日本の夏といえばアレだよね!夏の風物詩51選【イベント/行事/言葉/食べ物/曲】

日本の夏といえばアレだよね!夏の風物詩51選【イベント/行事/言葉/食べ物/曲】

日本の夏といえばアレだよね!と思う物はありませんか?夏の訪れと終わりを感じる夏の風物詩には、イベントや行事、言葉、食べ物、曲など数多くあります。今回は「夏といえば」で思い浮かぶ、季節を感じるものをそれぞれジャンル別に51選してご紹介しています。

コンテンツ [表示]

  1. 1夏の風物詩は?夏で連想できるものを紹介!
  2. 2「夏といえば」で連想できる言葉
  3. 2.1朝顔
  4. 2.2鵜飼い
  5. 2.3打ち水
  6. 2.4うちわ
  7. 2.5蚊取り線香
  8. 2.6カブトムシ
  9. 2.7蚊帳
  10. 2.8扇風機
  11. 2.9逃げ水
  12. 2.10入道雲
  13. 2.11ひまわり
  14. 2.12風鈴
  15. 2.13
  16. 3「夏といえば」で連想できる食べ物
  17. 3.1スイカ
  18. 3.2枝豆
  19. 3.3かき氷
  20. 3.4そうめん
  21. 3.5トウモロコシ
  22. 3.6ところてん
  23. 3.7冷やし中華
  24. 3.8麦茶
  25. 3.9ラムネ
  26. 3.10メロン
  27. 3.11夏野菜
  28. 3.12ビール
  29. 3.13水ようかん
  30. 4「夏といえば」で連想できる行事
  31. 4.1衣替え
  32. 4.2七夕
  33. 4.3お中元
  34. 4.4お盆
  35. 4.5土用の丑の日
  36. 4.6父の日
  37. 4.7原爆の日
  38. 4.8夏休み
  39. 4.9盆踊り
  40. 4.10ラジオ体操
  41. 5「夏といえば」で連想できるイベント
  42. 5.1野球のオールスター
  43. 5.2甲子園大会
  44. 5.3コミケ
  45. 5.4花火大会
  46. 5.5ビアガーデン
  47. 5.6屋形船
  48. 5.7燈花会
  49. 5.8夏祭り
  50. 5.9海水浴
  51. 5.10大文字焼き
  52. 6「夏といえば」で連想できる曲
  53. 6.1打ち上げ花火
  54. 6.2海の声
  55. 6.3花火
  56. 6.4夏色
  57. 6.5あー夏休み

夏の風物詩は?夏で連想できるものを紹介!

暑い夏の線路
フリー写真素材ぱくたそ

夏の風物詩は?夏で連想できるものを紹介!

夏といえば、そして夏の風物詩といえば、何があるのでしょう?連想できるものは「食べ物」「言葉」「行事」「イベント」「曲」などたくさんあります。
以下に、夏の風物詩をジャンル別に51個ご紹介します。

初夏とはいつからなのか?時期やその意味と立夏との違いを解説! | セレスティア358
春が終わりに近づく頃「初夏の陽気」という言葉をテレビなどで頻繁に耳にします。馴染みある言葉ですが、初夏が始まる時期は正確にはいつなのでしょうか?また、立夏とはどのように違うのでしょうか?今回は、初夏の意味を詳しく解説していきます。

「夏といえば」で連想できる言葉

夏空と雲と建設中のビルとクレーン
フリー写真素材ぱくたそ

「夏といえば」で連想できる言葉

夏といえば、連想できる言葉は多くあります。
この章では、夏といえばで連想できる言葉13選をご紹介します。

朝顔

花開いた朝顔
フリー写真素材ぱくたそ

朝顔

夏といえば、夏休み中の課題としても出される「朝顔」を思い浮かべます。朝顔は早朝にしか咲かない花なので、初夏を感じる素敵な花ですね。
今は小学生の観察日記に使われることも少ないですが、江戸時代には朝顔のブームがあり、多くの品種改良がおこなわれました。

