「たらふく」の意味とは?勘違いされがちな言葉の語源や使い方を紹介

「たらふく」の意味とは?勘違いされがちな言葉の語源や使い方を紹介

「たらふく(鱈腹)」とは、お腹がいっぱいになるまで食べたり飲んだりすることを意味する言葉で、「夕食をたらふく食べた」「お酒をたらふく飲んだ」など、飲食をする場面でのみ使われます。今回は「たらふく」の意味や由来、使い方などを詳しく解説します。

コンテンツ [表示]

  1. 1「たらふく」の意味とは?
  2. 2「たらふく」の由来・語源
  3. 3「たらふく」の使い方・用例
  4. 4「たらふく」の類語
  5. 5まとめ
萌え袖ちゃん

萌え袖ちゃん

食事の場面などで「たらふく食べる」って使うけど、「たらふく」ってどのような意味なのかしら?
語感的には方言みたいだけど、気になるわ。

着物ちゃん

着物ちゃん

「たらふく」は飲食に関する場面で使われる限定的な言葉なのよ。
方言と誤解している人も多いけど、一般的に使われる言葉なので、勘違いしないようにしてね。

「たらふく」の意味とは?

「たらふく」の意味とは?
フリー写真素材ぱくたそ

「たらふく」とは、お腹がいっぱいになること、たくさん飲み食いすることを意味する言葉で、漢字では「鱈腹」と書きます。

飲食の場面のみで用いられ、たくさん飲んだり食べたりしたときに「焼肉をたらふく食べた」「お酒をたらふく飲んだら眠くなった」というように使うのが一般的です。

「たらふく」という言葉は江戸時代中期にはすでに存在していましたが、その頃は単純に「十二分に」「足り飽きるほど」を意味し、食事の場面以外でも使われていたと言われています。
 

「たらふく」の由来・語源

「たらふく」の由来・語源
フリー写真素材ぱくたそ

「たらふく」という言葉の由来・語源は、「足りる」「十分に」を意味する「足らふ(たらふ)」の「たら」に、「膨れる」という意味の「膨るる」の「ふく」がくっついたものと言われています。

もしくは、「足らふ」に接尾語の「く」が合わさって「たらふく」になったという説もあります。

「たらふく」は漢字で「鱈腹」と書くことから鱈の腹が語源と思われがちですが、それは誤りで、「鱈腹」は単なる当て字です。

そもそもは「たらふく」という言葉がまず先にあり、鱈が大食いの魚であること、お腹が大きく膨れていることから「鱈腹」という漢字が当てられるようになりました。

プロゲーマー君

プロゲーマー君

「たらふく…。たら・ふく…そういえば、鱈って大食いだし、お腹膨れてるし、『鱈腹』で漢字を当てたらいいのでは?」

昔の人はこんな感じで考えたんでしょうか。

「たらふく」の使い方・用例

たらふくの使い方・用例
フリー写真素材ぱくたそ

「たらふく」の使い方や用例をご紹介します。

「たらふく」は、飲み食いに関係する場面・文脈でのみ用いられます。

何かをたくさん食べたり飲んだりした際に、「◯◯をたらふく食べた・飲んだ」というように、「たらふく+ 飲食物 + 食べた・飲んだ」の組み合わせで使います。

「◯◯をたらふく食べたい」と未来形で表現するのも間違いではありませんが、どちらかというと、「たらふく食べた」と過去系で使われることが多いです。

着物ちゃん

着物ちゃん

昨日は夕飯をたらふく食べたので、朝食が喉を通りませんでした。

萌え袖ちゃん

萌え袖ちゃん

私、飲み放題だとお酒をたらふく飲んでしまってあとで後悔するの。

チャーリー

チャーリー

イクラ丼をたらふく食べるのが夢です。

「たらふく」の類語

「たらふく」の類語
フリー写真素材ぱくたそ

「たらふく」の類語には、以下のようなものがあります。

  • 腹一杯
  • くちい
  • 満腹
  • 腹が膨れる
  • 飽食
  • 浴びるほど(飲み物の場合)
  • 大量に
どれも、「たくさん」「いっぱい」を意味する言葉です。

プロゲーマー君

プロゲーマー君

東北出身の人が「腹くちい(はらくちい)」と言っているのを聞いて方言だと思っていたけど、違うんですね。

まとめ

「たらふく」はお腹がいっぱいになっているさまを意味する言葉で、「足らふ」+「膨るる」から「たらふく」になったと言われています。

「鱈腹」という漢字を当てますが、鱈のお腹が語源ではありません。

「たらふく」が使われるのは、「◯◯をたらふく食べた・飲んだ」のようにたくさん飲み食いしたときですが、若者の間で頻繁に使われる言葉ではないため、その存在自体を知らないという人も少なくありません。

教養をアピールしたいときには、日常会話にさりげなく「たらふく」を入れてみましょう。

着物ちゃん

着物ちゃん

「たらふく」の意味はわかりましたか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。

「たらふく」の意味まとめ

  • お腹いっぱい食べたり飲んだりすることを意味する言葉
  • 飲食の場面限定で使われる
  • 昔は「十二分に」を意味し、いろいろな場面で使われていた
  • 「鱈腹」は当て字。鱈のお腹が言葉の由来ではない
「とっぽい」の意味とは?言葉の由来・語源や使い方を紹介のイメージ
「とっぽい」の意味とは?言葉の由来・語源や使い方を紹介
「とっぽい」とは「生意気そうでキザな人」「ずる賢い人」などを指す俗語です。明治時代頃から使われてきましたが、現在では若い人にはあまりなじみのない言葉でしょう。今回はこの「とっぽい」の語源や使い方などを詳しく見ていきます。
「すべからく」の意味とは?誤用の多い言葉の由来・語源や正しい使い方を紹介のイメージ
「すべからく」の意味とは?誤用の多い言葉の由来・語源や正しい使い方を紹介
すべからくとは「当然」「ぜひとも」「成すべき事として」という意味になります。「すべて」と発音が似ていますが違う意味になるので注意が必要です。そんなすべからくの由来や語源、正しい使い方や用例についてご紹介していきます。
意味解説のイメージ
意味解説

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング