「トップティア」とは?その意味や使い方を例文付きで解説します

「トップティア」とは?その意味や使い方を例文付きで解説します

トップティアとは「一流の」という意味を表す言葉で、主にコンサル業界や投資ファンドに使用されることが多いです。ビジネス界とスポーツ界では「ティア」の使い方と意味が異なってきます。この記事では、「トップティアの意味」「使い方や用例」「意味の理解」をご紹介していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1トップティアの意味とは?
  2. 1.1ティアの意味
  3. 2トップティアの使い方
  4. 2.1トップティアの類語・ティア1(tier1)
  5. 2.2トップティアの対義語
  6. 3トップティアの意味の理解をしよう

トップティアの意味とは?

Photo byClker-Free-Vector-Images

トップティアとは「一流の」という意味です。英語で最上を表す「top」と、階層を表す「tier」を合わせて「top-tier」と書きます。

単体で「一流の企業」を表す言葉ではなく、top-tier bankといったように「トップティア○○~」と使用する言葉です。

他にもセカンドティアやティア1という言葉もありますが、それは後述します。

ティアの意味

Photo bystokpic

「tier(ティア)」とは階段や段階、層を表す言葉です。例えば上下に並んでいる「段」や、芸人さんが座るようなひな段式の座席のことを指します。動詞としては「段上に並べる」という意味となります。

実は元々社会の中で多くの場面で使われていた言葉です。自動車業界や、ハードウェアや機械の性能レベル、スポーツ界などでも使われています。

トップティアの使い方

Photo byFree-Photos

課長さん

課長さん

トップティアという言葉はコンサル業界でよく使われるのですが、聞いたことはありますか?

若手社員

若手社員

すみません!勉強不足でまったくわかりません!どういう意味なのでしょうか?

課長さん

課長さん

一流企業や一流の人材のことをトップティア○○~と言いますよ。銀行も一流のところはトップティア銀行となりますね。今後トップティアという言葉を見聞きしたときは、一流の○○なのだということを覚えておくといいでしょう。普段生活している中ではあまり見聞きしないことなので知らないことは恥ではないのですよ。

若手社員

若手社員

なるほど!トップティアの方々とお仕事ができるように精進致します!
私なりにも少し調べてみたのですが、コンサルなどの企業だけでなく「top-tier restaurants」と、一流のレストランという使い方もできるのですね。トップティアな女性トップティアなレストランへ行けるように頑張ります!!

課長さん

課長さん

(…思わぬ部分で君のやる気を引き出せて良かったよ。)

トップティアの類語・ティア1(tier1)

フリー写真素材ぱくたそ

tier(ティア)とは段や列のことを表すのですが、用語の使い方をみてきます。

ビジネス用語での「tier1」に一次請けという意味があり、たとえば自動車業界では完成車メーカーに直接部品を配給するメーカーのことを指します。
【ビジネス界での使い方】

  • ティア1・・・直接メーカーに取引をする企業
  • ティア2・・ティア1に部品を納品する企業
  • ティア3・・ティア2に部品を納品する企業
このようにティア1からどんどんチェーンのように繋がっています。

スポーツ界では「階級」という意味で使われています。
【スポーツ界での使い方】
  • ティア1・・・トップアスリートの集う強豪国
  • ティア2・・・バランスのとれた中堅国
  • ティア3・・・期待の新人が入った未知数の発展国
このように階級を振り分けられます。

ボブ

ボブ

ラグビーのティア1といえば、やっぱりニュージーランドだよね!世界ランク1位だしW杯最高成績も優勝だし!

チャーリー

チャーリー

いやいや、現在ティア2の日本だってそのうちティア1の仲間入りを果たすよ!世界ランク8位でW杯でも3勝あげているよ。…予選敗退しているのが惜しいんだけどね。

トップティアの対義語

トップティアの対義語
Photo byMichaelGaida

トップティアの対義語は「セカンドティア」になります。和訳すると「2流の~や中堅の」という意味になりますが、決して悪い意味ではないので誤解しないようにしましょう。

就職活動においては「第一志望のトップティア企業には受からなかったが、セカンドティアの企業には合格した」といったように、トップティアの壁を惜しくも超えられなかった就活生が勤めることになった第2志望の企業を意味することが多いです。

トップティアの企業にはブランド力があり安定もしていますが、セカンドティアの企業はこれから成長のびしろもありカリスマ性のある社員が多く、どちらも魅力的であるといえます。

トップティアの意味の理解をしよう

Photo byniekverlaan

トップティアの意味は主に「一流の〇〇」という意味になり、「トップティア銀行」「トップティアなレストラン」といった使い方をします。普段あまり見聞きしない言葉ですが、この機会に習得してトップティアな人材として活躍してください。

ファシリテーションの意味とは?ビジネスで注目されるスキルについて解説のイメージ
ファシリテーションの意味とは?ビジネスで注目されるスキルについて解説
会議などの話し合いの時に有効なファシリテーションという技術をご存じですか。組織やチームの生産の効率化や組織内の強化、メンバーの意欲を高めることに繋がるファシリテーションについて詳しく解説していきます。また、ファシリテーターに必要なスキルについても紹介します。
「ASAP」の意味とは?ビジネスでも使う英語フレーズについて解説しますのイメージ
「ASAP」の意味とは?ビジネスでも使う英語フレーズについて解説します
「ASAP」とは「できるだけ早く」や「至急」を意味し、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。小文字の「asap」よりも「ASAP」と大文字で表現すると急いでほしいニュアンスがより伝わります。今回は「ASAP」の例文や使い方の注意点なども併せてご紹介します。
「コンセンサス」とは?その意味や使い方について解説しますのイメージ
「コンセンサス」とは?その意味や使い方について解説します
「コンセンサス」とは「多数人からの同意や合意を得ること」を意味しています。コンセンサスには間違った使い方や似たような言葉「アグリーメント」が存在します。「アグリーメント」との違いや、コンセンサスの使い方をいくつかご紹介します。

関連記事

アクセスランキング