種子とは?(六星占術の運命周期)

種子とは?(六星占術の運命周期)

六星占術の運命周期「種子」について解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1種子(しゅし)とは?
  2. 2種子の過ごし方
  3. 3六星占術の運命周期

種子(しゅし)とは?

「種子」は運命周期の1番目に位置し、大殺界を経たあとに新たに運命が始まる時期です。

運気が良い方向に回転し始める時期で、物事をスタートさせるのに適しています。季節に例えるなら春にあたるこの時期は、結婚や就職、開業、引っ越しなど新しい門出もうまくいくとされます。特に商売を始めると、将来大きな成果を得られそうです。

また、この時期に出会った人物は将来キーパーソンとなる可能性が高いでしょう。

種子の過ごし方

種子の時期は、将来へ向けての伏線をはっておくと良いでしょう。気になる物事にはチャレンジしておくと、そこで得た知識や経験が将来にきっと活かされるはずです。

ただし運命は好転の兆しを見せ始めたばかりなので、将来に向けた大事な時期と捉え、奔放に行動せず慎重に物事を進めるようにします。

また、この時期の出会いは大切にすることが推奨されます。一期一会の精神で、人との縁を大事にすることを心がけましょう。

六星占術の運命周期

六星占術の12の運気
六星占術の運命周期はこの順番に巡ります
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

運命周期の順番 運気の名称
種子
緑生
立花
健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財成
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

六星占術のまとめページのイメージ
六星占術のまとめページ
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

関連記事

free-tarot
ryutai-moji
moon-callender

アクセスランキング