>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

「てんやわんや」とはどんな意味?使い方や語源、例文を紹介!

「てんやわんや」とはどんな意味?使い方や語源、例文を紹介!

最近では、あまり聞かれなくなった「てんやわんや」という言葉をご存じですか。昭和の時代に広まったとされる「てんやわんや」。この「てんやわんや」がどのように広まっていたのか、語源や意味と共に解説します。合わせて「てんやわんや」の使い方や例文も紹介します。

「てんやわんや」の意味とは?

てんやわんやの意味

「てんやわんや」とは、たくさんの人達が自分の思うがままに行動して、その場がまとまらず混乱してしまっているという意味です。また、大勢の人が各々、自由に話をしたり騒いだりして賑やかな状態になっていることも「てんやわんや」といいます。




 

「てんてこまい」との違い

「てんてこまい」との違い

「てんやわんや」と同じように、慌ただしく人が動いている様子を表わす言葉として「てんてこまい」があります。この「てんてこまい」は、ひと息つく間もなく目が回るような忙しい状況という意味です。

  • てんやわんや:大勢の人が各々自由に話を言動する
  • てんてこまい:何かするべきことがあって忙しく動き回る

このように意味が異なりますので、使い方も違ってくるのです。

「てんやわんや」の語源

てんやわんやの語源

それでは、「てんやわんや」の語源についてみていくことにしましょう。

  • 語源①:複数の人が自分勝手に何かをするという意味の「てんでん」と無茶苦茶やでたらめという意味の「わや」が一緒になった
  • 語源②:関西の方達が「わいや、わいや(自分が、自分が)」と主張して賑やかになっている状況を表わしたもの
  • 語源③:「自分で」や「各々」という意味の「てんや」と「ワイワイと盛り上がっている状況」を表わしている「わんや」が一緒になった

この様に「てんやわんや」の語源は諸説あります。どの説も各々が自由に賑やかに振る舞っているというところが印象的ですよね。

 

「てんやわんや」が使われるようになったきっかけ

てんやわんやが使われるようになったきっかけ

「てんやわんや」という言葉が知られ、使われるようになったのは、小説家で演出家の獅子文六が昭和23年に新聞小説「てんやわんや」を発表したことに始まります。

昭和24年まで続いた獅子文六の新聞小説「てんやわんや」は、翌年映画化され、世に広く伝わり使われるようになりました。

「てんやわんや」の使い方と例文紹介

「てんやわんや」の使い方と例文紹介

「てんやわんや」という使い方がされるのは、大勢の人が自分の思うままに言動する状況や、思いも寄らないことが起きた際に多くの人がわたわたして収拾が付かなくなってしまう状態のときになります。

  • 例文①:会社の慰安旅行で、皆飲み過ぎててんやわんやになってしまった
  • 例文②:子供の通っている保育園が合併することになり、寝耳に水状態の保護者達が説明会会場がてんやわんやになっている

てんやわんやになった時の対処法

てんやわんやの対処法

もし、自分がてんやわんやな状態になってしまったり、その状況に巻き込まれてしまったりしたら、どのように対処したら良いのでしょうか。そこで、てんやわんやになってしまったときの対処法を紹介します。

 

客観的に物事を見る

対処法の1つ目は客観的に物事を見ることです。主観だけではどうしても視野が狭くなり、見える物も見えなくなってしまいます。そこで、視野を広げ、今見えている状況を上や横など別の角度から観察するようにすることで、今とは違う状況を確認できるようになります。
 

気持ちを落ち着かせる

対処法の2つ目は、気持ちを落ち着かせることです。いつまでも、てんやわんやな気持ちのままでは、物事を落ち着いて見ることが出来ません。何事も落ち着いてみることで、冷静な判断が出来るようになるのです。

 

その状況から離れ観察する

対処法の3つ目は、その状況から離れ観察することです。てんやわんやの中にいると分からなかったことも、その状況から離れ観察することで分かるようになり、様々な事を対処しやすくなるはずです。

冷静な人と一緒にいる

対処法の4つ目は、冷静な人と一緒にいることです。冷静な人は、落ち着いて物事を判断することが出来るので、状況に合った対応策を考えることができて、とても頼りになります。また、冷静な人のそばにいることで、自分の気持ちも落ち着くことができるようになります。


 

身の安全を図る

対処法の5つ目は、身の安全を図ることです。てんやわんやな状況は、多くの人が理性を失い好き勝手なことをしている場合が多々あります。そのような状況下では、突発的な事故も起こりえます。そこで、てんやわんやな状況になったら、まず第一に身の安全を図るようにすることが大切です。

 

てんやわんやになったらまず一呼吸置くことが大事

てんやわんやになったらまず一呼吸置くことが大事

てんやわんやになると、周りが見えなくなって冷静な判断ができなくなってしまうものです。そのようなときは、まずひと呼吸置いて気持ちを落ち着けるようにすることが大切です。また、てんやわんやになったときの対処法をぜひ参考にしてみてください。冷静になることで、てんやわんやの状況を客観視できて迅速な対処が可能になるでしょう。
 

スケ番

スケ番

「てんやわんや」という言葉を広めるきっかけになった小説を読んでみよう!

510gtogz9cl

てんやわんや (ちくま文庫)

  • てんやわんやは、大勢の人が自分勝手に話をしたり行動したりするという意味
  • 使い方①多くの人が自由に振る舞い収拾が付かなくなっているとき
  • 使い方②思いも寄らない出来事が起きたために複数の人達がわたわたとうろたえている状況のとき
  • てんやわんやの状況のときの対処法を知ろう!

セレスティアの無料タロット占い

記事を評価する

記事を評価しよう

関連記事

アクセスランキング