Earth(地球) 力、均衡

次に集めた13個の石、ひとつひとつにシンボルをペンで書いていきます。例えば、上の画像のように​​​​占星術などで使う惑星のシンボルでもOKです。

リソマンシーは、どんな記号・絵を描くべきなのか、明白な決まりはありませんので、自分の直感で石を選び、ひらめきを信じて好きな記号を書き入れてみましょう。

③シンボルを書いた石を布で包む

リソマンシーセットの作り方の最後は、用意した一辺30cmくらいの正方形の布に、先ほどのシンボルを書いた13個の石を包みます。ちょうど巾着のような形になるように包むと良いでしょう。

次のページ

リソマンシーのやり方

関連記事

アクセスランキング