【2020年】天王星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!

【2020年】天王星人プラス(+)の年運・月運を六星占術で徹底解説!

2020年の天王星人プラスの運勢は「再会」です。人との出会いに運気アップのカギがあり、また、物事に再チャレンジできる年となります。この記事では、「緑生」の過ごし方や注意点を、2020年の天王星人プラスの恋愛運、金運、仕事運、月運と共にご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 12020年の天王星人プラスの運勢は【再会】
  2. 2全体運
  3. 3恋愛運
  4. 4金運
  5. 5仕事運
  6. 62020年の天王星人プラスの月運
  7. 6.11月 財政
  8. 6.22月 安定
  9. 6.33月 陰影(大殺界)
  10. 6.44月 停止(大殺界)
  11. 6.55月 減退(大殺界)
  12. 6.66月 種子
  13. 6.77月 緑生
  14. 6.88月 立花
  15. 6.99月 健弱(小殺界)
  16. 6.1010月 達成
  17. 6.1111月 乱気(中殺界)
  18. 6.1212月 再会
  19. 7まとめ
  20. 7.12020年に運命の相手を見極めたい方へ
  21. 7.2天王星人プラスの性質や相性はこちら
  22. 7.312の運命周期についてはこちら
  23. 7.4六星占術の運命星ごとの2020年の運勢表
六星占術の性格の図
天王星人の性格は寛容で現実主義

2020年の天王星人プラスの運勢は【再会】

2020年の天王星人プラスの運勢は「再会」です。

去年の乱気(中殺界)を抜けて、新たな気持ちで再スタートするのにぴったりの年となります。

本記事では2020年の天王星人プラスの全体運・恋愛運・金運・仕事運について解説します。

後半では月運もみていきますので、参考にしてみてください。

全体運

2020年の天王星人プラスの運気は上昇し、仕事面、恋愛面、対人関係面などでくすぶっていた問題も円滑に解決に向かうでしょう。

新しい物事をスタート・リスタートさせるのにうってつけの年です。結婚や引っ越し、転職、開業といったライフイベントも好調なスタートを切りますので、計画・行動に前向きな気持ちで取り組みましょう。前年にできなかった物事も、今年は思い切ってチャレンジすると新たな知識や経験が身につきそうです。

本来の社交性も発揮できる年で、対人運もアップします。「袖振り合うも他生の縁」という心構えで、人との縁を大事にするとこの先も何かとサポートしてくれる人物と出会えそうです。

恋愛運

天王星人プラスの2020年の恋愛運は絶好調で、いわゆるモテ期が到来するでしょう。

元来のチャーミングで明るい性格がいかんなく発揮される年ですので、魅力的な人物としてアプローチされそうです。これまで恋愛に前向きでなかった天王星人プラスも、気になる人の登場でときめきを覚えるなど心境の変化がある可能性が高いです。結論は焦らず、じっくりと距離をつめ。ていきましょう。

また、お付き合いをしている人と少しこじれている場合も、関係が好転する見込みがあります。スポーツや映画鑑賞など、お出かけをして一緒に楽しむことで誤解やすれ違いも解決しやすくなります。過去にとらわれずに心機一転すると、恋愛運もますます上昇するでしょう。

金運

2020年の天王星人プラスの金運上昇し、収支のバランスが保たれてくるため、欲しいものを諦めたり必要以上に節約したりしないで良さそうです。

ただし、もともと浪費家の一面がありますので湯水のように使わないように気をつけましょう。

ふと浮かんだアイデアがお金につながる可能性もあります。アイデアを生みやすくするためにも、積極的にイベントや趣味のサークルに足を運びましょう。気になっていたオシャレなお店で美味しい料理を食べるのも、心身が満たされて金運アップにつながりそうです。

仕事運

2020年の天王星人プラスの仕事運絶好調で、これまでコツコツと努力してきたことが大きな成果となって現れてきます。

モチベーションもアップし、運気の勢いもありますので頓挫していた仕事やあきらめていた計画などに再チャレンジしてみましょう。サポートしてくれる助っ人も現れそうです。また、スキルアップにも適した年です。資格取得や講座受講など積極的に行動すると良い結果がついてくるでしょう。

転職の機会を待っていた人も、2020年はチャンスの年となります。良い条件や居心地の良い環境の職場が見つかる可能性が高いでしょう。ビジネスシーンでの対人運にも恵まれそうです。

2020年の天王星人プラスの月運

ここでは、2020年の天王星人プラスの月運について、それぞれご紹介します。

2020年の天王星人+の月運 運気の名称
1月 財成
2月 安定
3月 陰影(大殺界)
4月 停止(大殺界)
5月 減退(大殺界
6月 種子
7月 緑生
8月 立花
9月 健弱(小殺界)
10月 達成
11月 乱気(中殺界)
12月 再会

