丙申(ひのえさる)の性格と特徴について解説!2020年の丙申の運勢

丙申(ひのえさる)の性格と特徴について解説!2020年の丙申の運勢

丙申(ひのえさる)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に丙申生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

コンテンツ [表示]

  1. 1丙申(ひのえさる)の特徴とは?
  2. 1.1丙申の女性の性格
  3. 1.2丙申の男性の性格
  4. 2丙申の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1丙申を年柱にもつ人
  6. 2.2丙申を月柱にもつ人
  7. 2.3丙申を日柱にもつ人
  8. 2.4丙申を時柱にもつ人
  9. 3丙申と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎× 丙申
  11. 3.2養× 丙申
  12. 3.3長生× 丙申
  13. 3.4沐浴× 丙申
  14. 3.5冠帯× 丙申
  15. 3.6建禄× 丙申
  16. 3.7帝旺× 丙申
  17. 3.8衰× 丙申
  18. 3.9病× 丙申
  19. 3.10死× 丙申
  20. 3.11墓× 丙申
  21. 3.12絶× 丙申
  22. 4丙申の2020年の運勢は?
  23. 5丙申の相性 
  24. 5.1丙申の良い相性
  25. 5.2丙申の悪い相性
  26. 6まとめ

丙申の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

それでは、日柱に丙申をもつ人の2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、年明けは2020年の2月3日の節分のあととなります。
旧正月からが、新年だと思ってみてください。

2020年の干支は庚子となります。丙申を日柱にもつ人にとっては、胎の年です。

新たな環境に入ることが多く、好奇心が刺激され、明るく進んでいけるでしょう。周囲に希望を与え、カリスマ的な人気をもつ可能性も高めです。ただし、意思の疎通がうまく取れているかとなると、疑問が残ります。

とくに、目上の人とのコミュニケーションには注意が必要です。たとえ正しい行動だと自信があったとしても、勝手に進めるのではなく、礼儀として目上には報告を挙げておきましょう。能力を発揮するのと、評価は必ずしも一致しません。目立つことによって、味方だけでなく敵も増えることは自覚しておきましょう。

丙申の相性 

丙申の相性を最後にみていくことにしましょう。
2020年は能力を発揮する下地ができるときです。
もともと目立つタイプですが、2020年は存在感が大きくなる可能性が高いでしょう。

そうなると、味方は増えますが、当然敵視する人もでてきます。
相性の良い人とは、ストレートに付き合えばいいですが、悪い人とは、つかず離れず邪魔されないよう工夫が必要でしょう。
四柱推命で相性は、悪い人を意識することにも使えるのです。

丙申の良い相性

丙申と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

とくに相性が良いのは、辛酉の人です。
価値観が似ているため、付き合いが楽しくなっていくでしょう。
ほかにも、甲子、乙丑、戊辰、甲戌、戊子、乙未、甲辰、戊申の人たちの交流も、安定感があるはずです。

丙申の悪い相性

丙申と相性が悪いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

関係悪化の可能性が高いのは、庚寅と壬寅の人です。
現実的なトラブルやプレッシャーを受けやすいでしょう。
ほかにも、庚午、癸未、壬午、癸卯、壬戌の人との交流は、注意が必要です。

まとめ

丙申を日柱にもつ人の2020年の運勢、性格、特徴に人生の流れも含め、四柱推命で解説してきました。
ただ、これは四柱推命のほんの入り口にすぎません。
あくまでもヒントの一部なので、良い悪いに振り回られないように、占いを上手に使いましょう。

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後まで読んでいただきありがとうございました。
2020年は、季節でいえば春、希望をもって進めるときです。
多少のトラブルがあっても、それを経験として前向きに考えることもできるでしょう。
ただ、なにかを成し遂げるには周囲の人の協力は必要です。
味方を多く集めるために、四柱推命をうまく利用していきましょう。

関連記事

アクセスランキング