>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

語尾の「じゃん」は方言?地域別の意味と使い方をご紹介!

語尾の「じゃん」は方言?地域別の意味と使い方をご紹介!

「頑張っているじゃん」などのように一般的に語尾につける形で使われる「じゃん」という言葉は、実は愛知県三河地方が起源とされる方言です。また方言によっては標準語と異なった使われ方もします。今回は「じゃん」の起源や地域別の意味・使い方を見ていきます。

「じゃん」は方言?

おしゃべりし合う若い女子2人

「じゃん」は若者言葉だが実は方言

「じゃん」は若者言葉の中でも語尾につくものの1つです。「今日も頑張っているじゃん。」とか「やるじゃんか」などの使われ方をし、今この記事を読んでいる読者の中にも使った記憶があるのではないでしょうか?

「じゃん」は多くの方に知られているものの実は方言とも言われています。もし「じゃん」が方言であるとすれば、どの地域の方言なのでしょうか。

「じゃん」の意味とは?

開いている英和辞典

「じゃん」の意味とは?

最初に「じゃん」の意味について見ておきます。「じゃん」は「~じゃないか」や「~だよね」など、相手に何かを確認するときに親しげに使われる言葉です。現代では東京をはじめ全国的に広く使われています。加えて使う年齢層も比較的若い方が多いですが、中高年層でも多くの方が使う言葉です。

ほかにも疑問で使う「じゃんか」や、念押しのように使われる「じゃんね」といった形もあります。

「じゃん」の語源

遠くまで見渡せるみなとみらいの風景

「じゃん」は横浜の方言とよく言われるが

「じゃん」や「じゃんか」はよく神奈川県横浜地方の方言と言われていますが、実は横浜で「じゃん」が盛んに使われるようになったのは、昭和(1926年以降)に入ってからのことです。このため「じゃん」の語源は神奈川県ではありません。

「じゃん」や「じゃんか」の起源として、もともと愛知県三河地方で「そんなことあるのか=そうなのか」を意味する「そうじゃ、あんか」が転化したといわれています。他にも起源にまつわる説はありますが、「じゃん」や「じゃんか」が戦国大名で天下統一を果たした徳川家康が東に移動する中で広まっていった説が有力です。

「じゃん」は地域によって使い方が違う?

畑の中を歩く子供たち

「じゃん」と使う方言にどのようなものがあるのか?

「じゃん」は現在、標準語で使われるほか、方言としては全国のいくつかの地域で用いられる言葉です。ここでは方言としての「じゃん」の使い方を地域ごとに見ていきます。

愛知の「じゃん」

夜景モードになっている名古屋駅

愛知県では「じゃん」をどう使うのか?

「じゃん」の起源とされている愛知県三河地方(岡崎市など)の場合は、「~なんだけどね」の意味で使われます。これだけであれば東京などのケースとあまり変わりはないように見えますが、三河地方の場合は過去の話をする際に使われるのが一般的です。

なお同じ愛知県でも名古屋を中心とする尾張地方では全く別の使われ方をします。名古屋周辺では理由を説明する際に使うやり方です。例えば「雨降ったじゃんね(雨降ったからね)」といった使い方をします。

静岡の「じゃん」

晴れ渡っている富士山

静岡での「じゃん」とは?

次に愛知県の東隣にある静岡県の場合も見てみます。静岡県でも愛知県と同じように語尾につけて「じゃん」を多く使います。ただし意味は愛知のものとは少し異なり、どちらかといえば東京などと同じように確認で使う意味が強いです。

山梨の「じゃん」

山奥にある神社

山梨では「じゃん」はどう使うのか?

静岡県のシンボルである富士山を挟んで向こう側の山梨県でも「じゃん」は定番とされます。山梨県でも静岡県や東京などと同じように「~でしょう?」といった確認や勧誘を指すケースが多いです。

島根の「じゃん」

出雲大社にある大きなしめ縄

出雲大社がある島根県で「じゃん」は特殊な使われ方をする

「じゃん」がよく聞かれる静岡県や愛知県などから遠く離れた山陰地方の島根県でも「じゃん」が方言としてあります。しかし、意味の面で標準語とも愛知県などの方言とも全く異なっている点で特殊です。島根県の方言で「じゃん」は「たくさん」を意味し、副詞として使われるため語尾につくこともありません。

おまけ:関西の場合

堂々とそびえたつ大阪城天守閣

関西では「じゃん」は使われないが…

「じゃん」は方言の面で知名度の高い関西地方では使われません。そのかわり関西地方の場合は、「じゃん」と同じような意味で「やん」が使われます。例えば「ぎょうさんタコ焼きできたやん(たくさんタコ焼きができたじゃないか)」といった使い方です。

「じゃん」の使い方の例

楽しくしゃべる近所の2人

「じゃん」は地域によってどう使うのか?

「じゃん」は具体的にどのような使い方をするのでしょうか?最後にここでは「じゃん」の使い方を標準語と方言の場合で見ていきます。

まず標準語の「じゃん」から見ていきますと、「彼ってハンサムじゃん。」とか「お前、なかなか強いじゃんか。」といった使い方です。

次に「じゃん」の起源とされる愛知県三河地方の場合は、「この前名古屋にライブ観に行ったじゃんね(この前名古屋にライブ観に行ったんだよ)。」といった使い方をします。一方名古屋周辺の場合は「服が泥被ったじゃんね、新しく買いに行ったんだがね(服が泥をかぶったから、新しく買いに行ったんだよ)。」というものです。

さらに静岡県や山梨県の場合は、「昨日コピー渡したじゃんか(昨日コピー渡したよね)。」というように使います。

このように地域によって若干の違いがあり、「じゃん」の使われ方はさまざまです。

語尾の「じゃん」の意味や使い方のまとめ

  • 「じゃん」は本来、「~じゃないか」を親しく使う形である。
  • 「じゃん」の語源は愛知県三河地方の方言とされている。
  • 方言としての「じゃん」は愛知県や静岡県、山梨県で使われている。島根県でも特殊な使い方がある。

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 3.0 / 5(合計1人評価)

関連記事