1月 財政

天王星人プラスの2020年1月の月運は財政で、「タイム・イズ・マネー」の精神を持って行動すると、仕事運や金運がさらにアップする月となっています。

夜更かしはせず、しっかり睡眠をとって早朝から気分と頭をすっきりさせましょう。早め早めに仕事に着手すると「もっとこうしたほうが良い」とアイデアが浮かび、内容が充実します。そうした仕事の姿勢が高評価につながるでしょう。

恋愛運も上昇し、自分の価値観を広めてくれる人に出会いそうです。金銭的余裕もありますので、週末は気分転換に遠出すると思いがけない出会いも期待できます。

2月 安定

天王星人プラスの2020年2月の月運は安定で、1月に引き続き、仕事運が好調でこれまでの積み重ねが成果となって現れるでしょう。

現状にあぐらをかくことなく、向上心を持ち続けて目標に邁進すると昇進の話も出てきそうです。

SNSで新たな人脈が発掘できる可能性もあります。気が合う人と楽しく会話ができるでしょうが、連絡の頻度や情報交換などには留意し距離感はしっかりと保ちましょう。

週末はアロマや入浴で心身をリラックスさせるなど、オン・オフの切り替えを心がけるとさらに運気アップします。

3月 陰影(大殺界)

2020年の3月からは天王星人プラスにとって大殺界の月運となり、些細なことがきっかけでトラブルに発展する恐れがあります。

友達や恋人に対して自己中心的な振る舞いをしがちになりますので、「これぐらいは許されるだろう」という傲慢な気持ちを持たないようにしましょう。

仕事でも集中力が欠けてうっかりミスをしそうです。人間関係も仕事も、いつも以上に気を引き締めて丁寧に向き合う姿勢が望まれます。財布の紐も緩くなりがちなので、しっかりと金銭管理をしましょう。

4月 停止(大殺界)

2020年4月は天王星人プラスにとって大殺界の真っ只中・停止ですので、物事がうまく進まずに不安やイライラが募りがちな月となりそうです。

理不尽だと思う出来事にも見舞われそうですが、なかなか共感してくれる人もおらずに辛い気持ちになるでしょう。しかし自分から縁を切るような真似はしないほうが無難です。

友人や恋人にも愚痴ってしまい気まずい空気となる恐れがあります。ひとりの時間を大切にして、心の緊張状態をほぐすようにしましょう。

5月 減退(大殺界)

天王星人プラスにとって2020年5月減退(大殺界)の運気で、まだまだ心に余裕がない月となりそうです。

予定外の仕事や出費、ドタキャンなどに見舞われて計画通りに物事がすすまない傾向にあります。対人運も低下し、身近な人にショックな言動をとられるかもしれません。しかし、あなた自身は心に余裕がないからといって八つ当たりをしないようにしてください。

何か買い物をするときは慎重になり、本当に必要なものかどうか、実際に得かどうかなど冷静に見極めましょう。

6月 種子

2020年6月は天王星人プラスの月運は種子で、3月から続いてきた低運気が好転し、物事を開始するのにぴったりの月となります。

結婚や転職、引っ越しや開業などのライフイベントが年内におさまるように計画を練りましょう。その際ひとりだけで突っ走らず、周りの意見にも耳を傾けてください。

思いつきで行動せず、着実に一歩一歩進むと良い結果がついてきます。

7月 緑生

2020年7月は天王星人プラスにとって緑生の月運で、仕事も恋愛も好調な月となります。

モチベーションがアップして仕事もさくさく進みそうですが、チェックを二重にするなどミスの防止に努めましょう。

恋人のいない人は出会いのチャンスが訪れる可能性を期待できます。出会いの場に積極的に参加してみると、意気投合する人が現れそうです。

一人旅もおすすめの月となっており、絶景スポットや観光名所に足を運ぶと予想以上に心が動かされて良い思い出になるでしょう。

8月 立花

2020年8月の天王星人プラスの月運は立花で、将来の方向性を決定づける出来事が起こる「ターニングポイントの月」となるでしょう。

この時期に得た財脈であれば、今後も財運に恵まれると期待できますし、出会った恋人とはこの先も安定した長いお付き合いが期待できます。

転職を考えている天王星人プラスは、条件も大事ですが「やりがい」が持てる仕事がどうかに重きをおきましょう。そうすると自分の才能がいかんなく発揮できる職場に就職できる可能性が高いです。

9月 健弱(小殺界)

