「こないだ」とは?方言と思われがちな言葉の意味や正しい使い方を紹介

「こないだ」とは?方言と思われがちな言葉の意味や正しい使い方を紹介

普段、何気なく使っている言葉に「こないだ」があります。よく耳にする「こないだ」ですが、その正確な意味や使い方を知っている人は多くないと思います。ここでは、方言とも思われがちな「こないだ」の意味や類語を解説し、正しい使い方を用例とともにご紹介します。

「こないだ」の意味とは?

「こないだ」の意味

「こないだ」は、「このあいだ」「ちかごろ」といった意味の話し言葉です。

「こないだ」を辞書でひくと、『 ちかごろ、数日前、先日、さきごろ、このごろ』といった意味と『「このあいだ」の縮約形』であることなどが記載されています。縮約とは略した、あるいは短縮したということで、「けれども」が話し言葉では「けど」に、「~ものだ」が「~もんだ」になるような変化のことです。

では普段、何気なく使っている「こないだ」とは方言なのか、漢字ではどう書くのかなどについて、使い方の例とあわせてご紹介していきます。

「こないだ」の漢字表記

「こないだ」の漢字表記

「こないだ」には、「此間」という漢字表記があります。漢字で「此間」と書いてあると読めない人も多いと思いますが、ひと昔前には漢字表記でもよく使われていました。

「こないだ」は方言?

「こないだ」は方言?

「こないだ(此間)」は辞書にも記載されており、標準語として全国で使われている言葉なので方言とは言えません

ところが、方言の中に同音の「こないだ」という言葉が使われている地方があります。いくつかその例を紹介します。

甲州弁「こないだ・こねえだ」

「この前」を意味し、標準語の「こないだ」とほぼ同意の言葉です。同じ意味で「こねえだ」という言い方もあります。

広島弁「こないだ・こなーだ」

上京君

上京君

「あいつぁー、こなーだ結婚しんさったんじゃと」
(彼は、この前結婚したんだって)

広島弁には「こないだ・こなーだ」があります。「この前」を意味し、標準語と同じような使い方をします。

和歌山弁「こないだ・こねえだ」

オタクくん

オタクくん

こねえだ、高野山に行っただがな……しんどかったぁ」

和歌山弁でも「このあいだ」の意味で「こないだ」や「こねえだ」が使われています。上の例文は「この間、高野山に行ったんだけど……疲れたよ」という意味です。

女神さま

女神さま

各地の方言に興味のある人は、下記のリンクも参考にしてくださいね!

方言のイメージ
方言

「こないだ」と「この間」の違いは?

「こないだ」と「この間」の違いは?

発音では「こないだ」と言いますが、「この間」をイメージして使っている方も多いことと思います。

実際、『「こないだ」は「このあいだ(この間)」の略である』と記載されている辞書もあります。言葉としての「こないだ」と「この間」には違いがなく、同じ言葉だと言えます。漢字で「このあいだ」の表記は「此の間」と書きます。

話し言葉としての「こないだ」は、辞書に載っている表現ですから誤りではないのですが、略語になるのでメールや手紙などで使うと、無礼な印象に受け取られる場合があります。書き言葉として使うときは略していない「この間」を使った方が良いでしょう。

「こないだ」の使い方・用例

「こないだ」の使い方・用例

「こないだ」の話し言葉での使い方を、実際の会話例をご紹介しながら解説していきます。

萌え袖ちゃん

萌え袖ちゃん

こないだ借りたゲームを返すよ。
先日、借りたゲームを返すよ。)

この言い方では、「 数日前・つい先日」という意味で「こないだ」を使っています。「こないだ行ったレストラン美味しかったね」のようにも使います。

ボブ

ボブ

こないだは、全く姿を見かけませんね。
ちかごろは、全く姿を見かけませんね。)

これは「ちかごろ・このごろ」の意味での使い方をしています。

「こないだ」と同じように使うことができる言葉もあります。「こないだ」の類語にはどんなものがあるのでしょうか。

「こないだ」の類語

「こないだ」の類語

「こないだ」の類語には、「先日、さきごろ、このごろ、ちかごろ、この前、このじゅう(此の中)」などがあります。どの言葉も「こないだ」とほぼ同じニュアンスになり、入れ替えて使うことができます。

書き言葉で使う場合も「こないだ」のように注意しなくていいので、メールや手紙で使う際に迷ったらこれらの類語を代用しても良いでしょう。

「こないだ」の意味のまとめ

「こないだ」の意味

「こないだ」は、「数日前」や「このごろ」という意味で、全国的に使われている話し言葉です。明日からは、意味や使い方を意識して「こないだ」を使ってみましょう。

のイメージ
「やぶさかでない」の正しい意味とは?誤用しがちな言葉の由来・語源と使い方を紹介
「やぶさかでない」は漢字を使う場合「吝かでない」と書き、「やることについて努力を惜しまない」、「喜んでする」といった意味を表す言葉です。意味を誤って覚えている人も多い「やぶさかでない」について、由来や語源、使い方など文例と共にご紹介します。
のイメージ
しがらみの意味とは?恋愛や人間関係で用いられる言葉の由来・語源や使い方を紹介
「しがらみ」という言葉の意味をご存じでしょうか? 聞いたことがあるという人でも、その正しい意味や使い方は知らないということが多いものです。ここでは、わかりにくい「しがらみ」という言葉について、意味・語源から使い方まで、用例も交えて解説します。
のイメージ
御意の意味とは?時代劇でよく耳にする言葉の由来や語源、使い方を紹介!
御意とは「お考え」「おぼしめし」を意味する言葉で、目上の人からの指図や命令に対する返事として使われます。時代劇で殿様から命令された家来が「御意。」と発言するのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回は御意の語源と類語、使い方をご紹介していきます
  • 幸福を掴むために必要なのは、ちょっとしたコツとタイミング。
    大変な努力や苦労をしなくても人は幸せになれるのです。
    特別なチカラを持つ者だけが知っているコツとタイミング
    そして幸せを掴む方法を、あなたにしっかりとお伝えいたします。
    20万人が体験した奇跡の占い

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 2.5 / 5(合計1人評価)

関連記事