乙丑(きのとうし)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の乙丑の運勢

乙丑(きのとうし)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の乙丑の運勢

乙丑(きのとうし)の2020年の運勢ですが、東洋占術の四柱推命でみる新年の占いは節分のあとからです。乙丑の性格や特性を活かした準備をすることで、良い1年が過ごせるでしょう。四柱推命の乙丑を解説していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1乙丑(きのとうし)の特徴とは?
  2. 1.1乙丑の女性の性格
  3. 1.2乙丑の男性の性格
  4. 2乙丑の四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)
  5. 2.1乙丑を年柱にもつ人
  6. 2.2乙丑を月柱にもつ人
  7. 2.3乙丑を日柱にもつ人
  8. 2.4乙丑を時柱にもつ人
  9. 3乙丑と十二運星の組み合わせ
  10. 3.1胎×乙丑
  11. 3.2養×乙丑
  12. 3.3長生×乙丑
  13. 3.4沐浴×乙丑
  14. 3.5冠帯×乙丑
  15. 3.6建禄×乙丑
  16. 3.7帝旺×乙丑
  17. 3.8衰×乙丑
  18. 3.9病×乙丑
  19. 3.10死×乙丑
  20. 3.11墓×乙丑
  21. 3.12絶×乙丑
  22. 4乙丑の2020年の運勢は?
  23. 5乙丑の相性
  24. 5.1乙丑の良い相性
  25. 5.2乙丑の悪い相性
  26. 6まとめ

乙丑の2020年の運勢は?

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

それでは日柱に乙丑をもつ人の、2020年の運勢をみていきましょう。
四柱推命は東洋占術なので、年明けは2020年の場合2月3日の節分のあとです。
運勢もそこから変わり始めると思って読んでください。

2020年の干支は庚子となります。乙丑を日柱にもつ人にとっては病の年となります。

スタミナ面はやや心配があるものの、精神的な強さはほかの年よりも強いでしょう。表舞台に立つよりも、ブレーンとして活動すると良い時期です。金銭面では飛躍は期待できませんが、趣味などプライベートは充実していくでしょう。

また実際に行動へ移すための、準備にも適している時期です。近い将来よりも大きな目標に向かって、何をすればいいかを考えていきましょう。体調面では無理をするとダウンということもあるので、知的活動に力を入れると成果は上がります。けがや病気を近づけないために、体を使った新たな挑戦は控えた方が無難です。

乙丑は干支占いでは丑どし生まれとなります。

【干支】丑年生まれの特徴や性格について解説しますのイメージ
【干支】丑年生まれの特徴や性格について解説します
今回はマイペースで努力家といわれる丑年(うしどし)生まれの特徴や性格について解説します。干支の中でものんびりしたイメージの丑年ですが、逆境にもめげない強さと情熱を秘めているようです。恋愛傾向や仕事に対する姿勢、丑年の守護本尊までまとめました。
【干支占い】2020年の丑年の運勢 丑年生まれの基本性格に関しても解説のイメージ
【干支占い】2020年の丑年の運勢 丑年生まれの基本性格に関しても解説
干支が丑年生まれの人にとって2020年は、上半期の努力次第で、下半期の運気が左右されます。特に仕事面で大きな流れがくるので、チャンスをものにしたいところです。この記事では干支占いにおける丑年生まれの人の2020年の運勢、後半では基本性格について解説します。

乙丑の相性

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

最後に、日柱に乙丑をもつ人の相性を見ていくことにしましょう。
良い相性だから惹かれ合うばかりではなく、悪い方が引き合い縁が生まれやすいケースも見られます。
腐れ縁などは典型で、気力を奪ってしまうので注意が必要です。
冷静に相手を見ることができるよう、是非参考にしてくださいね。

乙丑の良い相性

乙丑と相性が良いのは、以下の干支を日柱にもつ人となります。

甲子、丙子、戊子、庚子、壬子です。
とくに庚子との相性は、安心感を与えてくれるでしょう。

庚申の人とは、人生を変えるような恋愛ができそうです。
ただ結婚している場合は、周りが見えなくなるので危険な相手となります。

甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢のイメージ
甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢
甲子(きのえね)は、生年月日に時間を加えた4本の柱で運勢がみられる四柱推命の最初の干支です。その基礎知識となる干支をまずは説明していきます。今回は甲子(きのえね)の性格と特徴、2020年の運勢にについて解説。奥深い四柱推命の入り口に立ってみましょう。
丙子(ひのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙子の運勢のイメージ
丙子(ひのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙子の運勢
丙子を日柱にもつ人の2020年運勢は、どうなるのでしょう。四柱推命により2020年の運勢とともに、男女別の性格、十二運星から受ける影響も含め解説していきます。自分だけでなく、友人、恋人に丙子をもつ人がいたら是非読んでおきましょう。きっと参考になるはずです。
戊子(つちのえね)の性格と特徴について解説!2020年の戊子の運勢のイメージ
戊子(つちのえね)の性格と特徴について解説!2020年の戊子の運勢
戊子(つちのえね)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に戊子生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。
庚子(かのえね)の性格と特徴について解説!2020年の庚子の運勢のイメージ
庚子(かのえね)の性格と特徴について解説!2020年の庚子の運勢
庚子(かのえね)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に庚子生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。
壬子(みずのえね)の性格と特徴について解説!2020年の壬子の運勢は?のイメージ
壬子(みずのえね)の性格と特徴について解説!2020年の壬子の運勢は?
壬子(みずのえね)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格に相性も加えて解説。また、運気にも絡む十二運にも触れていますから入り口としては十分なはずです。自分だけでなく、友人や恋人に壬子生まれの人がいれば個性が合うかどうかみてみましょう。

