丁卯(ひのとう)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丁卯の運勢

丁卯(ひのとう)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丁卯の運勢

丁卯を日柱にもつ人の2020年の運勢を解説していきます。四柱推命は旧暦でみるため、新年は節分が明けてからです。自分だけでなく、友人や恋人に丁卯を日柱にもつ人がいたら参考にしましょう。性格や才能を知ることは、運気を良くすることにつながっていくはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1丁卯(ひのとう)の特徴とは?
  2. 1.1丁卯の女性の性格
  3. 1.2丁卯の男性の性格
  4. 2丁卯の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1丁卯を年柱にもつ人
  6. 2.2丁卯を月柱にもつ人
  7. 2.3丁卯を日柱にもつ人
  8. 2.4丁卯を時柱にもつ人
  9. 3丁卯と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 丁卯
  11. 3.2養× 丁卯
  12. 3.3長生× 丁卯
  13. 3.4沐浴× 丁卯
  14. 3.5冠帯× 丁卯
  15. 3.6建禄× 丁卯
  16. 3.7帝旺× 丁卯
  17. 3.8衰× 丁卯
  18. 3.9病× 丁卯
  19. 3.10死× 丁卯
  20. 3.11墓× 丁卯
  21. 3.12絶× 丁卯
  22. 4丁卯の2020年の運勢は?
  23. 5丁卯の相性 
  24. 5.1丁卯の良い相性
  25. 5.2丁卯の悪い相性
  26. 6まとめ
四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

それでは日柱に丁卯をもつ人の、2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、年明けは2020年の場合2月3日の節分のあとです。
運勢も、そこから変わり始めると思って読んでください。

2020年の干支は庚子となります。丁卯を日柱にもつ人にとっては、絶の年です。

外へ向かって、働きかけるようなエネルギーはありません。もともとパワー不足なうえに、気力も湧いてこないでしょう。新規のビジネスや交流は、疲れるだけでものにならないことも多くなります。鋭い観察力さえ鈍り、仕事だけでなくプライベートでも間違えを起こしやすいので注意が必要です。

動くと深みにはまりやすい年ではありますが、身近な人との関係を深めるには良い年となるでしょう。家族や子供、幼なじみなど、自分のテリトリーの中で過ごせば安全です。なにかを始めるより、振り返る時間の方を大切にすれば、先々に役立つことを思いつけるでしょう。休息と準備の年と考えるべきです。

丁卯の相性 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後に、日柱に丁卯をもつ人の相性を見ていくことにしましょう。
悪い縁ほど引き寄せやすい2020年なので、恋愛はとくに要注意です。
新たな付き合いや危うい魅力をもつ異性に、惹かれないようにしましょう。
冷静に相手を見ることが大切です。

丁卯の良い相性

丁卯と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

とくに相性が良いのは壬戌をもつ異性です。運気の良くない年だからこそ、癒しとなるでしょう。一時的な関係になる可能性は高めですが、癸酉、辛酉は味方になってくれそうです。

ほかには丙戌、甲戌、乙亥、癸未、癸亥とは、波風立たずに付き合えるでしょう。

丁卯の悪い相性

丁卯と相性が悪いのは、日柱に以下の干支をもっている人たちとなります。

辛巳、庚寅、癸巳、辛丑、庚申です。とくに辛巳とは、情熱的に惹かれ合いながらも、傷つけあったり腐れ縁になるなど、トラブルになる可能性が考えられます。運気の強くないときほど、気をつけたい相手です。

まとめ

丁卯を日柱にもつ人の2020年の運勢、性格、特徴、人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。

これらの四柱推命の丁卯の話は、入り口でしかありません。
ただ自分を知るための、ヒントが隠れているはずです。
それを活かし、自分に合った生き方を選べるよう、占いを上手に利用していきましょう。
 

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

ここまで読んでいただきありがとうございました。
良いときは流れに乗りやすいため、苦労がありませんから、自然に過ごせばいい場合が多いのです。
逆に悪いときにどう過ごすかが、後の幸運期を活かすことにつながります。
弱点克服のチャンスでもあるので、大事にしましょう。

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング