>> セレスティアのスピリチュアル情報をお届け! <<

ほくろ除去クリームのおすすめを紹介!自分でほくろを消せる市販のクリームについて知ろう!

ほくろ除去クリームのおすすめを紹介!自分でほくろを消せる市販のクリームについて知ろう!

近年ネット上で「ほくろ除去クリーム」が注目を浴びています。これまで、ほくろを消すための方法は病院での施術が一般的でしたが、ハードルは高いものでした。自分でほくろを消す方法として、ほくろ除去クリームやカソーダの使用など現在注目されている方法をご紹介します。

ほくろは市販のほくろ除去クリームで消すことができる?

ほくろは市販のほくろ除去クリームで消すことができる?
Photo byEME

気になっているほくろを自分で除去できる、「ほくろ除去クリーム」という商品があることをご存知ですか?

顔だったり腕だったり人目につく場所に大きなほくろがあると、とかく女性は気になるものです。ほくろを取りたいと思ってもレーザー治療は高額になりやすく、痛みについても不安で勇気がいりますね。ところが、​​​​​ほくろを除去できるクリームを薬局や通販で手軽に買えると知ったら、ほくろ除去クリームのことをもっと知りたいと思う人も多いでしょう。

ここでは、気になるほくろを除去したいと考えている人のために、おすすめのほくろ除去クリームや除去クリーム以外でほくろを消す方法などをご紹介していきます。

そもそもほくろとは

そもそもほくろとは
Photo bykalhh

身体のあちらこちらにある黒く丸い点。ほくろは誰にでもあるものなので、たとえ顔にあったとしても本人以外はあまり気にならない場合が多いです。

そもそもほくろとは、どのようなものなのでしょうか?

実は、ほくろとはメラニン色素を含んでいる細胞が一カ所に集まってできた母斑のことです。ちなみに、メラニン色素はシミやそばかすの原因となることからお肌の大敵として見られますが、実のところ紫外線を防御しシワや皮膚がんから肌を守る働きがあるとされています。悪役だけではないようですね。

ほくろの種類

ほくろの種類は、大きく2つに分けられます。

  • 一般的に多いのが色素性母斑で、メラニン色素を生成しているメラノサイトが変化した細胞(母斑細胞)が増殖し、かたまりとなったものです。色素性母斑は、母斑細胞がメラニン色素を生成して何層にも重なるため、イボのように盛り上がるのが特徴です。
  • 単純黒子は母斑細胞が皮膚の表面近くで並んでいるもので、平面で黒色~濃い褐色に見えるほくろです。

また、色素性母斑は母斑細胞ができる場所によって、3つのタイプに分けられます。
  • 境界母斑…皮膚の表面に近い表皮と真皮の境界部分に存在する母斑細胞
  • 真皮内母斑…皮膚の深層部分に当たる真皮に存在する母斑細胞
  • 複合母斑…真皮内母斑と境界母斑が合わさったタイプ

おすすめのほくろ除去クリーム3選!

おすすめのほくろ除去クリーム3選!
Photo byMasterTux

ほくろ除去クリームは、痛みを伴わずに簡単にほくろをとることのできる商品として人気があります。
ネットで購入できるほくろを消す効果の高いクリームを、人気のあるものから順番に3点選んでご紹介しましょう。

ほくろ除去クリーム1:精油ジェル・モールクリア

精油ジェル・モールクリアは、ハーブ系のほくろ除去ジェルです。

精油ジェル・モールクリアは、皮膚組織に浸透しほくろの組織を溶かします。皮膚は、新陳代謝により新しく生まれ変わる機能を持っているので、ほくろが溶けた部分も新しい皮膚に生まれ変わり傷跡が綺麗に治ります。
1日1回、塗って3分後に水で洗い流しますが、ほくろの調子を見ながら塗れるので、肌の負担が少なく使いやすいという意見が多いです。

ほくろ除去クリーム2:ウバイ精油膏

ウバイ精油膏は、1日で終了できるクリームタイプのほくろ除去クリームです。

ウバイ精油膏をほくろからはみ出さないように塗り、5分置いてふき取ります。この動作を3回繰り返したら終了です。1週間~2週間後にほくろがかさぶたになったら自然に取れるのですが、完全に肌が回復するまでには早い人で1ヶ月、遅い人では1年かかるとされます。アロアジェルやプロポリス軟膏できちんとアフターケアをすれば、傷跡がわからないほどに回復できます。