乙丑の悪い相性

乙丑と相性が悪いのは、日柱に以下の干支をもっている人たちとなります。

己未、辛未、戊戌です。
とくに辛未と戊戌は、気持ちがすれ違いトラブルを生みやすい関係となります。
急速に引き合う可能性が高いので、距離を取った方が良さそうです。

己未(つちのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の己未の運勢は?のイメージ
己未(つちのとひつじ)の性格と特徴について解説!2020年の己未の運勢は?
己未(つちのとひつじ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に己未生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。
辛未(かのとひつじ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の辛未の運勢のイメージ
辛未(かのとひつじ)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の辛未の運勢
辛未(かのとひつじ)の2020年の運勢と、相性、男女別の性格も含め、四柱推命で影響が出やすい日柱を中心に解説していきます。年運や世代の性格や運気に出やすい十二運も合わせて紹介しているので、四柱推命の学びにも使えるでしょう。とくに辛未生まれの人は注目です。
戊戌(つちのえいぬ)の性格と特徴について解説!2020年の戊戌の運勢のイメージ
戊戌(つちのえいぬ)の性格と特徴について解説!2020年の戊戌の運勢
戊戌(つちのえいぬ)を日柱にもつ人の2020年の運勢を、四柱推命で男女それぞれの性格や相性も加えて解説。また、特徴や運気にも絡む十二運にも目を向けてみました。自分だけでなく、友人や恋人に戊戌生まれの人がいれば、個性だけでなく、運気の流れをつかめるはずです。

まとめ

四柱推命で乙丑をもつ人の2020年の運勢や、性格、特徴、人生の流れを解説してきました。

どんな人にも個性があり、そこには長所と欠点が隠れています。
運がよく見える人は、自分の個性を知り、上手く活かしているからそう見えるのです。
行動に遅すぎることはありません。
自分を知り、そして活かす方法のヒントにできたとしたら、読んでくれた方と同時にこの記事も幸せ者になれるでしょう。

四柱推命おじさん

四柱推命おじさん

ここまで読んでいただきありがとうございました。
乙丑を日柱にもつ人がこの記事を読み、性格や特性を知り、2020年を良い年にできるよう願っています。

乙丑の前の干支はこちら

甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢のイメージ
甲子(きのえね)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の甲子の運勢
甲子(きのえね)は、生年月日に時間を加えた4本の柱で運勢がみられる四柱推命の最初の干支です。その基礎知識となる干支をまずは説明していきます。今回は甲子(きのえね)の性格と特徴、2020年の運勢にについて解説。奥深い四柱推命の入り口に立ってみましょう。

次の干支はこちら

丙寅(ひのえとら)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙寅の運勢のイメージ
丙寅(ひのえとら)の性格と特徴について解説!|60干支|2020年の丙寅の運勢
丙寅(ひのえとら)の2020年の運勢を四柱推命でみる場合、始まりは節分のあととなります。その2020年を良い年とするように、性格や能力など自分のことを知り、準備をして迎えるようにしましょう。とくに正確に反映するといわれる、日柱の丙寅を中心に解説していきます。

干支についてのまとめページはこちらをご覧ください。

四柱推命のイメージ
四柱推命
四柱推命は、東洋占術の代表格です。陰陽五行をもとに、運気から性格、才能を総合的に読み解くことができます。一見難しそうですが、意味を理解すればとても便利な占いだと言っていいでしょう。そんな四柱推命をうまく利用するために、まずは、基礎的な知識を覚えておきましょう。

その他、東洋占星術の命術記事はこちら

六星占術のイメージ
六星占術
六星占術とは細木数子さんが算命学などをもとに編み出した命術で、生年月日をもとに人を12の運気に分類します。さらに12の運命周期があり、空亡にあたる大殺界という周期をもつのが特徴です。また、大殺界の年に生まれた人を霊合星人として特殊な運命をもつ人としています。 2020年の六星占術の運勢についても書いてますので自分と気になるお相手の運気を調べてみましょう!
【2020年】五星三心占い | 恋愛の相性や仕事運を占おう!のイメージ
【2020年】五星三心占い | 恋愛の相性や仕事運を占おう!
五星三心占いとは、ゲッターズ飯田さんが考案した占星術です。 生年月日をもとにその人の命数を割り出し、「時計」「羅針盤」「インディアン」「イルカ」「カメレオン」「フェニックス」のいずれかの属性に分類します。 また、命数が奇数か偶数かによって金か銀のどちらかになり、「金のカメレオン」のような形でその人の運勢や、相性を占います。 セレスティアでは五星三心占いの2020年における運勢や、オリジナルの計算機も用意してますので、サイト内ですぐにあなたの星を割り出すことができます。
宿曜占いのイメージ
宿曜占い
宿曜は奈良時代に空海が中国の唐から持ち帰った最も歴史のある占星術です。宿曜占いや宿曜占星術として日本に伝えられ、多くの命術のベースとなています。 宿曜占いの特徴は、生年月日によって人を27宿(または28宿)に分類し、性格や運命を占うという点です。自分の宿曜が何宿であるかを知ることで、本来の自分の性質や、今後の運勢を占うことができます。

関連記事

アクセスランキング