停止とは?(六星占術の運命周期)

停止とは?(六星占術の運命周期)

六星占術の運命周期「停止」(大殺界の真っ只中)について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1停止(ていし)とは?
  2. 2停止の過ごし方
  3. 3六星占術の運命周期

※六星占術は、細木数子先生によって考案・提唱された占いです。商標登録は細木数子先生にあります。この記事は六星占術を紹介する内容で、読者を占うものではありません。六星占術で運勢を占いたい方は、細木数子先生のサイトや書籍をご覧ください。

停止(ていし)とは?

「停止」は運命周期の11番目に位置し、3つある大殺界の真ん中にあたる時期です。

何をしても裏目に出てしまい、あがけばあがくほど悪い方向に行くとされます。現状を打破しようとすると、かえって火に油を注ぐ事態となるようです。引っ越しや転職、結婚、離婚などのライフイベントは避けるべき時期とされ、対人関係運も低迷していてトラブルが起こりやすくなっています。

停止の時期は、我慢と忍耐の時期といわれます。

大殺界についてはこちらの記事をご覧ください。

停止の過ごし方

停止の時期は季節で例えると真冬で猛吹雪の状態です。そのため、じっとこの時期が過ぎ去るのを待つことが望まれます。

周囲との確執が生じやすくなっており、トラブルに見舞われることも多々ありそうです。その時にひとりで行動すると悪い方向にしか行かず、ますます孤立する結果となるとされます。そのため、売り言葉に買い言葉はしないようにしましょう。冷静さを失わずに耐え忍びます。この経験は必ず後に活かされるので、成長の糧だと思ってやり過ごすことが大事です。

大切な人との破局や離婚の危機も訪れやすいので、今ある人間関係をおざなりにしないで真摯に向き合う姿勢が望まれます。

六星占術の運命周期

六星占術の12の運気
六星占術の運命周期はこの順番に巡ります
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

運命周期の順番 運気の名称
種子
緑生
立花
健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財成
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

六星占術のイメージ
六星占術
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

六星占術の性格と年運
基本性格 2020年 2021年の運気
土星人マイナス 大殺界・減退 種子
土星人プラス 種子 緑生
金星人マイナス 緑生 立花
金星人プラス 立花 健弱
火星人マイナス 小殺界・健弱 達成
火星人プラス 達成 乱気
天王星人マイナス 中殺界・乱気 再会
天王星人プラス 再会 財成
木星人マイナス 財成 安定
木星人プラス 安定 陰影
水星人マイナス 大殺界・陰影 停止
水星人プラス 安定 減退

関連記事

アクセスランキング

記事はありません。