キスマークの消し方 | すぐに消せる方法や裏技/隠し方を紹介!

キスマークの消し方 | すぐに消せる方法や裏技/隠し方を紹介!

キスマークは1日~1週間ほどは消えないと言われています。しかし、すぐに消さなくてはならない場面に遭遇することもあるでしょう。本記事では、そんなときに役に立つキスマークの消し方や裏技、隠し方をご紹介します。キスマークの消し方を知ってピンチを乗り越えましょう。

コンテンツ [表示]

  1. 1キスマークをすぐに消したいときはどうすれば?
  2. 2キスマークができる仕組み
  3. 2.1キスマークの消し方で定番なのは冷やす・温める
  4. 3すぐ消せる|キスマークの消し方①オロナインを塗る
  5. 4すぐ消せる|キスマークの消し方②レモン果汁を塗る
  6. 5すぐ消せる|キスマークの消し方③マッサージをする
  7. 6消せない時|キスマークの隠し方
  8. 6.1メイクで隠す
  9. 6.2湿布を貼る
  10. 6.3服・髪型で隠す
  11. 7まとめ
メンヘラちゃん

メンヘラちゃん

その痣どうしたの?

輝ちゃん

輝ちゃん

え!? どうしてこんなところにキスマークが…。どうしよう浮気がバレちゃう!

女神さま

女神さま

そんな輝ちゃんに朗報よ! キスマークを簡単に消したり隠したりできる方法が存在するの。

キスマークをすぐに消したいときはどうすれば?

キスマークをすぐに消したいときはどうすれば?
Photo bySplitShire

キスマークは1日~1週間程度消えないと言われています。明日、人と会う予定があるのにも関わらずキス魔の恋人にキスマークを付けられてしまった場合、即効で消すためにはどうすればいいのでしょうか。

キスマークを他人の目から見えなくするには、大きく分けて2つの対処法があります。それは「消す」と「隠す」です。まず、「消す方法」を試してみましょう。しかし、どうしても消せなかったり、消す方法を実行する時間さえなかったら「隠す方法」で対処してください。

キスマークができる仕組み

キスマークができる仕組み
Photo byBarbaraALane

キスマークは医学的に「吸血性皮下出血」と呼ばれる「内出血」です。つまりキスマークは、腕や足を何かにぶつけたときにできる痣と同じで、身体の内側で起こる出血なのです。そこで、キスマークを消すためには、内出血した時と同じ処置をとればよいということになります。

キスマークの消し方で定番なのは冷やす・温める

内出血した時の対処法としては冷やすのが一般的です。保冷剤や氷などを使用して冷やしますが、直接当てるのではなく、薄でのタオルなどで包んで患部を冷やします。冷蔵庫で冷やしたスプーンを直接当てる方法も刺激が少なくピンポイントで冷やせるのでおすすめです。

しかし、場合によっては冷やしても効果がないこともあります。そんなときは温めてみましょう。先ほどの方法と真逆ですが、血行を良くすることで、内出血が早く改善される効果を期待するものです。

温める方法は、カイロや蒸しタオルなどを使い直接患部に当てて温めるだけのため、非常に簡単です。キスマークの場所によっては熱すぎると炎症(やけど)を起こしますので注意してください。

すぐ消せる|キスマークの消し方①オロナインを塗る

キスマークの消し方その1は「オロナイン軟膏を塗る」方法です。

キスマークの場所を問わず塗ることができ、サッと塗るだけで済むためオロナインはとてもおすすめです。

オロナインには内出血を改善する効果があるのでキスマークを早く消す効果があります。オロナイン以外にもアットノンにも同様の効果が期待できると言われています。

女神さま

女神さま

ちなみに、馬油(バーユ)も血行をよくする働きがあるから、キスマークを早く消すのに効果的よ。

すぐ消せる|キスマークの消し方②レモン果汁を塗る

すぐ消せる|キスマークの消し方②レモン果汁を塗る
Photo bypixel2013

キスマークの直し方その2は「レモン果汁を塗る」方法です。

レモンスライスを数分間貼りつけ、その上にラップを巻くというシンプルな方法です。ラップを使うことで、レモン果汁の浸透を促す効果が期待できます。レモン果汁に含まれるビタミンCには血管拡張作用があり、血行促進に即効があると言われています。

しかし、レモン果汁は強い酸性の液体のため、敏感肌の人は肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。あらかじめ、目立たない場所で試してみるようにしましょう。

すぐ消せる|キスマークの消し方③マッサージをする

すぐ消せる|キスマークの消し方③マッサージをする
フリー写真素材ぱくたそ

キスマークの消し方その3として「マッサージ」もおすすめです。

内出血は血行の良さと強い関わりがあります。そのため、日ごろからマッサージを行うことで、キスマークが残りにくい体質にもなります。特に、首周りの血行は全身の血液の巡りに影響するため、蒸しタオルで温めたり、温泉に入ったりなど体を温めるのも効果的です。


気持ち良い程度の力加減でマッサージをすると、血液の巡りが良くなり、早くキスマークを消すことができます。しかし、マッサージの力加減を間違えてしまうと、逆に痣になってしまうため、力加減には注意しましょう。

次のページ

消せない時|キスマークの隠し方

関連記事

line-friend-pc

アクセスランキング