ほくろ除去クリーム3:ワートモールバニッシュ(WMV)

ワートモールバニッシュ(WMV)は、天然ハーブエキスが配合されたほくろ除去クリームです。

ほくろより小さめに塗り20分後に水で洗い流すと、1~3週間後にほくろがかさぶたになり自然と取れます。レーザー経験者がワートモールバニッシュ(WMV)使用で満足したとの報告があるので、効果は高いようです。

マイルド君

マイルド君

メンズ用のほくろカバークリームもありますよ。

メンズコンシーラー フェイスマナー 20g  シミ・毛穴・ほくろ

参考価格: 1,200円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,200円

ほくろ除去クリーム以外でほくろを除去する方法は?

ほくろ除去クリームは手軽に取り扱える商品ですが、注意点がないわけではありません。ほくろ除去クリームの取り扱いに対する注意点は後述しますが、この項目ではほくろ除去クリーム以外のほくろ除去方法についてご紹介いたします。

手術で除去する

ほくろの除去には、手術でほくろを取り除く方法があります。

手術の主なやり方は、くりぬき法やメス切除縫合法、液体窒素での凍結方法などで、レーザーや高周波メス、電気メスを使って行われます。手術でほくろを取り除こうとすると、費用や痛みが気になりますね。しかし、ほくろには素人ではわかりにくい悪性の病気が隠れている場合がありますので、専門家に見てもらうことは大事なことです。

ちなみに、病院によってほくろに対する治療の仕方が違うようです。皮膚科はあくまでも治療としてほくろを扱いますが、形成外科や美容外科は見た目の改善に焦点を当てた治療を行います。

もぐさを使用する

もぐさを使用する

ほくろの除去方法には、もぐさを使用する方法があります。医療技術が発達する前の昔の人は、ほくろの除去にもぐさを使っていました。

もぐさとは、ヨモギの葉の裏にある繊毛を材料としている薬草です。血液循環が良くなることから、肩こりや自己免疫力を改善するために用いる人が多いですね。実は、その他にもほくろを消したい人に重宝です。ただし、もぐさが効果的に作用するのは、色の濃い平坦なほくろとされています。

もぐさは費用も安く薬局やネットで購入でき気軽に利用できる商品ですが、皮膚の上に火をつけたもぐさを直接置きますので、やけどには十分注意してください。

カソーダを使用する

ほくろを除去する方法には、重曹とひまし油を1:2で混ぜたカソーダの使用があります。

カソーダはアルカリ性で、皮膚の表面を溶かす作用があります。そのため、ほくろに塗るとほくろが徐々に溶けていき、その結果ほくろを取り除くことに。また、カソーダは皮膚の古い角質を取り除き、新しい皮膚を作る手助けをするピーリング効果があるとされます。これらの作用により、カソーダはほくろを取り除き新しい皮膚の再生に効果を発揮します。

自分でほくろを除去するときの注意点

自分でほくろを除去するときの注意点
Photo byNickyPe

自分でほくろを除去するときの注意点をご紹介しましょう。

  • 特筆すべきことは、ほくろにはたくさんの種類があり、皮膚がんと見分けがつきにくいほくろもある点です。ほくろと思っていたら、皮膚がんだったということもありえます。形がいびつであったりほくろが早く大きくなったりしている場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。
 
  • ほくろ除去クリームは、日本で認可された商品ではなく外国からの輸入商品ですので、自己責任の下使用しなければなりません。ほくろ除去クリームは、クリームに含まれる成分がほくろの細胞を焼き除去する仕組みですので、肌への刺激が強いです。人によっては合わずに肌荒れやほくろの後が残る可能性もあります。
 
  • もぐさやカソーダは皮膚を焼いたり溶かしたりしてほくろを除去するので、やけどやほくろの状態を悪化させる危険性があります。ほくろの様子を見ながら慎重に行ってください。

ほくろ除去とほくろ除去クリームとのまとめ

  • ほくろは大きくわけると、色素性母斑と単純黒子
  • ほくろの除去方法は、ほくろ除去クリーム・手術・もぐさ使用・カソーダ使用
  • 自分でほくろを除去するときの注意点は、ほくろに見えるものに皮膚がんが含まれていることも

セレスティアの無料タロット占い

友だち追加

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

関連記事

アクセスランキング