「尊い」とは?本来の意味とはニュアンスが異なるネット上での使い方も紹介

「尊い」とは?本来の意味とはニュアンスが異なるネット上での使い方も紹介

「尊い」は「とうとい」と読みます。一般的には「身分が高い・大事だ」という意味です。最近はネットや2次元でも、「最上級の愛情表現」としてよく使われるようになりました。「尊い」について、本来の意味と最近の使われ方の違いや用例、類義語や対義語についてご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1尊いの読み方や意味とは?
  2. 1.1ネット上で使われるときの意味
  3. 2尊いの使い方・用例
  4. 2.1一般的な使い方
  5. 2.2ネットや2次元での使い方
  6. 3尊いの類義語
  7. 4尊いの対義語
  8. 5尊いの意味のまとめ

尊いの読み方や意味とは?

尊いの読み方や意味とは?
Photo byCouleur

尊い」の読み方は「とうとい」もしくは「たっとい」です。後者は現在あまり使われず、一般的には「とうとい」と読みます。
尊いの本来の意味は次の3つです。

  1. 崇高(すうこう)で近寄りがたい・身分が高い
  2. 価値が高い・大切だ
  3. 敬うべきだ
敬い崇める対象や、徳の高い人物に対して使い「尊い神仏」「尊い命」といった表現をします。

ネット上で使われるときの意味

ネット上で使われるときの意味
Photo bymetalandrew

本来の意味とは変わった使い方が、現在多く広まっています。ネット上や若者言葉として使われる時は、2次元のアニメキャラや3次元のアイドルなどに、最上級の愛情表現または誉め言葉として「尊い」が使われており、意味は2つあります。

  1. 最高で素晴らしい
  2. 大事に思っている上に相手の存在を貴重で神聖だと捉えている

相手に対する信仰心に似た強い感情が含まれており、基本的には手の届かない存在に使われていました。しかし最近では、身近な人物やペットに対しても「無条件で愛せる」という強い愛情表現をしたい時によく使われるようになっています。

本来の意味からかけ離れているわけではなく、対象がカジュアルになって広がったと解釈しておくとわかりやすいでしょう。

尊いの使い方・用例

尊いの使い方・用例
Photo byOpenClipart-Vectors

本来の意味で一般的な使い方と、ネット上や2次元で使われている使い方に分けて、使い方と用例をご紹介します。カジュアルに使われるネット上の「尊い」に比べ、一般的な「尊い」は、ややかしこまった場面で使われることを覚えておきましょう。

一般的な使い方

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

テレビや新聞などのマスメディアでも広く使われており、よく耳にします。「尊い」と聞いた時にどの意味で使われているのか文脈から把握しましょう。

蜘蛛の丞

蜘蛛の丞

地球上全ての生き物の命は、尊いものです!

着物ちゃん

着物ちゃん

着物は古来より受け継がれた、尊い日本の文化です。

お母さん

お母さん

あちらにいらっしゃるお方は尊い身分ですから、くれぐれも失礼のないように!

ネットや2次元での使い方

対象のことが好きすぎて神聖に見えていると覚えておくと、「尊い」を対象に頻発する人の不可解な言動がスムーズに解釈できるでしょう。

ノワールちゃん

ノワールちゃん

推しの尊みが深すぎて何も手につかない…。

オタクくん

オタクくん

推しの尊みがすごくてグッズ爆買いwww

また、ネットや2次元の「尊い」は「尊み(とうとみ)」と言い換えられることがあります。「尊み」の語呂から歴史上の人物の名前と合体させてダジャレのように楽しむ人も出てきており、語呂合わせには「尊みの秀吉」や「尊みの鎌足」があります。

マイルド君

マイルド君

推しが可愛すぎて尊み秀吉も軽く100回天下統一余裕ですwwマジ尊みの鎌足wwww

尊いの類義語

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

尊いの類義語は「やんごとない」や「かけがえのない」です。

  • やんごとない・・・身分が高いという意味
  • かけがえのない・・・貴重な、大切なという意味

「尊い身分のお方」を「やんごとない身分のお方」と言い換えることができます。耳慣れない言葉ですが、身分の差が重要視されるドラマや映画で使われることがありますので、覚えておくと役に立つでしょう。

「尊い命」を「かけがえのない命」と言い換えることができます。どちらも意味は同じなので、文脈に応じて使い分けましょう。

尊いの対義語

尊いの対義語としては「卑しい」「下賤」が挙げられます・

  • 卑しい(いやしい)・・・身分が低い・下品・がつがつしている・みすぼらしい
  • 下賤(げせん)・・・身分が低い

「卑しい」の中に含まれている「身分が低い」という意味が対義語にあてはまります。「卑しい身分の分際で!」のように使いますが、現在はあまり使われていない言い回しです。

「下賤」は「下賤の者」と使うと「身分の低い者」の意味になりますが、こちらも、現在で日常的に使われる言葉ではありません。

どちらも時代劇でよく見る言い回しですので、これを機に覚えておきましょう。

尊いの意味のまとめ

一般的な意味の「尊い」とネットや2次元、若者言葉として浸透してきた「尊い」についてご説明しました。

一時期流行った「萌え」と同じように好きな気持ちを表現する「尊い」という言葉ですが、「萌え」よりも愛情表現が強くなったものとされています。本来の意味と同様に「自分はお近づきになれない存在」というニュアンスも含まれており、信仰しているような愛情の強さがあるためです。

とても前向きな楽しい使い方をされるようになった「尊い」という言葉を、使いこなしてみましょう。

  • 「尊い」は「とうとい」と読み、一般的な意味は高貴・大切・身分が高い
  • 若者言葉としての「尊い」は最上級の愛情表現
  • 「尊い」の類義語は「かけがえのない・やんごとない」
  • 「尊い」の対義語は「卑しい・下賤」

LCB-257 尊い おしゅしだよ 32mm缶バッジ

参考価格: 270円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon270円
楽天
「あざまる水産」とは?その意味・使い方について解説しますのイメージ
「あざまる水産」とは?その意味・使い方について解説します
「あざまる水産」はJC・JKの間で使われている若者言葉の1つで「ありがとう」の意味を持つ言葉です。最近では芸能人があざまる水産を若者言葉としてテレビ番組で取り上げたことにより多くの人に広まりました。あざまる水産の語源や用例についてまとめてご紹介します。
黒歴史とは?その言葉の意味や元ネタ、を用例付きで解説しますのイメージ
黒歴史とは?その言葉の意味や元ネタ、を用例付きで解説します
黒歴史とは、「なかったことにしたい」過去の言動や出来事を指す言葉です。実は意外な元ネタもあります。知っておくと何かと使える、黒歴史の言葉の意味や元ネタ解説します。使い方も用例付きで解説しますので、ぜひ参考にしてください。
若者言葉│セレスティア358

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング