「コンサバ」とは?様々な業界で使われる言葉の意味や由来を紹介【ファッション・ビジネスなど】

「コンサバ」とは?様々な業界で使われる言葉の意味や由来を紹介【ファッション・ビジネスなど】

コンサバとは、伝統的または保守的な考えや行動のことをいいます。コンサバはファッション業界やビジネス業界、政治、医療関係でも使われる言葉ですが、業界によってコンソバが持つイメージは変わってきます。業界における意味の違いや用い方などを解説していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1「コンサバ」の意味とは?
  2. 1.1業界による意味の違い
  3. 2「コンサバ」の由来・語源
  4. 3「コンサバ」の使い方・用例
  5. 3.1ファッション
  6. 3.2ビジネス
  7. 3.3政治
  8. 4「コンサバ」の対義語
  9. 5まとめ

「コンサバ」の対義語

「コンサバ」の対義語
Photo bystuarthampton

コンサバの対義語は、業界で用いられる意味によって変わってきます。主なものをご紹介しましょう。
 

  • アバンギャルド…革新的や前衛的、奇抜を意味します。「アバンギャルドなファッション」「アバンギャルドな写真」という使われ方をします。
  • コテンポラリー…現代的や今風を意味します。「コテンポラリースタイル」や「コテンポラリーアート」という使われ方をします。
  • ドラスティック…「過激な」「革新的な」「強烈な」などの意味があります。主にビジネスや政治で使われ、思い切った行動や思想に対して用いられます。
  • トレンディ…最新流行の意味です。ファッション業界で良く耳にする言葉です。

まとめ

コンサバは、ファッションやビジネスなど用いられる業界によってイメージが変わる言葉です。基本的には「保守的な様子」を表しており、保守的傾向が受け入れられる業界かどうかによってコンサバの好感度も変わってくるようです。

たとえばファッション業界の場合は、落ち着いた大人のイメージで老若男女から高評価を得られるファンションとして認識されています。それに対して斬新なアイデアが求められるビジネス業界では、褒め言葉ではなく皮肉として用いられることも多い言葉となります。

時折耳にする言葉ですが、コンサバをしっかり理解して会社では間違った使い方をしないよう気をつけましょう。

マイルド君

マイルド君

「コンサバ」の意味はわかったかな?
最後まで読んでくれてありがとう。

マチネの意味とは?舞台興行で耳にする言葉の語源や使い方を紹介のイメージ
マチネの意味とは?舞台興行で耳にする言葉の語源や使い方を紹介
「マチネ」は舞台興行の「昼公演」を表す言葉です。ミュージカルやオーケストラなどの舞台興行で、舞台俳優やファンのあいだでよく使われています。本記事では「マチネ」の意味や語源、使い方や用例を詳しく紹介していきます。
意味解説のイメージ
意味解説

関連記事

アクセスランキング