天王星人プラスの2020年9月の月運は健弱(小殺界)で、身体の疲労がたまって調子を崩しがちになりそうです。

また、調子の悪い時に限って仕事が舞い込みそうで、無理をしてしまう可能性が高いです。しっかりと睡眠をとり、栄養のある食事を心がけてください。

対人関係運はまずまず好調でトラブルも起こりにくいでしょう。大勢でワイワイするよりも、気の置けない友人や恋人とアットホームな雰囲気の場所でゆったり過ごすと疲れも取れやすいです。

10月 達成

2020年10月の天王星人プラスは、すべての面で絶好調になる達成の運気となります。

仕事もプライベートも充実し、エネルギーに満ち溢れています。多忙な時期ですが、笑顔で乗り切れそうです。その姿勢が認められて、上司や部下からの信頼も厚くなると予想されます。フラットな気持ちで人と接することができ、対人運もばっちりです。

頭も冴え渡って冷静に物事を判断できる月ですので、将来の計画を具体的に練るのに適しています。「〇月に、~~する」と予定表に書き込んでいきましょう。
 

11月 乱気(中殺界)

天王星人プラスにとって2020年11月は、何事も中途半端になりがちな乱気(中殺界)の月運です。

周りからも「適当な人、無責任な人」とレッテルを貼られる可能性があります。自信喪失し、ますます仕事や対人関係が疎かになってしまいかねません。

そのため、あれこれ手を伸ばすのではなく、今目の前にあることを確実にこなしましょう。優柔不断になっていますので、判断に迷うときは周りの人の意見を聞く姿勢が望まれます。買い物や対人関係など、あらゆる面で衝動的な行動は控えるように意識することが大切です。

12月 再会

2020年の12月は天王星人プラスにとって、のびのびと自分らしく過ごせる再会の月運です。

先月の運気は好転し、自分磨きにも向いている時期となりますので、ファッションやコスメの幅を広げてみるとしっくりくるものと出会える可能性が高いです。

金運も好調で、臨時収入が期待できます。宝くじを購入するのも良いかもしれません。

クリスマスシーズンは友人や恋人とのんびり過ごし、来年からがっぽり稼げる財政の年運に向けてエネルギーチャージしましょう。

まとめ

天王星人プラスの2020年の運勢は「再会」で、新しい物事のスタート・リスタートにぴったりの年です。

行動半径を広げれば広げるほど得られる知識や経験も多くなり、ビジネスシーンや対人面でその知識と経験を生かすことができそうです。また、対人運もアップしていますので、後にあなたをサポートしてくれる人物との出会いも期待できます。

「袖振り合うも他生の縁」という心得で人との縁を大事にしていき、実りある一年にしてくださいね。

2020年に運命の相手を見極めたい方へ

2020年の天王星人プラスの運気は再生で好調です。

恋愛面ではモテ期が到来するので、自分の運命の人はどの人だろう?と悩む場面も訪れそうです。
そんなときは本格的な占い師の先生に相談してみましょう。

六星占術は周期的な運の変化を自らの生活に取り入れる学問。今のあなたにとって、より精度の高いアドバイスは、現役で、普段から多くの人を鑑定している先生にしてもらうのが一番賢い手段です。

メール占い~ちょっとした悩みごとのメール相談
電話占い~本気で何かを相談したいときに電話で相談

六星占術による天王星人の運命〈2020(令和2)年版〉

参考価格: 641円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon641円
楽天

天王星人プラスの性質や相性はこちら

天王星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】のイメージ
天王星人プラス(+)の特徴や相性、恋愛傾向や適職についても解説【六星占術】
天王星人プラスは現実主義で理想を追わず、手の届く幸せを大切にして生きようとします。性格は基本的にやさしくナチュラルに人助けができるという人徳があります。

12の運命周期についてはこちら

運命周期とは?六星占術における12の運気について解説しますのイメージ
運命周期とは?六星占術における12の運気について解説します
六星占術における12の運命周期について解説しています。種子から始まり、減退で終わる12の運気によって、周期は成り立ち、陰影、停止、減退の3つの期間が大殺界と呼ばれます。

六星占術の運命星ごとの2020年の運勢表

 
 

六星占術の2020年の運勢
運命星 2020年の運気
土星人プラス 種子
土星人マイナス 大殺界・減退
金星人プラス 立花
金星人マイナス 緑生
火星人プラス 達成
火星人マイナス 小殺界・健弱
水星人プラス 大殺界・停止
水星人マイナス 大殺界・陰影
木星人プラス 安定
木星人マイナス 財成
天王星人プラス 再会
天王星人マイナス 中殺界・乱気
 
 
 

六星占術のまとめページのイメージ
六星占術のまとめページ
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング