夏といえば!ランキング・夏の風物詩51選【イベント/行事/言葉/食べ物/曲】

夏といえば!ランキング・夏の風物詩51選【イベント/行事/言葉/食べ物/曲】

日本の夏といえば!と思う物はありませんか?夏の訪れと終わりを感じる夏の風物詩には、イベントや行事、言葉、食べ物、曲など数多くあります。今回は「夏といえば」で思い浮かぶ、季節を感じるものをそれぞれジャンル別に51選にしてご紹介しています。

コンテンツ [表示]

  1. 1夏といえば?ランキング!夏、初夏、夏休みで連想できるものを紹介!
  2. 2「夏といえば」で連想できる言葉13選
  3. 2.1夏といえば朝顔
  4. 2.2夏といえば鵜飼い
  5. 2.3夏といえば打ち水
  6. 2.4夏といえばうちわ
  7. 2.5夏といえば蚊取り線香
  8. 2.6夏といえばカブトムシ
  9. 2.7夏といえば蚊帳
  10. 2.8夏といえば扇風機
  11. 2.9夏といえば逃げ水
  12. 2.10夏といえば入道雲
  13. 2.11夏といえばひまわり
  14. 2.12夏といえば風鈴
  15. 2.13夏といえば蝉
  16. 3「夏といえば」で連想できる食べ物13選
  17. 3.1夏といえばスイカ
  18. 3.2夏といえば枝豆
  19. 3.3夏といえばかき氷
  20. 3.4夏といえばそうめん
  21. 3.5夏といえばトウモロコシ
  22. 3.6夏といえばところてん
  23. 3.7夏といえば冷やし中華
  24. 3.8夏といえば麦茶
  25. 3.9夏といえばラムネ
  26. 3.10夏といえばメロン
  27. 3.11夏といえば夏野菜
  28. 3.12夏といえばビール
  29. 3.13夏といえば水ようかん
  30. 4「夏といえば」で連想できる行事10選
  31. 4.1夏といえば衣替え
  32. 4.2夏といえば七夕
  33. 4.3夏といえばお中元
  34. 4.4夏といえばお盆
  35. 4.5夏といえば土用の丑の日
  36. 4.6夏といえば父の日
  37. 4.7夏といえば原爆の日
  38. 4.8夏といえば夏休み
  39. 4.9夏といえば盆踊り
  40. 4.10夏といえばラジオ体操
  41. 5「夏といえば」で連想できるイベント10選
  42. 5.1夏といえば野球のオールスター
  43. 5.2夏といえば甲子園大会
  44. 5.3夏といえばコミケ
  45. 5.4夏といえば花火大会
  46. 5.5夏といえばビアガーデン
  47. 5.6夏といえば屋形船
  48. 5.7夏といえば燈花会
  49. 5.8夏といえば夏祭り
  50. 5.9夏といえば海水浴
  51. 5.10夏といえば大文字焼き
  52. 6「夏といえば」で連想できる曲5選
  53. 6.1夏といえばDAOKO×米津玄師の「打ち上げ花火」
  54. 6.2夏といえば桐谷健太の「海の声」
  55. 6.3夏といえばaikoの「花火」
  56. 6.4夏といえばゆずの「夏色」
  57. 6.5夏といえばTUBEの「あー夏休み」

夏といえば?ランキング!夏、初夏、夏休みで連想できるものを紹介!

「夏の風物詩ランキング!夏を感じるものといえば?」についてアンケートの結果、代表的なものをご紹介。

1位は「花火」、2位は「かき氷」、3位は「風鈴」、4位は「スイカ」、5位は「プール」
夏の風物詩トップ5は夏らしい音、味という印象です。

1位 花火
2位 かき氷
3位 風鈴
4位 スイカ
5位 プール
6位 ラムネ
7位 そうめん
8位 夏祭り
9位 海
10位 ヒマワリ

がTOP10になります。

参考 2022年7月みんなのランキング
ンケート結果:2005年7月13日~7月19日

2005年7月13日~7月19日2005年7月13日~7月19日

夏といえば、そして夏の風物詩といえば、何があるのでしょう?
連想できるものは「食べ物」「言葉」「行事」「イベント」「曲」などたくさんあります。
夏休みといえばよくある光景をはじめ、初夏の情景、夏の風物詩をジャンル別に51個ご紹介します。

「夏といえば」で連想できる言葉13選

夏といえば、連想できる言葉は多くあります。
この章では、夏といえば連想できる言葉など13選をご紹介します。

夏といえば朝顔

夏休みといえば課題としても出される「朝顔」を思い浮かべます。
朝顔は早朝にしか咲かない花なので、初夏を感じる素敵な花ですね。
今は小学生の観察日記に使われることも少ないですが、江戸時代には朝顔のブームがあり、多くの品種改良がおこなわれました。

夏といえば鵜飼い

夏といえば、鵜飼いも連想できます。
毎年初夏にあたる頃から鵜飼は始まりますが、長良川の鵜飼いは有名です。
伝統の漁法が今も使われており、すでに古事記や日本書紀には鵜飼いの記述があります。

夏といえば打ち水

夏といえば打ち水もまた、夏を表す言葉の一つです。庭や道路など、日が昇る前に打ち水をすると、周囲の気温が上がらず涼しくなるということで、昔から行われていた伝統的な行事の一つです。
ちなみに、水を使う理由は「その場所を清める」という意味があります。

夏といえばうちわ

夏といえば、うちわも使われることが多くなります。
初夏から汗をかくことも増えるので、手元にあるだけで、手軽に涼めるので便利ですね。
最近では絵柄も沢山あり、日本人だけでなく海外の人にも人気が高いです。
花火大会に持っていけば、少しオシャレな感じになりますね。

夏といえば蚊取り線香

夏といえば、蚊取り線香がいる時期になりますね。
初夏になると出てきます。
​​​​​​​蚊取り線香を炊くと、独特の香りと煙が立ちますが、酸素不足で蚊を撃退するというのはユニークな方法です。
ちなみに、蚊取り線香が誕生したのは1980年からで、割と歴史は浅いです。

夏といえばカブトムシ

木の枝にとまっているカブトムシ

夏になると、カブトムシを捕まえるのは男の子の夢でもあります。
夏休みといえば虫捕りをする子供たちもまだまだ多いです。
名前の由来は、虫の先端が兜に似ていたことからです。
今では滅多に採れないこともあり、高価で取引されることもあります。

次のページ

「夏といえば」で連想できる食べ物13選

関連記事

アクセスランキング