財成とは?(六星占術の運命周期)

財成とは?(六星占術の運命周期)

六星占術の運命周期「財成」について解説します。

この記事には広告が含まれます。

コンテンツ [表示]

  1. 1財成(ざいせい)とは?
  2. 2財成の過ごし方
  3. 3六星占術の運命周期

※六星占術は、細木数子先生によって考案・提唱された占いです。商標登録は細木数子先生にあります。この記事は六星占術を紹介する内容で、読者を占うものではありません。六星占術で運勢を占いたい方は、細木数子先生のサイトや書籍をご覧ください。

財成(ざいせい)とは?

「財成」は運命周期の8番目に位置し、その名の通り財運の強い時期です。

行動が財運に結びやすく、成功を収められる可能性が高くなっています。12周期のなかで最も財運が強い時期ですので、どんどん稼げますし蓄財もできます。金銭的ゆとりが生じ、心にも余裕が生まれるでしょう。

一方で、大切な人との別れの危機が訪れそうです。稼いだお金を世の中に還元すると別れが避けられるとされます。

財成の過ごし方

財成は六星占術における収穫の時期ですので、ここぞとばかりに稼ぎましょう。起こした行動が財に結び付きますので、些細なミスはあまり気にせずに前進することが望まれます。

何事も成功しやすくなっているため、ストレートな言動でその場をリードすると結果が伴います。金銭的な余裕と心の余裕で順風満帆ですが、あまり浮かれすぎると大切な人と別れてしまう可能性があります。

そのためこの時期に稼いだお金は、寄付や大きな買い物をするなどして世の中に還元するとそのぶん大切な人との愛情が深まり、別れの危機が回避できるとされます。

六星占術の運命周期

六星占術の12の運気
六星占術の運命周期はこの順番に巡ります
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

運命周期の順番 運気の名称
種子
緑生
立花
健弱(小殺界)
5 達成
6 乱気(中殺界)
7 再会
8 財成
9 安定
10 陰影(大殺界)
11 停止(大殺界)
12 減退(大殺界)

六星占術のイメージ
六星占術
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

六星占術の性格と年運
基本性格 2020年 2021年の運気
土星人マイナス 大殺界・減退 種子
土星人プラス 種子 緑生
金星人マイナス 緑生 立花
金星人プラス 立花 健弱
火星人マイナス 小殺界・健弱 達成
火星人プラス 達成 乱気
天王星人マイナス 中殺界・乱気 再会
天王星人プラス 再会 財成
木星人マイナス 財成 安定
木星人プラス 安定 陰影
水星人マイナス 大殺界・陰影 停止
水星人プラス 安定 減退

関連記事

アクセスランキング

記事はありません。