6月の季語一覧と時候の挨拶の文例まとめ!【手紙/書き出し】

6月の季語一覧と時候の挨拶の文例まとめ!【手紙/書き出し】

梅雨に入る6月はジメジメとしたイメージになりがちですが、手紙の挨拶は季語を使うなどで爽やかな印象を持たせたいもの。
6月にぴったりな季語と挨拶の文例についてまとめました。

コンテンツ [表示]

  1. 1時候の挨拶とは?
  2. 1.1季節を表わす言葉や季語を使う
  3. 2俳句で使われる6月の季語
  4. 36月の手紙で書き出しに使える季語や文例
  5. 3.16月の季語を使った書き出し文例
  6. 4ビジネスなどでも使える6月の時候の挨拶(漢語調)
  7. 4.16月全般で使える書き出し
  8. 4.26月上旬から中旬で使える書き出し
  9. 4.36月中旬から下旬で使える書き出し
  10. 56月の結びの挨拶文例
  11. 6【シーン別】6月の時候の挨拶文例
  12. 6.1ビジネスの挨拶文
  13. 6.2お礼状の挨拶文
  14. 6.3招待状の挨拶文

ビジネスなどでも使える6月の時候の挨拶(漢語調)

ここまでは主に、親しい人に向けた手紙の書き出しの文例を紹介しました。次に、ビジネスなどでも使える漢語調の文例を紹介していきます。
漢語調の挨拶文では主に、「~の候」「~のみぎり」「~の折」が書き出しに用いられます。これらはそれぞれ、時期や季節を表す言葉です。

オリジナル

6月全般で使える書き出し

オリジナル

6月全般向けには、6月を象徴する花である「紫陽花」を用いる文、「初夏」を用いる文などが良いでしょう。ただし、雨が長く続いている場合には「初夏」ではなく「長雨」「梅雨」の方がよりふさわしくなりますので、その時の天候によって使い分けるのがおすすめです。

例文
・紫陽花の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
・初夏の候  貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

6月上旬から中旬で使える書き出し

オリジナル

6月上旬では、6月1日から6月6日までの間を表す「芒種」が代表的です。芒種とは稲科の植物のタネにあるとげのような突起のことです。
例文
・芒種の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

6月上旬~中旬では、本格的に梅雨入りする地域が多くなることから、「梅雨寒」「入梅」もよく使われます。
例文
・梅雨寒の候 皆様お健やかでお過ごしでしょう
・入梅の候 貴社益々ご繁栄のことお慶び申し上げます。

6月中旬から下旬で使える書き出し

オリジナル

6月下旬と言えば「夏至」の時期です。「夏至の候」などを使う事が多くなります。
例文
・夏至の候 貴社益々ご清栄のことお慶び申し上げます。

6月の結びの挨拶文例

http://www.ashinari.com/2012/02/26-358290.php

ここまでは書き出しについて解説しました。では、6月の結びの文章はどのように書けば良いのでしょうか。
結びの文章は、プライベートでは相手の健康や幸せを祈る内容、ビジネスシーンでは相手方の会社の繁栄や活躍を願う文章など、相手を思いやり、気遣う文章で締めくくります。
 

  • 時節柄、お元気でお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。
  • 梅雨寒の日もめぐってまいります。くれぐれも風邪などめされませんよう、ご自愛専一に。
  • 季梅雨の時期は冷える日もございます。お風邪などめされませんように。
  • 梅雨明けまでもうしばらくかかりそうです。どうぞお体にお気をつけて。
  • 心ふさぐような梅雨空ですが、何卒、お心お健やかにお暮らしください。
  • 蒸し暑い日が続きます。本格的な夏をひかえて、くれぐれもご自愛くださいますよう、祈り上げます。

結びの文章は、最後まで丁寧な言葉で相手への気遣いが伝わるように配慮しましょう。

【シーン別】6月の時候の挨拶文例

http://www.ashinari.com/2014/04/03-387912.php

最後に、シーン別での挨拶文例をまとめます。ビジネスは勿論、お礼状や招待状にも6月の季語を使った挨拶文を入れるとより丁寧な印象になりますね。ビジネス、お礼状、招待状のそれぞれのシーン毎に相応しい文例を紹介します。

ビジネスの挨拶文

ビジネスの挨拶文では、時候の挨拶の後、本題(本文)に入ります。結びの文章には季節の挨拶を入れず、要件を結ぶ言葉で締め括ります。時候の挨拶は省略しても構いません。

例文
「紫陽花の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、早速ですが〇〇の件~本文~以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。」


 

お礼状の挨拶文

お礼状の挨拶文は、時候の挨拶の後、感謝の気持ちを伝えるお礼の文章、最後に結びの文で締め括ります。時候の挨拶を省略する場合もありますが、これは「あまりにも嬉しくてつい、時候の挨拶を忘れてしまいました。」という気持ちを表す意味があります。

例文
「入梅の候、貴社益々ご繁栄のことお慶び申し上げます。この度は結構なお中元の品を賜り、誠にありがとうございます。毎度のご高配に感謝すると共に、心より御礼申し上げます。
梅雨寒の候、皆様くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
略儀ながら書面にて御礼申し上げます。」

招待状の挨拶文

招待状の挨拶文も、時候の挨拶の後で用件を伝え、最後に「是非来ていただきたい」という気持ちを伝える文で結びます。
例文

「芒種の候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度当社にて新製品の展示会を開催する運びとなりました~本文~
ご多用中かとは存じますが、この機会を貴社のビジネスにお役立ていただきたい所存ですので、
是非ご出席下さいます様、よろしくお願い申し上げます。」

6月の季語と時候の挨拶のまとめ

  • 6月全般は「紫陽花」を、時期によって「芒種」「夏至」などを使い分けるのがおすすめ。
  • 「雨」や「五月晴れ」はその時の天気によって使う言葉を判断する。
  • 「梅雨寒」を使う時は相手の健康を気遣う表現をするのがベター。

関連記事

アクセスランキング