鵜飼い

中州ではねを休める鵜の集団
Photo byhansbenn

鵜飼い

夏といえば、鵜飼いも連想できます。毎年初夏にあたる頃から鵜飼は始まりますが、長良川の鵜飼いは有名です。
伝統の漁法が今も使われており、すでに古事記や日本書紀には鵜飼いの記述があります。

打ち水

銀座のイベントで一列に並んで打ち水を行っている様子 

打ち水

夏といえば打ち水もまた、夏を表す言葉の一つです。庭や道路など、日が昇る前に打ち水をすると、周囲の気温が上がらず涼しくなるということで、昔から行われていた伝統的な行事の一つです。
ちなみに、水を使う理由は「その場所を清める」という意味があります。

うちわ

うちわで涼む女性
フリー写真素材ぱくたそ

うちわ

夏といえば、うちわも使われることが多くなります。手元にあるだけで、手軽に涼めるので便利ですね。最近では絵柄も沢山あり、日本人だけでなく海外の人にも人気が高いです。
花火大会に持っていけば、少しオシャレな感じになりますね。

蚊取り線香

蚊取り線香を使う男性
フリー写真素材ぱくたそ

蚊取り線香

夏といえば、蚊取り線香がいる時期になりますね。蚊取り線香を炊くと、独特の香りと煙が立ちますが、酸素不足で蚊を撃退するというのはユニークな方法です。
ちなみに、蚊取り線香が誕生したのは1980年からで、割と歴史は浅いです。

カブトムシ

木の枝にとまっているカブトムシ

カブトムシ

夏といえば、カブトムシを捕まえるのは男の子の夢でもあります。名前の由来は、虫の先端が兜に似ていたことからです。今では滅多に採れないこともあり、高価で取引されることもあります。

蚊帳

古民家で家族が川の字になって眠れる大きさの蚊帳を貼っている画像

蚊帳

夏といえば、忘れてはならないのが蚊帳です。蚊取り線香と違い煙が気にならず、また蚊をシャットアウトできるので、日本でも昔から使われていました。
ただ、日本古来の物ではなく、中国から伝わったというのは意外に知られていません。マラリア蚊などがいる地域で蚊帳は人気です。

扇風機

床に置かれた扇風機
フリー写真素材ぱくたそ

扇風機

夏といえば、扇風機もあります。今でこそエアコンがありますが、昔は初夏から晩夏にかけて活躍してくれる扇風機は貴重な家電でした。
柔らかい風が心地よい扇風機は、夏には必須の家電ですね。

逃げ水

真夏の昼間に見える道路の逃げ水の画像

逃げ水

夏といえば、逃げ水が起こる季節でもあります。初夏よりは夏真っ盛りの時期に起こる現象で、一種の蜃気楼のことです。
車などに乗っていると、何時まで経ってもたどり着けない逃げ水は、夏にしか見られない不思議な現象です。

入道雲

夏の入道雲
フリー写真素材ぱくたそ

入道雲

夏といえば、入道雲が空に広がる季節です。冬にはおよそ見られないモクモクと出る入道雲は、夏の到来を感じます。
ちなみに、名前の由来は「坊主頭の妖怪」から来ています。

ひまわり

大輪のひまわり
Photo byulleo

ひまわり

夏といえば、ひまわりも有名ですね。ひまわりは漢字で書くと「向日葵」と書きますが、常に太陽の照る方向に咲くことから名前がついています。
ちなみに、花言葉は「あなただけを見つめています。」です。

風鈴

陶器製の風鈴
フリー写真素材ぱくたそ

風鈴

夏といえば、風鈴の音が響き渡る季節です。風鈴がガラス製になったのは江戸時代からと言われていますが、大正になると鉄製の風鈴も姿を見せます。
音で涼むというのが何とも日本人らしい感じですね。

木にとまる蝉
フリー写真素材ぱくたそ

夏といえば、蝉の大合唱が始まる季節ですね。初夏よりも晩夏に多く発生し、鳴き声を聞くだけでも夏の暑さを感じます。「アブラゼミ」や「ミンミンゼミ」など蝉の種類によって鳴き声が違いますので、聞き分けをしてみると楽しく過ごせますね。

[京都きもの町] 都うちわ 格子朝顔

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
line-friend-pc
kiseki-pc

関連記事

angelnumber

アクセスランキング